NINJA TOOLS
2016年11月09日 - 調教、ラップ、上り3Fからの高配当狙い
FC2ブログ
 INDEX    RSS    ADMIN

エリザベス女王杯の有力馬の調教診断、危険馬、人気2強のマイナス点

近8週は万馬券8本を含めて高配当を10本的中で確変モード中

10月は特大万馬券を7本含めて高配当8本的中

近31週は3連複71560円を含め高配当34本的中



◆当会の基本

15年以上も穴党の某予想家が最も予想で重視している

ファクターが調教分析で調教以外にも同じく重視している

ラップ、上り3Fの分析を加えて人気馬のマイナス点を見つけ出して

高配当、万馬券を狙い撃ちします。


当会の買い方は コチラへ 基本ベースは コチラへ


当会への申し込み、問い合わせ info@ooana.sub.jp
携帯アドレスで受信の設定をされている方は
ooana.sub.jp のドメインを受信できるよう設定して下さい。


◆直近の高配当的中

11/6 福島11R みちのくステークス
◎ダノンルージュ(7人気) 3連複7810円
13人気クリノコマチが3着ならば3連複111210円が的中でした

10/30 新潟11R ルミエールオータムD
◎トータルヒート(6人気) 3連複35250円
10人気ラインミーティアが3着ならば3連複98250円が的中でした

10/29 京都11R スワンステークス
◎サトノルパン(8人気) 3連複21930円

10/16 京都11R 秋華賞
◎カイザーバル(8人気) 3連複20940円

10/15 新潟9R
◎アイファープリティ(3人気) 3連複22300円
馬単2着流しの10人気ジュエルプラネットが2着

10/10 東京12R
◎ラベンダーメモリー(8人気) 3連複12190円

10/8
京都10R 久多特別 ◎ビナイーグル(6人気) 3連複14460円
京都8R ◎サクレディーヴァ(9人気) 3連複7270円


当会の買い方は コチラへ 基本ベースは コチラへ


◆エリザベス女王杯の調教診断

A、B、Cの順で評価しています。

★クイーンズリング 評価 B
坂路 53.9 38.8 24.9 12.4 馬ナリ

単走の馬ナリの軽めだったが終い1Fが最速のラップがでました。
ただ、加速しているような感じがなくて良い時の躍動感もなく
前走から上昇気配がなかったのでB評価にしました。

前走終了後は7日後の10月22日から乗り込みを開始して
当週を含めて2本時計を出しています。
中3週で2本なので攻めの量は少ないです。
去年のローズステークスから秋華賞が同じ中3週だったが
その時は坂路、コースで4本やっていて、
同じ中3週だった去年のエリザベス女王杯は3本やっていました。
先週にコースで3頭の併せ馬で一杯でやり負荷をかけてやっているが、
当週が坂路で単走で負荷をかけていないので攻めの質もイマイチです。

クイーンズリングに大きなマイナス点があり
過去に芝2000m以上で勝ちないことです。


近10年の3着内で過去に2000m以上で勝ちがなかったのは
08年のリトルアマポーラ、06年のフサイチパンドラだが
2頭とも3歳でレース経験が少なくリトルアマポーラは
牡馬相手の2000mの京成杯で4着があり
フサイチパンドラはオークスが2着、秋華賞が3着なので
勝ち鞍はないが2000m以上の実績はありました。

クイーンズリングは去年の秋華賞の2着なので
3歳だった去年は大きなマイナスではなかったが
エリザベス女王杯は8着に敗れました。

去年のエリザベス女王杯以降は全て1800m以下で
2000m以上を走っていないので勝ちがないのは当たり前だが
近10年で古馬で2000m以上で勝ちがない馬は来ていないのです。


攻めの量が少なく攻めの質もイマイチで状態面に問題があり
大きなマイナス点を抱えているので全幅の信頼を置くのは危険です。

★マリアライト 評価 AとBの中間
南W 68.4 53.0 39.1 13.2 馬ナリ

単走だったがトビが大きい脚さばきで先週の動きは重かったが
助手が追わなくても自分から動いている躍動感があったので
A評価にはできないがAとBの中間にしました。

前走終了後は短期の放牧に出されて10月20日に美浦に帰厩しています。
10月26日から乗り込みを開始していて
当週を含めて5本時計を出しています。
攻めの量は普通で先週まで4週続けてコースで併せ馬をやっているが
3F38秒台の時計が1本もありません。
当週は単走で去年のエリザベス女王杯の当週より速い時計を出したが
3Fが39.1秒で38秒台がでなかったので攻めの質はイマイチです。

