NINJA TOOLS
2017年02月02日 - 調教、ラップ、上り3Fからの高配当狙い
fc2ブログ
 INDEX    RSS    ADMIN

エルフィンステークスの調教診断、レース展望、人気馬のマイナス点

2017年はロケットスタートに成功
去年の10月からの確変モードが年を越しても継続中で
1月は特大万馬券を2本含めて高配当を8本的中


1月は京成杯、愛知杯の3連複20920円、
フェアリーステークスの3連複34060円を大本線で的中

年末10月~1月は絶好調で高配当を大量に的中で確変モード中

今年の重賞レースの成績 回収率198.5%

01月【大穴狙い】愛知杯、フェアリーSを含め高配当8本的中
12月【大穴狙い】朝日杯の42820円の大本線を含め高配当7本的中
11月【大穴狙い】3連複101640円の大本線を含め高配当5本的中
10月【大穴狙い】万馬券7本含めて高配当を8本的中

去年10月~1月で3連複101640円の大本線の的中を含めて
高配当を28本的中で万馬券の的中本数は15本

近16週36日間の【大穴狙い】の買い目を均等同一金額買い
1点500円購入 純利益+277450円

近16週36日間の人気薄◎1頭軸マルチ3連単を同一金額買い
1点100円購入 純利益+766100円


申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします

◆直近の高配当的中

1/21 京都12R
◎ショウナンタイザン(9人気) 3連複8250円

1/21 中京10R なずな賞
デスティニーソング(9人気) 馬単7320円 馬単5点で的中

1/16 中京11R 知立特別
◎メイショウヤマホコ(9人気) 3連複5490円

1/15 中山12R 京成杯
ガンサリュート(7人気) 馬単3970円 馬単5点で的中

1/14 中山12R
◎トーホウハニー(9人気) 3連複8140円

1/14 中京11R 愛知杯
◎サンソヴール(10人気) 3連複20920円

1/8 中山11R フェアリーステークス
◎モリトシラユリ(7人気) 3連複34060円
馬単2着流しの10人気ライジングリーズンが1着で本線で的中

1/7 中山12R
◎ウイングチップ(7人気) 3連複8190円


◆当会の基本

15年以上も穴党の某予想家が最も予想で重視しているファクターが調教分析で

調教以外にも同じく重視しているラップ、上り3Fの分析を加えて

人気馬のマイナス点を見つけ出し人気薄を◎にして高配当、万馬券を狙い撃ちします。


当会の買い方は コチラへ 基本ベースは コチラへ

申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします 
返信は info@ooana.sub.jp からになるので携帯からの方は
ooana.sub.jp のドメインを受信できるよう設定して下さい。


◆エルフィンステークスの有力馬の調教診断、評価

アカカ 評価 A

前走終了後に骨折していることが分かり
放牧に出され1月10日に栗東に帰厩しています。
翌日の11日から乗り込みを開始して
当週を含めて6本時計を出しています。
攻めの量は少し不足しているが2週続けて
坂路で併せ馬一杯で負荷をかけてやっていて
当週に自己ベストを出してきたので攻めの質は良いです。
骨折の休養明けなので全幅の信頼は置けないが
能力は一級品なのでチャンスはありそうです。

アドマイヤローザ 評価 B

前走終了後は放牧に出され12月23日に栗東に帰厩しています。
翌日の24日から乗り込みを開始して
当週を含めて7本時計を出しています。
コース、坂路併用で7本なので攻めの量は足りていて
当週は坂路で時計が遅い馬ナリだったが
先週、先々週に併せ馬で強め、一杯やり
負荷をかけてやったので攻めの質も良いです。

アルミレーナ 評価 B

前走終了後は放牧に出され1月19日に美浦に帰厩しています。
2日後の21日から乗り込みを開始して
当週を含めて3本時計を出しています。
3ヶ月の休養明けで3本なので攻めの量は少ないが
帰厩してすぐにコースで併せ馬で強めで速い時計を出し
長距離輸送があるのに2週続けてコースで併せ馬をやり
負荷をかけて時計を出しているので攻めの質は良いです。

ミリッサ 評価 BとCの中間

前走終了後は放牧に出され1月10日に栗東に帰厩しています。
翌日の11日から乗り込みを開始して
当週を含めて4本時計を出しています。
攻めの量は少なく前走は4週続けて坂路で併せ馬をやり
今回は当週の1本しかな負荷をかけての量が少ないです。
当週の坂路の自己ベストを出したが攻めの質はイマイチです。

