NINJA TOOLS
2017年04月12日 - 調教、ラップ、上り3Fからの高配当狙い
FC2ブログ
 INDEX    RSS    ADMIN

皐月賞の調教診断、人気馬のマイナス点

有言実行

十八番の福島の開幕週で自信の人気薄◎が2頭も1着に激走して
買い方ミスや相手抜けがあったが高配当を2本的中

重賞レースは好調で日経賞、スプリングステークス、
ファルコンステークスに続き大阪杯も馬単5点で的中


3月は4週続けて万馬券を的中

3月は万馬券4本含めて高配当を9本的中で大爆発

去年10月~4月は好調で高配当を大量に的中で確変モード中

去年の10月からの確変モードが年を越しても継続中で
1月~4月は特大万馬券を8本含めて高配当を23本的中

04月【大穴狙い】大阪杯の的中を含めて高配当を3本的中
03月【大穴狙い】万馬券4本を含めて高配当を9本的中
02月【大穴狙い】3連複32430円を含め高配当を3本的中
01月【大穴狙い】愛知杯、フェアリーSを含め高配当8本的中
12月【大穴狙い】朝日杯の42820円の大本線を含め高配当7本的中
11月【大穴狙い】3連複101640円の大本線を含め高配当5本的中
10月【大穴狙い】万馬券7本を含めて高配当を8本的中

去年10月~4月で3連複101640円の大本線の的中を含めて
高配当を43本的中で万馬券の的中本数は21本


十八番の福島、波乱必至の皐月賞で高配当を獲りたい方は下記から申し込みをして下さい。
申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします

◆直近の高配当的中

4/9  福島9R
ラッシュアタック(9人気) 馬単7810円 馬単5点で本線的中

4/8  福島11R 吾妻小富士賞
◎エリーティアラ(8人気) 3連複5060円

4/2  阪神11R 大阪杯
ステファノス(7人気) 馬単3390円 馬単5点で的中

3/25 中山11R 日経賞
ミライヘノツバサ(7人気) 馬単12200円 馬単5点で本線的中

3/19 中山11R スプリングステークス
◎プラチナヴォイス(6人気) 3連複6670円

3/18 中京11R ファルコンステークス
◎メイソンジュニア(6人気) 3連複11320円

3/11 中京12R 瀬戸特別
◎ロバストミノル(9人気)
3着が同着で3連複13400円 8210円 ダブル的中

3/5  中山11R 弥生賞
マイスタイル(8人気) 馬単5480円 馬単5点で的中


◆当会の基本

15年以上も穴党の某予想家が最も予想で重視しているファクターが調教分析で

調教以外にも同じく重視しているラップ、上り3Fの分析を加えて

人気馬のマイナス点を見つけ出し人気薄を◎にして高配当、万馬券を狙い撃ちします。

当会の買い方は コチラへ 基本ベースは コチラへ

十八番の福島、波乱必至の皐月賞で高配当を獲りたい方は下記から申し込みをして下さい。
申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします 
返信は info@ooana.sub.jp からになるので携帯からの方は
ooana.sub.jp のドメインを受信できるよう設定して下さい。


◆皐月賞の有力馬の調教診断、人気馬のマイナス点

A、B、Cの順で評価しています。

★カデナ 評価 B
坂路 55.3 40.6 26.5 13.0 馬ナリ

不良馬場で馬場が緩かったので時計が遅い馬ナリだったが
真っすぐ走り終いが最速ラップを出したのでB評価にしました。

前走終了後は7日後の3月12日から乗り込みを開始して
当週を含めて4本時計を出しています。
中5週で4本なので攻めの量は不足しているが
先週に坂路で併せ馬一杯で自己ベスト時計を出し
当週は時計が遅い馬ナリで時計は遅かったが
終いが最速の時計を出したので攻めの質は良いです。

昨日のレース展望の中で近4年の3着内12頭の
近3走の合算時計を検証したがカデナは時計が遅すぎます。


近3走の自身の前半3F、後半3Fの合算時計
72.3秒 71.7秒 71.8秒 平均71.9秒

3走すべてスローのヨーイドンの上り勝負なので
自身の合算時計が遅くなっているが最速が71.7秒なので
近走の皐月賞だと1秒~1.5秒も短縮させる必要があるのです。

決め手はメンバー屈指だが2000mの持ち時計が2分2秒6なので
大きく時計を詰める必要があり自身の前半3F、後半3Fの合算時計も
遅いのでカデナに全幅の信頼を置くことはできません。

