NINJA TOOLS
2017年02月16日 - 調教、ラップ、上り3Fからの高配当狙い
FC2ブログ
 INDEX    RSS    ADMIN

小倉大賞典の調教診断、レース展望、人気馬のマイナス点

有言実行 得意な小倉で3連複32430円を厚めで的中

2017年はロケットスタートに成功
去年の10月からの確変モードが年を越しても継続中で
1月~2月は特大万馬券を3本含めて高配当を10本的中


1月は京成杯、愛知杯の3連複20920円、
フェアリーステークスの3連複34060円を大本線で的中

去年10月~2月は絶好調で高配当を大量に的中で確変モード中

今年の重賞レースの成績 回収率167.9%

02月【大穴狙い】3連複32430円を含め高配当を2本的中
01月【大穴狙い】愛知杯、フェアリーSを含め高配当8本的中
12月【大穴狙い】朝日杯の42820円の大本線を含め高配当7本的中
11月【大穴狙い】3連複101640円の大本線を含め高配当5本的中
10月【大穴狙い】万馬券7本含めて高配当を8本的中

去年10月~2月で3連複101640円の大本線の的中を含めて
高配当を30本的中で万馬券の的中本数は16本

近18週41日間の【大穴狙い】の買い目を均等同一金額買い
1点500円購入 純利益+188900円

近18週41日間の人気薄◎1頭軸マルチ3連単を同一金額買い
1点100円購入 純利益+682730円


申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします

◆直近の高配当的中

2/12 小倉11R 門司ステークス
◎ベルウッドテラス(10人気) 3連複32430円
馬単2着流しのトミケンシャルゴーが1着で厚めで的中

2/4 東京12R
◎ラテラス(6人気) 3連複3260円

1/21 京都12R
◎ショウナンタイザン(9人気) 3連複8250円

1/21 中京10R なずな賞
デスティニーソング(9人気) 馬単7320円 馬単5点で的中

1/16 中京11R 知立特別
◎メイショウヤマホコ(9人気) 3連複5490円

1/15 中山12R 京成杯
ガンサリュート(7人気) 馬単3970円 馬単5点で的中

1/14 中山12R
◎トーホウハニー(9人気) 3連複8140円

1/14 中京11R 愛知杯
◎サンソヴール(10人気) 3連複20920円

1/8 中山11R フェアリーステークス
◎モリトシラユリ(7人気) 3連複34060円
馬単2着流しの10人気ライジングリーズンが1着で本線で的中


◆当会の基本

15年以上も穴党の某予想家が最も予想で重視しているファクターが調教分析で

調教以外にも同じく重視しているラップ、上り3Fの分析を加えて

人気馬のマイナス点を見つけ出し人気薄を◎にして高配当、万馬券を狙い撃ちします。


当会の買い方は コチラへ 基本ベースは コチラへ

申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします 
返信は info@ooana.sub.jp からになるので携帯からの方は
ooana.sub.jp のドメインを受信できるよう設定して下さい。


◆小倉大賞典の有力馬の調教診断、評価

クラリティスカイ 57.5k 評価 B

前走終了後は9日後の1月31日から乗り込みを開始して
当週を含めて2本時計を出しています。
中3週で2本なので攻めの量は少ないが
先週にコースで併せ馬で強めで時計を出して
早めに小倉に入厩して当週に併せ馬一杯でやっているので
攻めの質は良いです。

ストロングタイタン 54k 評価 A

前走終了後は7日後の1月12日から乗り込みを開始して
当週を含めて8本時計を出しています。
変則の中6週で8本なので攻めの量は多く
当週は併せ馬で馬ナリだったが自己ベストに迫る
速い時計を出し終いが最速の11.9秒だったので
攻めの質は良く前走とは違い状態は良さそうです。

ベルーフ 57k 評価 A

前走終了後は放牧に出され1月31日に栗東に帰厩しました。
翌日の1日から乗り込みを開始して
当週を含めて5本時計を出しています。
コース、坂路併用で5本なので攻めの量は普通だが
3週続けてコースで併せ馬一杯でやり
当週のコースで3F37秒台を出し終いも伸びていたので
攻めの質は良く状態は良さそうです。

マイネルハニー 56k 評価 C

前走終了後は8日後の1月13日から乗り込みを開始して
当週を含めて6本時計を出しています。
変則の中6週で6本なので攻めの量は普通だが
当週の攻めが軽く今までにない遅い時計だったので
攻めの質はイマイチで状態は下降気味です。

マルターズアポジー 56k 評価 B

前走終了後は短期の放牧に出され1月21日に美浦に帰厩しました。
3日後の24日から乗り込みを開始して
美浦で4本時計を出してから小倉に入厩して
小倉で1本やり当週を含めて合計で5本時計を出しています。
当週は小倉ダートで時計が遅い単走馬ナリだったが
先週にコースで併せ馬一杯で負荷をかけてやり
大きく先着しているので攻めの質は良いです。