◆エルフィンステークスの危険馬

評価 C
右のバナークリックから飛んでご覧下さい 

前走終了後は6日後の1月20日から乗り込みを開始して
当週を含めて3本時計を出しています。

中2週でコース、坂路併用で3本なので攻めの量は多く
2週続けて併せ馬をやったが近2走と違い当週はコースでなく
坂路で時計が遅い馬ナリだったので攻めの質はイマイチです。


◆エルフィンステークスのレース展望、人気馬のマイナス点

近年のエルフィンステークスは11頭~13頭の少頭数で
今年は15頭の登録があるが回避馬が多く出てしまい
最終的に例年と同様で10頭立ての寂しい頭数になりました。

近5年の1人気は【2.2.0.1】、2人気は【2.0.1.2】、
3人気は【0.0.2.3】で人気馬は崩れていないが
近3年は7人気以下の人気薄が激走しているので
ガチガチの結果になっていません。

去年の1着レッドアヴァンセはその後の成績はイマイチだが
2年前の1着クルミナルは桜花賞で2着、オークスで3着、
3年前の2着ショウナンパンドラは秋華賞、ジャパンカップを勝ち
5年前の1着マルセリーナは桜花賞を勝っていて
近年のこのレースの活躍馬は全て後のG1で活躍しています。

もっと昔まで遡るとレッドディザイア、ウオッカ、エアメサイア、
ファレノプシス、キョウエイマーチがこのレースを制して
その後にG1レースを勝ち名牝になっているので
エルフィンステークスは3歳牝馬にとって出世レースなのです。

今年はシンハライトの妹のミリッサが人気になるが
危なっかしい人気馬になりそうです。


近5年で1戦1勝は8頭出走して成績は【3.3.0.2】で
4年続けて連対しているが連対の6頭中で5頭が
新馬戦が1月で中1週~3週の出走なのです。

例外はナガラフラワーで新馬戦は12月2週目で
中7週で出走して2着に来ました。

ミリッサの新馬戦は11月26日で中9週の出走で
ここまで間隔が空いた休養明けは近5年で来ていないのです。

それにミリッサが新馬戦で負かした15頭中で
未勝利を勝ち上がったのはまだ2頭しかいなくて
新馬戦のメンバーも弱かったのです。


アドマイヤローザはアドマイヤグルーヴの血を受け継いで
近親にドゥラメンテがいて血統はG1級で
京都で2着、1着なので京都適性は高いが
2戦とも2000mが大きなマイナスです。

近5年で前走が2000mだったのは2頭いて
ショウナンパンドラが2着に来ているが
サトノゼファーは2人気で4着に負けています。

ショウナンパンドラの前走は2000mだったが
新馬戦が1800mでマイルに対応できたが
サトノゼファーは2000m、2000mの出走なので
2戦とも2000mのアドマイヤローザは危険なのです。

未勝利戦を圧勝したアカカは骨折明けの休養明けで
このような長期休養明けも近年で来ていないので
今年の人気馬すべて危なっかしいのです。

今年も例年と同様で10頭の少頭数になってしまったが
人気馬が危なっかしく攻めが絶品の人気薄がいます。

人気薄◎予定に配当の妙味がなければパスするが
今の時点でエルフィンステークスは配信する予定です。


申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします 
返信は info@ooana.sub.jp からになるので携帯からの方は
ooana.sub.jp のドメインを受信できるよう設定して下さい。


◆穴予想で重要している5項目

1.調教分析 2.上がり3F分析 3.前後半3Fの合算時計

4.トラックバイアス 5.騎手データ

最重要項目は調教分析です。

人気薄が穴を空ける要因は様々ありますが

状態が良くなければ激走できないというのが当会の考えです。

2つ目は上がり3F分析です。

近走の成績は悪いが速い上がりを使い見せ場を作っている馬や

速い上がりが使えるのに最近は状態が悪かったので使えなかった馬などを狙います。

3つ目は前後半3Fの合算ラップです。

近代の競馬は馬場が改良され走破時計が年々速くなり

スピードがなければ勝ち負けになりません。

テン、中、終いの3拍子が揃っていないと勝負にならないので

自身の前半3F通過ラップ、上り3Fの通過ラップを合算した時計を重視しています。

例えば自身の前半3Fが36.0秒、上り3Fが34.5秒だと合算が70.5秒になり

この時計が出走するレースで勝ち負けできるタイムなのかを検証するのです。


4つ目はトラックバイアス、5つ目は騎手データですが

主力は調教分析、上り3F分析、前後半3Fの合算時計の3つになります。
スポンサーサイト