NINJA TOOLS
2016年09月07日 - 調教、ラップ、上り3Fからの高配当狙い
FC2ブログ
 INDEX    RSS    ADMIN

京成杯オータムハンデの調教診断、人気馬のマイナス点

◆当会の基本

15年以上も穴党の某予想家が最も予想で重視している

ファクターが調教分析で調教以外にも同じく重視している

ラップ、上り3Fの分析を加えて人気馬のマイナス点を見つけ出して

高配当、万馬券を狙い撃ちします。



当会の買い方は コチラへ 基本ベースは コチラへ


◆京成杯オータムハンデの調教診断

A、B、Cの順で評価しています。

★ダノンプラチナ 58k 評価 B
南W 68.3 53.0 39.2 12.7 馬ナリ

OP馬プロディガルサンとの併せ馬でした。
手応えはプロディガルサンの方が上回っていたが
終いが13秒を割る12.7秒が出たのでB評価にしました。

前走終了後はマイラーズカップ、京王杯SCを叩いてから
安田記念に出走する為に放牧に出されて5月上旬に帰厩したが
爪を痛めて攻め馬ができず春を全休することになり
再度の放牧に出され8月5日に美浦に帰厩しました。

帰厩後もまだ爪に不安があるのか坂路に1回も入らず
8月17日に初時計を出し当週を含めて6本時計を出しています。
攻めの量は多くなく今まで坂路、コース併用でやっていたのに
今回はコースだけなので攻めの質もイマイチです。

新潟を含む近5年で4歳の3着内率は3歳、7歳に次ぐ3番目で
悪い成績でなく近5年続けて57k以上のハンデ馬が来ているので
チャンスはあるが4歳の58kは大きなマイナスです。


近10年まで広げても4歳の58kの出走はなく57kは2頭いて
レオアクティブが5人気で8着、サンカルロが3人気で5着なので
4歳の57k以上は相当キツイのです。

それに初めて58kを背負うのもマイナスです。
近5年で58kのクラレントが1着、ダノンシャークが2着に来ているが
2頭とも58kを背負ってG1レースの経験があり
ダノンシャークは58kの安田記念で3着の実績があるのです。

ダノンプラチナは57kで3着内が1回もなく
56kで3着が1回あるだけなので斤量に敏感で
初めての58kは大きなマイナスなのです。

マイルG1馬なので切り捨てることはできないが
状態がイマイチで4歳の58kは大きなマイナスなので
厚い印は絶対に打てません。

★ダノンリバティ 56k 評価 A
坂路 51.2 37.2 24.5 12.4 一杯

500万クラスのダノンスパークとの併せ馬でした。
終いが最速のラップが出なかったが3F、2F、1Fの時計は
前走の当週と全く同じで4Fが0.2秒遅いだけなので
A評価にしました。

前走終了後は5日後の8月19日から乗り込みを開始していて
当週を含めて3本時計を出しています。
中3週で3本なので攻めの量は足りていて
2週続けて併せ馬をやり負荷をかけてやっているので
攻めの質も良いです。

勝てばサマーマイルチャンピオンなれるが
サマーマイルの3戦を全て出走していることがマイナスです。


2012年にサマーマイルが新設され今年で5年目で
近4年でサマーマイル3戦すべて出走したのは8頭いて
3戦中で2回の3着内があったのはクラレントしかいないのです。

2012年のエーシンリターンズが中京記念で14着だったが
関屋記念で2着に来たので京成杯で1人気になったが
7着に負けてしまい2013年のサトノギャラントは中京記念で7着で
関屋記念で3着に来て1人気になったが5着に負けているのです。

中京記念で8着、関屋記念で1着で京成杯オータムハンデで
2人気で1着だったクラレントがいるが2014年は中山が工事で
代替で京成杯オータムハンデも同じ新潟でクラレントは典型的な
サウスポーなので来たと考えられます。

ダノンリバティもエーシンリターンズ、サトノギャラントのように
中京記念で負けて関屋記念で2着に来て着順を上げてきて
人気になるので危なっかしいのです。

サマーマイルの3戦をすべて出走して3戦中の2戦で
3着内に来ることは相当な能力がないと厳しいので
状態は良さそうだがダノンリバティに厚い印は打てません。

★ロードクエスト 55k 評価 B
南W 68.8 52.5 38.3 13.1 馬ナリ

未勝利アウトライアーズと併せ馬でした。
先着できず併入だったが終いまで反応が良く
余力を残しながら終い13.1秒なのでB評価にしました。

前走終了後は放牧に出され8月15日に美浦に帰厩しています。
翌日の16日から乗り込みを開始していて
当週を含めて7本時計を出しています。
攻めの量は十分足りていて併せ馬を4本やり
3週続けてコースで負荷をかけて併せ馬をやり
時計を出しているので攻めの質も良いです。

新潟を含む近5年で3歳の出走が11頭で3頭が3着内で
3着内率は世代でトップなので3歳のロードクエストに
チャンスはあるが55kのハンデが大きなマイナスです。


近5年で来ている3歳はヤングマンパワー、ゴットフリート、
レオアクティブだがゴットフリートは53kのハンデで
ヤングマンパワー、レオアクティブは54kなのです。

近5年で3歳で55kは2014年のショウナンアチーヴ、
2013年のインパルスヒーローの2頭が出走しているが
ショウナンアチーヴは7人気で11着に負けてしまい
インパルスヒーローは4人気で12着で2頭とも二桁着順なのです。

ショウナンアチーヴは朝日杯で2着、ニュージーランドTで1着で
中山マイル巧者なのに大敗してインパルスヒーローは5戦5連対で
連対率100%で12着の大敗なので3歳の55kは鬼門なのです。

近5年で3歳の3着内率がトップなので切り捨てることはできないが
3歳の55kは大きなマイナスなので厚い印は打てません。

◆京成杯オータムハンデの危険馬

右のバナークリックから飛んでご覧下さい 

前走終了後は7日後の8月21日から乗り込みを開始していて
当週を含めて5本時計を出しています。
中2週でコース、坂路併用で5本なので攻めの量は多いが
5本すべて時計が遅い馬ナリで負荷をかけてやっていないので
攻めの質はイマイチで状態は下降気味です。

中山は2戦して1着、2着で連対を外していないが
その2戦は2歳、3歳の時で完成度の高さだけの成績なので
中山巧者と決め付けるのは危険です。

サマーマイルの3戦を全て使い状態が下降気味なので
厚い印を打つことはできません。

スポンサーサイト