NINJA TOOLS
2016年08月24日 - 調教、ラップ、上り3Fからの高配当狙い
 INDEX    RSS    ADMIN

キーンランドカップの調教診断、人気馬のマイナス点

◆当会の基本

15年以上も穴党の某予想家が最も予想で重視している

ファクターが調教分析で調教以外にも同じく重視している

ラップ、上り3Fの分析を加えて人気馬のマイナス点を見つけ出して

高配当、万馬券を狙い撃ちします。



当会の買い方は コチラへ 基本ベースは コチラへ


◆札幌記念の調教診断

A、B、Cの順で評価しています。

シュウジ
函W 66.0 50.7 37.6 12.2 一杯

1000万クラスのアドマイヤゴッドとの併せ馬だったが
火曜日に当週の攻めをやったのでVTRがないので評価はしていません。

前走終了後は函館に在厩して当週を含めて5本時計を出しています。
中9週で5本なので攻めの量は多くないが
2週続けて併せ馬で負荷をかけて速い時計を出しているので
攻めの質は良いです。

函館スプリントは久しぶりの1200mだったが
折り合いを欠くことなく競馬をして首の上げ下げで2着だったが
スプリント能力の高さを証明しました。

状態が良さそうで名手モレイラが乗るのでチャンスはあるが
大きなマイナス点は函館スプリントからの1k増です。


近5年の3着内15頭中で函館スプリント後に
アイビスサマーダッシュ、UHB賞を使った馬も含めるが
函館スプリントから斤量が増加したのは7頭いて
キーンランドカップで着順を上げたのは2頭しかいないのです。

その2頭はローブティサージュとストークアンドレイだが
ローブティサージュは函館スプリントで15着から7着で
ストークアンドレイも15着から5着で着順を上げたが
函館スプリントで負け過ぎだだけで勝ち負けしていないのです。

シュウジと同じ3歳の去年のレンイングランドが1k増で
函館スプリントの3着から10着に負けていて
去年の函館スプリントで1着ティーハーフも1k増で出走して
3着に来たがハナ、ハナ、ハナ、クビ差の際どい3着なので
函館スプリントからの斤量増は厳しいのです。

モレイラが騎乗で状態が良さそうなので切り捨てることはできないが
函館スプリントからの斤量増はマイナスなので厚い印は打てません。

ソルヴェイグ 評価 BとCの中間
札芝 67.2 51.4 37.4 12.7 馬ナリ

馬ナリで4F、3Fの時計は問題ないが
終いの伸びがイマイチで12.7秒は遅いので
BとCの中間の評価にしました。

前走終了後は函館に在厩して函館で6本時計を出し
札幌に入厩して当週を含めて2本やり
合計で8本時計を出しています。
中9週で8本なので攻めの量は普通で
2週前に併せ馬をやり先週に負荷をかけて一杯でやっているが
当週が馬ナリで終いが垂れたので攻めの質はイマイチです。

ソルヴェイグのマイナス点もシュウジと同じ斤量増です。

函館スプリントは50kだったが2k増の52kになります。
近5年で函館スプリントステークスから2k増だったのは
去年のタガノアザガルしかいないが函館スプリントの13着から
さらに着順を下げて最下位の16着に負けています。

近10年まで広げて3歳の成績は【1.0.1.17】で
3着内の2頭はグランプリエンゼル、クーヴェルチュールだが
グランプリエンゼルは函館スプリントで51kから同斤量の51kで
クーヴェルチュールの前走はアイビスサマーダッシュだったが
51kから51kで同斤量だったのです。

シュウジもそうだが3歳の斤量増は近10年まで広げても
1頭も来ていないのでソルヴェイグに厚い印は打てません。

レッツゴードンキ 評価 A
札芝 67.4 51.0 36.2 11.8 馬ナリ

馬ナリだったが力強い脚さばきで手綱を抑えて
終いが11.8秒なのでA評価にしました。

前走終了後は札幌に入厩して当週を含めて6本時計を出しています。
中9週で6本なので攻めの量は少し不足しています。
ただ、当週は馬ナリだったが2週続けて負荷をかけて
速い時計を出しているので攻めの質は良いです。

函館スプリントはイイ感じで追い出した所で
シュウジに前をカットされ進路を内に変える不利がなければ
もう少し際どい結果になっていたでしょう。

1200mの勝ち鞍はないが適性はありそうなので
チャンスはあるがシュウジ、ソルヴェイグと同様で1k増と
55kが大きなマイナスです。

函館開催を含む近5年の3着内の15頭中で牝馬が7頭いるが
7頭すべて54kの斤量で55kは1頭もいないのです。

近年だとローブティサージュ、フォーエバーマークが55kで
7着、6着に負けているので牝馬の55kは厳しいのです。


状態は良さそうだが1k増と牝馬の55kがマイナスなので
レッツゴードンキに全幅の信頼を置くことはできません。

◆札幌記念の危険馬

右のバナークリックから飛んでご覧下さい 

道中の行きっぷりがイマイチで助手が手綱を押さないと
前に行かず終いの反応も悪かったのでC評価にしました。

前走終了後は函館に在厩しているが7月末までコースに入れず
7月31日にコースに入り当週を含めて7本時計を出しています。
中9週で7本なので攻めの量は多くなく
負荷をかけ一杯でやったのが先週の1本しかなく
当週も時計が遅い馬ナリだったので攻めの質もイマイチです。

前走は仕掛けが遅れてしまい自分の競馬ができなかったのに
大きく負けなかったので巻き返しがありそうだが
今回は斤量が2kも増えてしまうのは大きなマイナスで
前走からの変わり身がなさそうなので厚い印は絶対に打てません。

スポンサーサイト