NINJA TOOLS
2017年02月14日 - 調教、ラップ、上り3Fからの高配当狙い
FC2ブログ
 INDEX    RSS    ADMIN

フェブラリーステークスのレース展望、人気馬のマイナス点

有言実行 得意な小倉で3連複32430円を厚めで的中

2017年はロケットスタートに成功
去年の10月からの確変モードが年を越しても継続中で
1月~2月は特大万馬券を3本含めて高配当を10本的中


1月は京成杯、愛知杯の3連複20920円、
フェアリーステークスの3連複34060円を大本線で的中

去年10月~2月は絶好調で高配当を大量に的中で確変モード中

今年の重賞レースの成績 回収率167.9%

02月【大穴狙い】3連複32430円を含め高配当を2本的中
01月【大穴狙い】愛知杯、フェアリーSを含め高配当8本的中
12月【大穴狙い】朝日杯の42820円の大本線を含め高配当7本的中
11月【大穴狙い】3連複101640円の大本線を含め高配当5本的中
10月【大穴狙い】万馬券7本含めて高配当を8本的中

去年10月~2月で3連複101640円の大本線の的中を含めて
高配当を30本的中で万馬券の的中本数は16本

近18週41日間の【大穴狙い】の買い目を均等同一金額買い
1点500円購入 純利益+188900円

近18週41日間の人気薄◎1頭軸マルチ3連単を同一金額買い
1点100円購入 純利益+682730円


申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします

◆直近の高配当的中

2/12 小倉11R 門司ステークス
◎ベルウッドテラス(10人気) 3連複32430円
馬単2着流しのトミケンシャルゴーが1着で厚めで的中

2/4 東京12R
◎ラテラス(6人気) 3連複3260円

1/21 京都12R
◎ショウナンタイザン(9人気) 3連複8250円

1/21 中京10R なずな賞
デスティニーソング(9人気) 馬単7320円 馬単5点で的中

1/16 中京11R 知立特別
◎メイショウヤマホコ(9人気) 3連複5490円

1/15 中山12R 京成杯
ガンサリュート(7人気) 馬単3970円 馬単5点で的中

1/14 中山12R
◎トーホウハニー(9人気) 3連複8140円

1/14 中京11R 愛知杯
◎サンソヴール(10人気) 3連複20920円

1/8 中山11R フェアリーステークス
◎モリトシラユリ(7人気) 3連複34060円
馬単2着流しの10人気ライジングリーズンが1着で本線で的中


◆当会の基本

15年以上も穴党の某予想家が最も予想で重視しているファクターが調教分析で

調教以外にも同じく重視しているラップ、上り3Fの分析を加えて

人気馬のマイナス点を見つけ出し人気薄を◎にして高配当、万馬券を狙い撃ちします。


当会の買い方は コチラへ 基本ベースは コチラへ

申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします 
返信は info@ooana.sub.jp からになるので携帯からの方は
ooana.sub.jp のドメインを受信できるよう設定して下さい。


◆今週の高配当が狙える大牟田特別の人気薄◎予定

前日にランキングで完全公開した人気薄◎が激走しています。
穴党の方はぜひご覧になって下さい。


10/8 京都10Rの6人気ビナイーグル
10/30新潟11Rの6人気トータルヒート
11/6 福島11Rの7人気ダノンルージュ
11/12福島12Rの8人気ウインベントゥーラ
12/10中京10Rの6人気テイエムナナヒカリ
1/8  中山10Rの8人気ゴールドペガサス
1/16 中京11Rの9人気メイショウヤマホコ
右のバナークリックから飛んでご覧下さい 

但し、当週の調教後に変更する場合があります。


◆フェブラリーステークスのレース展望、人気馬のマイナス点

近5年の1人気は【1.1.1.2】、2人気は【1.1.1.2】、
3人気は【1.0.1.3】で人気馬の成績は悪くないが
1~3人気が3着内を独占することはなく
14年は単勝272倍の最低人気のコパノリッキー、
13年は9人気エスポワールシチー、12年は7人気テスタマッタなど
人気薄が激走して堅い結果になっていません。

前走が東京大賞典、川崎記念、チャンピオンズカップ、JCダートの
G1レース組は近10年で【4.6.7.18】で好成績だが
2013年から開催時期が変わり前哨戦になった東海ステークス組が
【2.1.1.7】でG1レース組に迫るくらいの成績を出しています。

ただ、今年は東海ステークスを勝ったグレンツェントが回避して
8着アスカノロマン、11着インカンテーションの2頭の出走なので
東海ステークス組は相当な上積みがないと厳しいでしょう。

