NINJA TOOLS
2017年01月10日 - 調教、ラップ、上り3Fからの高配当狙い
FC2ブログ
 INDEX    RSS    ADMIN

京成杯のレース展望、葉牡丹賞とホープフルSのラップ比較

2017年はロケットスタートに成功
去年の10月からの確変モードが年を越しても継続中です

先週はフェアリーステークスの3連複34060円を本線で的中
中山12Rで3連複8190円を的中


2週前は馬単9660円の高配当を5点で的中
3週前は朝日杯FSの3連複42820円を本線で的中
中京9Rの34490円の特大万馬券を厚めで的中

4週前は十八番の中京の長良川特別で3連複23640円を大本線で的中
5週前の金鯱賞で3連複を大本線でダブルで的中

年末10月~1月は絶好調で高配当を大量に的中で確変モード中

01月【大穴狙い】フェアリーSの34060円を含め高配当2本的中
12月【大穴狙い】朝日杯の42820円の大本線を含め高配当7本的中
11月【大穴狙い】3連複101640円の大本線を含め高配当5本的中
10月【大穴狙い】万馬券7本含めて高配当を8本的中

去年10月~1月で3連複101640円の大本線の的中を含めて
高配当を22本的中で万馬券の的中本数は14本

近13週29日間の【大穴狙い】の買い目を均等同一金額買い
1点500円購入 純利益+419500円

近13週29日間の人気薄◎1頭軸マルチ3連単を同一金額買い
1点100円購入 純利益+906240円


申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします

◆直近の高配当的中

1/8 中山11R フェアリーステークス
◎モリトシラユリ(7人気) 3連複34060円
馬単2着流しの10人気ライジングリーズンが1着で本線で的中

1/7 中山12R
◎ウイングチップ(7人気) 3連複8190円

12/24 阪神8R
ララエクラテール(8人気) 馬単9660円 5点で的中

12/18 阪神11R 朝日杯フューチュリティステークス
◎サトノアレス(6人気) 3連複42820円
馬単2着流しの12人気ボンセルヴィーソが3着で厚めで的中

12/18 中京9R
◎オールドクラシック(8人気) 3連複34490円
馬単2着流しの9人気ファスナハトが1着で厚めで的中

12/10 中京10R 長良川特別
◎テイエムナナヒカリ(6人気) 3連複23640円
馬単2着流しの8人気マイネルフレスコが3着で大本線で的中

12/10 中京8R
◎ヴェルジョワーズ(8人気) 3連複3870円

12/3 中京11R 金鯱賞
◎パドルウィール(9人気) 3連複16080円 6050円
馬単2着流しの6人気シュンドルボンが3着同着で大本線でダブル的中


◆当会の基本

15年以上も穴党の某予想家が最も予想で重視しているファクターが調教分析で

調教以外にも同じく重視しているラップ、上り3Fの分析を加えて

人気馬のマイナス点を見つけ出し人気薄を◎にして高配当、万馬券を狙い撃ちします。


当会の買い方は コチラへ 基本ベースは コチラへ

申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします 
返信は info@ooana.sub.jp からになるので携帯からの方は
ooana.sub.jp のドメインを受信できるよう設定して下さい。


◆今週の高配当が狙える熱田特別の人気薄◎予定

前日にランキングで完全公開した人気薄◎が激走しています。
穴党の方はぜひご覧になって下さい。


9/25 阪神 9Rの7人気カープストリーマー
10/8 京都10Rの6人気ビナイーグル
10/30新潟11Rの6人気トータルヒート
11/6 福島11Rの7人気ダノンルージュ
11/12福島12Rの8人気ウインベントゥーラ
12/10中京10Rの6人気テイエムナナヒカリ
1/8  中山10Rの8人気ゴールドペガサス
右のバナークリックから飛んでご覧下さい 

但し、当週の調教後に変更する場合があります。


◆京成杯のレース展望、葉牡丹賞とホープフルSのラップ比較

京成杯の近5年の1人気は【0.2.1.2】、
2人気は【1.0.1.3】、3人気は【1.0.0.4】で
人気が下る毎に成績も落ちています。

3着内15頭中で7人気以下の人気薄は3頭しかいないが
朝日杯フューチュリティステークスで2着のマイネルロブスト、
ホープフルステークスの勝ち馬アドマイヤブルーが出走した
2012年しかないので堅い結果になっていません。

近5年の3着内15頭の前走のクラス別の内訳は
重賞が5頭、OP特別が2頭、500万クラスが5頭、新馬戦が1頭、
未勝利戦が2頭なので重賞組が圧倒的に強く
新馬、未勝利の勝ち上がり組は苦戦しています。

ただ、2014年から阪神のラジオNIKKI杯がなくなり
ホープフルステークスが重賞になる等があり2歳戦が整備されたので
2015年から傾向が変わりつつあり近2年の3着内6頭中で
重賞組は2頭なので以前のデータはあまり参考になりません。


