NINJA TOOLS
2017年03月16日 - 調教、ラップ、上り3Fからの高配当狙い
FC2ブログ
 INDEX    RSS    ADMIN

スプリングステークスの調教診断、危険馬、人気馬のマイナス点

今週は土曜日から月曜日まで3日連続の開催で
春分の日の20日の配信は無料になります。

有言実行

金鯱賞は買い方ミスで外したが中京12Rで3連複をダブル的中

中京は十八番中の十八番なので今週以降の中京も大いに期待して下さい

3月は万馬券2本含めて早くも高配当を6本的中で大爆発中


去年10月~3月は好調で高配当を大量に的中で確変モード中

去年の10月からの確変モードが年を越しても継続中で
1月~3月は特大万馬券を6本含めて高配当を17本的中

1月は京成杯、愛知杯の3連複20920円、
フェアリーステークスの3連複34060円を大本線で的中

03月【大穴狙い】万馬券2本を含めて高配当を6本的中
02月【大穴狙い】3連複32430円を含め高配当を3本的中
01月【大穴狙い】愛知杯、フェアリーSを含め高配当8本的中
12月【大穴狙い】朝日杯の42820円の大本線を含め高配当7本的中
11月【大穴狙い】3連複101640円の大本線を含め高配当5本的中
10月【大穴狙い】万馬券7本を含めて高配当を8本的中

去年10月~3月で3連複101640円の大本線の的中を含めて
高配当を37本的中で万馬券の的中本数は19本


申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします

◆直近の高配当的中

3/11 中京12R 瀬戸特別
◎ロバストミノル(9人気)
3着が同着で3連複13400円 8210円 ダブル的中

3/5  中山11R 弥生賞
マイスタイル(8人気) 馬単5480円 馬単5点で的中

3/5  小倉11R 大宰府特別
トレジャートローヴ(8人気) 馬単6150円 馬単5点で的中

3/5  小倉10R 萌黄賞
◎オイカケマショウ(9人気) 3連複5280円

3/4  小倉8R
◎ゴッドカリビアン(10人気) 3連複18810円

2/19 小倉8R
◎トウカイクローネ(10人気) 3連複19070円

2/12 小倉11R 門司ステークス
◎ベルウッドテラス(10人気) 3連複32430円
馬単2着流しのトミケンシャルゴーが1着で厚めで的中

◆当会の基本

15年以上も穴党の某予想家が最も予想で重視しているファクターが調教分析で

調教以外にも同じく重視しているラップ、上り3Fの分析を加えて

人気馬のマイナス点を見つけ出し人気薄を◎にして高配当、万馬券を狙い撃ちします。

当会の買い方は コチラへ 基本ベースは コチラへ

申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします 
返信は info@ooana.sub.jp からになるので携帯からの方は
ooana.sub.jp のドメインを受信できるよう設定して下さい。

◆スプリングステークスの有力馬の調教診断、評価

アウトライアーズ 評価 C

前走終了後は放牧に出され2月15日に美浦に帰厩しました。
2日後の16日から乗り込みを開始して
当週を含めて8本時計を出しています。
攻めの量は十分足りていてコースで併せ馬を3本やっているが
全て馬ナリで先週、当週がコースで4F54秒台で
負荷をかけてやっていないので攻めの質はイマイチで
状態面に問題がありそうです。

ウインブライト 評価 A

前走終了後は短期の放牧に出され2月22日に美浦に帰厩しました。
2日後の24日から乗り込みを開始して
当週を含めて4本時計を出しています。
攻めの量は多くないが2週続けてコースで併せ馬をやり
4F51秒台で3F37秒台の時計を負荷をかけて出しているので
攻めの質は良く状態は良さそうです。

サトノアレス 評価 B

前走終了後は放牧に出され2月2日に美浦に帰厩しました。
翌日の3日から乗り込みを開始して
当週を含めて7本時計を出しています。
コース、坂路併用で7本なので攻めの量は足りていて
先週、当週にコースで3頭での併せ馬をやり
負荷をかけてやってきたので万全ではないが
90%くらいまで仕上がっている状態です。

トリコロールブルー 評価 A

前走終了後は5日後の2月23日から乗り込みを開始して
当週を含めて6本時計を出しています。
コース、坂路併用で中3週で6本なので攻めの量は多く
先週にコースで3頭で併せ馬をやり当週はコースで単走だったが
終い1Fが最速の時計を出してきたので攻めの質も良く
状態は良さそうです。

モンドキャンノ 評価 B

前走終了後は放牧に出され2月16日に栗東に帰厩しました。
翌日の17日から乗り込みを開始して
当週を含めて6本時計を出しています。
コース、坂路併用で6本なので攻めの量は足りていて
3週続けて併せ馬をやってきたが全て馬なりで
時計は出ているが負荷をかけてやっていないので
叩き台の仕上げになっています。