マリアライトのマイナス点は前走のオールカマーの内容です。

下記は去年のオールカマーから今年のオールカマーまでの
レースの後半5Fのレース上りと自身の着順です。


2015年
オールカマー 後半5F58.5秒 5着
エリザベス女王杯 後半5F61.4秒 1着
有馬記念 後半5F58.9秒 4着

2016年
日経賞  後半5F58.5秒 3着
目黒記念 後半5F58.6秒 2着
宝塚記念 後半5F61.3秒 1着

オールカマー 後半5F59.9秒 5着

ご覧の通りでマリアライトはレースの後半5Fが58秒台の
11秒台、10秒台のラップが続く展開では勝ち切れないが
12秒台のラップが何度も続く5F59秒以上かかる
タフな流れだと突き抜ける分かりやすいキャラなのです。

去年の有馬記念の後半5Fは58.9秒で微妙なラインだったが
一線級が揃ったメンバーで3着内は外したが高評価できる4着です。

前走のオールカマーは後半5Fが59.9秒もかかり
マリアライトが十八番の得意としている絶好の展開だったのに
見せ場を作ることなく5着に負けてしまったのです。

不利を受けずスムーズの外を追走する絶好の展開だったのに
実績不足のツクバアズマオーより遅い上りしか使えず5着だったので
スタミナ、パワー、末脚すべて衰えたと決めつけていいでしょう。


去年より攻めの質がイマイチで前走のオールカマーのラップから
衰えが見えるので今年は危なっかしい1人気になりそうです。

★ミッキークイーン 評価 A
坂路 52.0 38.0 24.5 11.9 強め

500万クラスのセータコローナとの併せ馬でした。
併せた相手がフラフラしていたが全く気にしないでブレることなく
真っすぐ駆け抜け終いが最速の11.9秒だったのでA評価にしました。

前走終了後は放牧に出されて10月9日に栗東に帰厩しています。
翌日の10日から乗り込みを開始して
当週を含めて8本時計を出しています。
攻めの量は足りていて3週続けて坂路で強め、一杯でやっているが
コースで1本もやっていないので攻めの質はイマイチです。
デビューから前走まで負荷をかけコースでやって馬体を仕上げていたのに
帰厩後は坂路のみでこのような攻めは過去にありません。

ミッキークイーンに2つの大きなマイナス点がります。

1つ目は休養明けで近10年で3ヶ月以上の間隔が空いていた馬は
一頭も来ていなくて去年のルージュバック、14年のヴィルシーナ、
11年のレーヴディソールがG1実績があるのに飛んでいるのです。

2つ目は4歳以上で年内に1800m以上のレースで3着内がなく
勝ち鞍もないことです。


近5年の3着内15頭中で4歳以上は8頭いて
11年のスノーフェアリーは外国馬だが対象内に入れて
年内に1800m以上のレースで3着内がなかったのは
11年のアパパネだけだが春にヴィクトリアマイルを勝っていました。

ミッキークイーンの年明けの2戦はマイルの阪神牝馬ステークスの2着と
ヴィクトリアマイルの2着で近5年でこのような馬は来ていないのです。


坂路で好時計を連発で出していて走れる状態に仕上がっているが
コースで1本もやらないのは初めてで攻めのパターンを変えていて
休養明け、年内に1800m以上で走っていないことがマイナスなので
ミッキークイーンに全幅の信頼を置くのは危険です。


◆エリザベス女王杯の危険馬

右のバナークリックから飛んでご覧下さい 

前走終了後は放牧に出され10月5日に栗東に帰厩しています。
翌日の6日から乗り込みを開始して
当週を含めて5本時計を出しています。
いつも攻めの量は多くないが今回は4ヶ月半の休養明けなので
5本は少ないので攻めの量は不足しています。

4週続けて坂路で併せ馬をやっているが
3Fが24秒台で1Fが12秒台の時計が1本もないので
攻めの質もイマイチです。


ミッキークイーンと同様で休養明けが一番のマイナス点で
攻めの量が少なく質もイマイチなので厚い印は打てません。



◆穴予想で重要している5項目

1.調教分析 2.上がり3F分析 3.前後半3Fの合算時計

4.トラックバイアス 5.騎手データ

最重要項目は調教分析です。

人気薄が穴を空ける要因は様々ありますが

状態が良くなければ激走できないというのが当会の考えです。

2つ目は上がり3F分析です。

近走の成績は悪いが速い上がりを使い見せ場を作っている馬や

速い上がりが使えるのに最近は状態が悪かったので使えなかった馬などを狙います。

3つ目は前後半3Fの合算ラップです。

近代の競馬は馬場が改良され走破時計が年々速くなり

スピードがなければ勝ち負けになりません。

テン、中、終いの3拍子が揃っていないと勝負にならないので

自身の前半3F通過ラップ、上り3Fの通過ラップを合算した時計を重視しています。

例えば自身の前半3Fが36.0秒、上り3Fが34.5秒だと合算が70.5秒になり

この時計が出走するレースで勝ち負けできるタイムなのかを検証するのです。


4つ目はトラックバイアス、5つ目は騎手データですが

主力は調教分析、上り3F分析、前後半3Fの合算時計の3つになります。
スポンサーサイト