去年はモーニンが勝ったが近10年の根岸ステークス組は
【2.1.2.50】でG1、東海ステークス組と比べると分が悪いです。

今年は実績馬が不振なので根岸ステークスを鬼脚で勝った
カフジテイクが福永が騎乗ならば1人気になりそうだったが
故障で津村なので人気は落ちるが5人気以内にはなるでしょう。

津村はカフジテイクに3回騎乗して1着、2着1回で
癖を掴んでいるがテンに行けないことが大きなマイナスです。


そんなこと誰もが知っているぞと言われそうだが
当会の予想の基本であるラップの数字で説明します。

2016年 レースの前半3F34.1秒
34.5秒(+0.4) 35.4秒(+1.3) 34.9秒(+0.8)

2015年 レースの前半3F34.3秒
34.5秒(+0.2) 34.7秒(+0.4) 34.9秒(+0.6)

2014年 レースの前半3F35.5秒
35.7秒(+0.2) 36.0秒(+0.5) 36.7秒(+1.2)

2013年 レースの前半3F34.6秒
35.4秒(+0.8) 34.8秒(+0.2) 35.6秒(+1.0)

2012年 レースの前半3F34.7秒
36.2秒(+1.5) 36.7秒(+2.0) 35.8秒(+1.1)

上記は近5年のレースの前半3Fと
左から1~3着の自身の前半3Fのラップとレースとの誤差です。


12年はレースの前半3Fが34.7秒で速くなかったのに
単勝150円の断トツ人気のトランセンドがハナを切れず
15人気セイクリムズンがハナを切り2番手が9人気トウショウカズンで
人気薄の2頭が先行したので前にいた先行馬が全滅になり
追い込み3頭が上位を独占する稀な展開になりました。

12年は異例な展開になったので省くと近4年の3着内で
最も前半3Fが遅かったのは14年の3着ベルシャザールで
前半3F36.7秒で36秒台は僅かに2頭しかいません。

レースラップの誤差の最大は去年の2着ノンコノユメの
+1.3秒で+1秒以上だったのは3頭しかいません。

カフジテイク
根岸ステークス 36.5秒(+1.5秒)
チャンピオンズカップ 39.0秒(+2.7秒)
武蔵野ステークス 36.2秒(+1.7)
グリーンチャンネルC 36.6秒(+2.5秒)

ご覧の通りでカフジテイクの自身の前半3Fの最速は
去年の武蔵野ステークスの36.2秒で
前走の根岸ステークスは36.5秒でした。

最も遅かったベルシャザールが36.7秒だったので
カフジテイクの根岸ステークス、武蔵野ステークスはセーフだが
根岸ステークスはレースより+1.5秒遅れで
武蔵野ステークスはレースより+1.7秒で
近4年で最大だった去年のノンコノユメが+1.3秒なので
カフジテイクはテンに置かれ過ぎで近走の走りでは届かないのです。

今のカフジテイクは12年のように人気薄が先行して
先行馬が総崩れしてレース上りが36.5秒以上かかる
特殊な展開にならないと届かないので全幅の信頼が置けないのです。

明日の調教診断で他の人気馬のマイナス点を公開するので
見逃さずにご覧になって下さい。

フェブラリーステークスは状態が激変している人気薄を◎にして
高配当を狙いにいくので会員様は大いに期待して下さい。


フェブラリーステークスの有力馬の調教診断は2月15日にブログで公開します。

小倉大賞典の調教診断、評価、レース展望は2月16日にブログで公開します。

申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします


◆穴予想で重要している5項目

1.調教分析 2.上がり3F分析 3.前後半3Fの合算時計

4.トラックバイアス 5.騎手データ

最重要項目は調教分析です。

人気薄が穴を空ける要因は様々ありますが

状態が良くなければ激走できないというのが当会の考えです。

2つ目は上がり3F分析です。

近走の成績は悪いが速い上がりを使い見せ場を作っている馬や

速い上がりが使えるのに最近は状態が悪かったので使えなかった馬などを狙います。

3つ目は前後半3Fの合算ラップです。

近代の競馬は馬場が改良され走破時計が年々速くなり

スピードがなければ勝ち負けになりません。

テン、中、終いの3拍子が揃っていないと勝負にならないので

自身の前半3F通過ラップ、上り3Fの通過ラップを合算した時計を重視しています。

例えば自身の前半3Fが36.0秒、上り3Fが34.5秒だと合算が70.5秒になり

この時計が出走するレースで勝ち負けできるタイムなのかを検証するのです。


4つ目はトラックバイアス、5つ目は騎手データですが

主力は調教分析、上り3F分析、前後半3Fの合算時計の3つになります。

スポンサーサイト