◆スプリングステークスの危険馬

評価 C
右のバナークリックから飛んでご覧下さい 

前走終了後は4日後の2月16日から乗り込みを開始して
当週を含めて4本時計を出しています。
中4週で4本なので攻めの量は普通です。

ただ、先週のコースで単走一杯でやったが時計が遅く
当週はコースで併せ馬をやったが負荷がない馬ナリで
時計が遅かったので攻めの質はイマイチで状態は下降気味です。

去年の夏から使い詰めで今回が10戦目になるが
過去10年まで広げても3着内30頭中で10戦目以上は来ていないのです。


他にも大きなマイナス点がありそのマイナス点は
下記のレース展望の中に掲載しているので見逃さずにご覧になって下さい。


◆スプリングステークスのレース展望、人気馬のマイナス点

スプリングステークスの近5年の1人気は【1.3.1.0】で
3着内率100%だが2人気は【0.0.1.4】、
3人気は【2.1.0.2】で人気馬で2人気だけがイマイチです。

近5年の3着内15頭の前走の距離別は1600mが4頭、
1800mが5頭、2000mが6頭で1400以下は苦戦しているが
1600m~2000mは大きな差がありません。

ただ、1600mの4頭中で3頭がG1の朝日杯を勝っていて
残り1頭はOP特別を勝っているので500万クラスの1600mを
勝っているだけでは通用しないのです。

1人気確実のサトノアレスの前走は朝日杯で1着なので問題ないが
アウトライアーズの前走は500万クラス特別戦の1600mなので
近5年のデータ上では厳しいのです。


モンドキャンノは1600m以上の勝ち鞍がないことがマイナスです。
近10年まで広げても3着内30頭中で1400m以上で勝ち鞍がなく
3着内だったのはフィフスペトルしかいないのです。


フィフスペトルは京王杯2歳ステークスで2着で朝日杯で2着で
モンドキャンノも同じような成績なので100%ないとは言えないが
30頭で1頭だけなので3着内の可能性は極めて低いのです。

エトルディーニュは速い上りが使えないことが大きなマイナスです。
近5年の30頭中で12頭が過去に1400m以上の距離で
メンバー最速の上りを使っているのです。


例外はキタサンブラック、ロゴタイプ、マイネルホウオウだが
3頭ともメンバー中で2位の上りがありエトルディーニュは
3位はあるが1位、2位がなくこのような馬は来ていないのです。

スプリングステークスの去年、一昨年は配信をパスしたが
配信した年は高配当を的中させています。

2012年 スプリングステークス
◎ロジメジャー(10人気) 3連複8980円 本線で的中

2011年 スプリングステークス
◎ステラロッサ(8人気) 3連複6030円 本線で的中

12年は自信の◎だった10人気◎ロジメジャーが読み通りに
3着に激走して3連複8980円を本線で的中させました。

11年は自信の◎だった8人気◎ステラロッサが3着に激走して
3連複6030円を本線で獲ることができました。

08年は11人気◎フローテーションが2着に激走したが
1着スマイルジャックが抜けて馬単43340円、
3連複17500円をダブルで獲り逃してしまう大失態をしてしまいました。

今年も11頭の少頭数になったが人気馬にマイナス点があり
攻めが絶品で状態が激変している人気薄がいるので
その人気薄を◎にして高配当を狙いにいきます。

2011年、12年は本線で的中させているが
08年のミスは獲り戻していないので今年はぜひ的中させて
08年の悪夢を払拭させたいと思います。


申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします 
返信は info@ooana.sub.jp からになるので携帯からの方は
ooana.sub.jp のドメインを受信できるよう設定して下さい。

◆穴予想で重要している5項目

1.調教分析 2.上がり3F分析 3.前後半3Fの合算時計

4.トラックバイアス 5.騎手データ

最重要項目は調教分析です。

人気薄が穴を空ける要因は様々ありますが

状態が良くなければ激走できないというのが当会の考えです。

2つ目は上がり3F分析です。

近走の成績は悪いが速い上がりを使い見せ場を作っている馬や

速い上がりが使えるのに最近は状態が悪かったので使えなかった馬などを狙います。

3つ目は前後半3Fの合算ラップです。

近代の競馬は馬場が改良され走破時計が年々速くなり

スピードがなければ勝ち負けになりません。

テン、中、終いの3拍子が揃っていないと勝負にならないので

自身の前半3F通過ラップ、上り3Fの通過ラップを合算した時計を重視しています。

例えば自身の前半3Fが36.0秒、上り3Fが34.5秒だと合算が70.5秒になり

この時計が出走するレースで勝ち負けできるタイムなのかを検証するのです。


4つ目はトラックバイアス、5つ目は騎手データですが

主力は調教分析、上り3F分析、前後半3Fの合算時計の3つになります。
スポンサーサイト