前走のクラスよりも重視しなければならないのは着順で
近10年まで広げて新馬、未勝利勝ちを除く3着内の前走は
500万クラスならば2着以内、OP特別ならば5着以内、
重賞ならば7着内なので大敗している馬は来ていません。

今年のメンバーで人気になりそうなアダムバローズ、
ポポカテペトルが上記のデーターに引っかかるので
この2頭は疑った方がいいでしょう。


今年は葉牡丹賞で2着のコマノインパルス、
ホープフルステークスで2着のマイネルスフェーン、
4着のベストリゾートが人気になりそうです。

3頭ともレイデオロに負けた共通点があるので
葉牡丹賞とホープフルステークスのレベルをラップから比較します。


葉牡丹賞 2分1秒0 上り3F35.9秒
前半5F61.0秒 後半5F60.0秒
上り3Fのラップ 11.9秒 12.1秒 11.9秒

ホープフルステークス 2分1秒3 上り3F36.6秒
前半5F60.3秒 後半5F61.0秒
上り3Fのラップ 12.1秒 12.0秒 12.5秒

葉牡丹賞はスローペースで後半4Fからの上り勝負で
ホープフルステークスはハイペースで最後まで12秒台が続く
かなり厳しいラップになり終いの1Fが12.5秒で
終いの2F目から0.5秒しかラップが落ちなかったので
ラップの比較ならばホープフルステークスの方が上です。

ただ、葉牡丹賞で2着のコマノインパルスはスローペースの
外々を走らされマクリをして着差がそれほどつかないスローで
3着アサギリジョーに0.6秒差をつけました。
普通ならば勝ちパターンだがレイデオロの鬼脚に屈しただけで
レース内容は高評価できます。

ホープフルステークスの2着のマイネルスフェーンはハイペースで
先行馬がバテた内々を走ることができる恩恵があったので
2頭の比較ならばコマノインパルス>マイネルスフェーンになります。


ホープフルステークスで4着のベストリゾートの自身の上り3Fは
メンバー中で3位の36.0秒だったが道中で不利が全くなく
最後の直線で1戦しかしていないグローブシアターの
真後ろにいたのに差を詰めることができず4着だったので
コマノインパルス、マイネルスフェーンと比較すると
ベストリゾートはたいしたことありません。

そうなるとコマノインパルス、マイネルスフェーンの人気2頭で
堅そうだと思われるがこの2頭には大きなマイナス点があるのです。

そのマイナス点は明日の調教診断の中に掲載するので
見逃さずにご覧になって下さい。


当会と京成杯の相性は良いです。

2013年 京成杯
◎ケイアイチョウサン(9人気) 3連複27420円 的中

2008年 京成杯
◎ベンチャーナイン(12人気)
馬単13140円 3連複12800円 ダブル的中


去年は馬単2着流しの7人気ケルフロイデが2着に激走したが
プロフェットの1着はないと読み3連複の相手にしか入れていなくて
馬単14750円を獲り損ねてしまうミスをやってしまいました。

2013年は大雪で開催が延期されたので
全ての会員様に無料で提供したが9人気◎ケイアイチョウサンが
3着に激走して3連複27420円を本線で的中させました。

2008年は12人気◎ベンチャーナインが2着に激走して
馬単13140円、3連複12800円をダブル的中させました。

去年はミスで万馬券を獲り損ねたが相性が良いレースで
今年は波乱必至なので京成杯は必ず配信します。
会員様は大いに期待して下さい。


京成杯の有力馬の調教診断は
1月11日にブログ、メルマガで公開します。

愛知杯の調教診断、評価、レース展望は
1月12日にブログ、メルマガで公開します。


◆穴予想で重要している5項目

1.調教分析 2.上がり3F分析 3.前後半3Fの合算時計

4.トラックバイアス 5.騎手データ

最重要項目は調教分析です。

人気薄が穴を空ける要因は様々ありますが

状態が良くなければ激走できないというのが当会の考えです。

2つ目は上がり3F分析です。

近走の成績は悪いが速い上がりを使い見せ場を作っている馬や

速い上がりが使えるのに最近は状態が悪かったので使えなかった馬などを狙います。

3つ目は前後半3Fの合算ラップです。

近代の競馬は馬場が改良され走破時計が年々速くなり

スピードがなければ勝ち負けになりません。

テン、中、終いの3拍子が揃っていないと勝負にならないので

自身の前半3F通過ラップ、上り3Fの通過ラップを合算した時計を重視しています。

例えば自身の前半3Fが36.0秒、上り3Fが34.5秒だと合算が70.5秒になり

この時計が出走するレースで勝ち負けできるタイムなのかを検証するのです。


4つ目はトラックバイアス、5つ目は騎手データですが

主力は調教分析、上り3F分析、前後半3Fの合算時計の3つになります。

スポンサーサイト