◆小倉大賞典の危険馬

評価 C
右のバナークリックから飛んでご覧下さい 

前走終了後は放牧に出され1月27日に栗東に帰厩しました。
翌日の28日から乗り込みを開始して
当週を含めて6本時計を出していて
コース、坂路併用で6本なので攻めの量は足りています。

ただ、3週続けてコースで併せ馬をやっているが
当週のコースで格下の2頭に遊ばれて遅れてしまったので
攻めの質はイマイチで状態は下降気味です。


◆小倉大賞典のレース展望、人気馬のマイナス点

小倉大賞典は難解で当会のような穴党の為にあるレースです。

近5年の1人気は【1.0.1.3】、2人気は【1.1.0.3】、
3人気は【1.0.0.4】で1~3人気はイマイチで
5年続けて1~3人気の中の1頭は3着内に来ているが
2頭が一緒に3着内だったことはありません。

近5年の3着内15頭のハンデの内訳は58kが2頭、
57.5kが1頭、57kが3頭、56kが3頭、55kが6頭で
54k以下の軽ハンデが不振で57k以上が6頭いるので
重いハンデ馬の活躍が目立っています。

年齢別は4歳が3頭、5歳が5頭、6歳が2頭、7歳が4頭、
8歳が1頭なので重いハンデ馬が活躍していることを加味すると
近走の成績はイマイチだが過去に重賞で好走歴がある
5歳以上が好結果を出しているのです。

今年の重いハンデはダコールの58k、
クラリティスカイ、フルーキーの57.5kです。
ダコールは年齢の9歳はマイナスで
クラリティスカイは5歳、フルーキーは7歳で
2頭とも過去の重賞の遺産で生き延びていて
近5年のデータにピッタリなのでチャンスはあるが
フルーキーは状態がイマイチなので厳しそうです。

人気になるマイネルハニーは4歳で56kのハンデがマイナスです。

近5年で3着内の4歳は3頭いるがすべて55kのハンデで
近5年で4歳で56kは去年のベルーフしかいないが
3人気で6着に負けているのでマイネルハニーは
危なっかしい人気馬になりそうです。

マルターズアポジーは5歳で56kのハンデなので
チャンスはありそうだが今まで関東圏でしか競馬をしたことがなく
ロードヴァンドール、マイネルハニー、ダノンメジャーといった
同型の逃げ先行馬の存在が厄介なので全幅の信頼は置けません。

当会と小倉大賞典の相性は良いです。

2015年 小倉11R 小倉大賞典
◎コスモソーンパーク(6人気) 3連複21520円 的中

2012年 小倉11R 小倉大賞典
◎スマートギア(10人気)
馬単28100円 3連複13600円 ダブル的中


2015年は6人気◎コスモソーンパークが2着に激走して
3連複21520円を本線で的中させました。
3着だった11人気ダコールは1頭目の相手だったので
高配当を厚めで獲ることができたのです。

2012年は10人気◎スマートギアが2着に激走して
馬単、3連複ダブルで万馬券を的中させました。
残念だったのは馬単2着流しの12人気ダンツホウテイで
大外からブッ飛んで来たが惜しい僅差の4着だったことです。
もしダンツホウテイが3着に上がっていれば
3連複128070円の特大万馬券が本線で的中していたのです。

今年の小倉大賞典も波乱必至なので必ず配信します。

人気薄を◎にして高配当、万馬券を獲りにいくので
会員様は大いに期待して下さい。



申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします 
返信は info@ooana.sub.jp からになるので携帯からの方は
ooana.sub.jp のドメインを受信できるよう設定して下さい。


◆穴予想で重要している5項目

1.調教分析 2.上がり3F分析 3.前後半3Fの合算時計

4.トラックバイアス 5.騎手データ

最重要項目は調教分析です。

人気薄が穴を空ける要因は様々ありますが

状態が良くなければ激走できないというのが当会の考えです。

2つ目は上がり3F分析です。

近走の成績は悪いが速い上がりを使い見せ場を作っている馬や

速い上がりが使えるのに最近は状態が悪かったので使えなかった馬などを狙います。

3つ目は前後半3Fの合算ラップです。

近代の競馬は馬場が改良され走破時計が年々速くなり

スピードがなければ勝ち負けになりません。

テン、中、終いの3拍子が揃っていないと勝負にならないので

自身の前半3F通過ラップ、上り3Fの通過ラップを合算した時計を重視しています。

例えば自身の前半3Fが36.0秒、上り3Fが34.5秒だと合算が70.5秒になり

この時計が出走するレースで勝ち負けできるタイムなのかを検証するのです。


4つ目はトラックバイアス、5つ目は騎手データですが

主力は調教分析、上り3F分析、前後半3Fの合算時計の3つになります。
スポンサーサイト