★スワーヴリチャード 評価 A
CW 81.6 64.7 50.3 37.5 12.3 馬ナリ

500万クラスのウォーターレスターとの併せ馬でした。
コーナーを回る時に大きくバランスを崩したが
最後まで楽な手応えで終いが12.3秒の最速ラップが出たので
A評価にしました。

前走終了後は短期の放牧に出され3月11日に栗東に帰厩しました。
翌日の12日から乗り込みを開始して
当週を含めて7本時計を出しています。
コース、坂路併用で7本なので攻めの量は足りていて
4週続けてコースで併せ馬をやり当週は馬ナリだったが
自己ベストタイの時計を出し終いの伸びも良かったので
攻めの質は良く状態は良さそうです。

近3走の自身の前半3F、後半3Fの合算時計
70.9秒 72.0秒 73.5秒 平均72.1秒

合算時計の平均は72.1秒で71.9秒だったカデナより遅いが
レースを使う毎に時計を大きく詰めて成長しています。


去年の2着マカヒキの前走の合算時計が70.9秒で
3着サトノダイヤモンドは徐々に時計を短縮させ前走が70.5秒で
スワーヴリチャードと酷似しているのでチャンスはあるでしょう。

ただ、スワーヴリチャードに大きなマイナス点があり
それは12頭以上のレースで勝っていないことです。


近5年の3着内15頭中で14頭が12頭以上で勝っているのです。
例外はゴールドシップで皐月賞前まで11頭が最多の頭数だったが
16頭のラジオNIKKEI杯で2着に来ている実績がありました。

12頭立てしか勝っていなかったマカヒキ、リアルスティールが
2着に来ているがスワーヴリチャードはその2頭より能力は劣るので
11頭立てしか勝っていないことは大きなマイナスなのです。

状態は良さそうなので切り捨てることはできないが
多頭数で勝っていないことが大きなマイナスなので
スワーヴリチャードに厚い印を打つことはできません。

★ファンディーナ 評価 B
坂路 54.5 39.5 26.2 13.1 馬ナリ

未勝利のインヘリットデールとの併せ馬でした。
馬場が悪かったのでバランスを崩すことがなく
力強い脚さばきで先着したが終い1Fが最速でなく
加速できなかったのでB評価にしました。

前走終了後は5日後の3月25日から乗り込みを開始して
当週を含めて4本時計を出しています。
中3週で4本なので攻めの量は足りています。
先週は坂路で併せ馬で強めで終いが最速の時計を出したが
当週は馬ナリだったので2Fのラップが13.1秒、13.1秒で
加速できず今まで加速できなかったことはないので
攻めの質はイマイチです。

昨日のレース展望の中に掲載したがファンディーナは
先行押し切りの脚質なのに合算時計が遅いことがマイナスです。


近3走の自身の前半3F、後半3Fの合算時計
71.6秒 71.5秒 71.1秒 平均71.4秒

近年で先行脚質で3着内だった馬は全て近3走で69秒台、
70秒台を出していたがファンディーナの最速は71.5秒なので
現状ではスピードが不足しているのです。

ただ、プラス材料もありそれはJRAが発表している
プレレーティングでファンディーナは109と高いのです。

2007年に牝馬のウオッカがダービーを勝ったが
その時のプレレーティングが108だったのです。

その2007年は皐月賞でヴィクトリーが7人気で勝ち
菊花賞はアサクサキングスが勝つくらい今年と同様で
牡馬のレベルが低かったので109のレーティングがある
ファンディーナでも十分勝ち負けできるのです。

今年は牡馬が低調なのでチャンスはあるが
現状ではスピードが不足していてギアを二段くらい上げないと
勝ち負けできないので全幅の信頼を置くことはできません。


◆皐月賞の危険馬

評価 C
右のバナークリックから飛んでご覧下さい 

前走終了後は放牧に出され年明けは弥生賞のプランだったが
胃潰瘍を病んでしまい2月上旬に皐月賞の直行が発表され
3月14日に美浦に帰厩しました。
翌日の15日から乗り込みを開始して
先週まで8本時計を出しています。
コース、坂路併用で8本なので攻めの量は普通だが
負荷をかけての併せ馬をやり始めたのは2週前で
コースで3F38秒台を出したのは先週の1本しかないので
攻めの質はイマイチで状態面に問題がありそうです。

この馬の大きなマイナス点は自身の合算時計の遅さです。

近3走の自身の前半3F、後半3Fの合算時計
72.8秒 72.3秒 72.7秒 平均72.6秒

ご覧の通りですべて72秒台で平均が72.6秒でかなり遅いのです。

近4年の3着内12頭中で近3走がすべて72秒以上だったのは
エピファネイアだけで平均は73.1秒でした。


エピファネイアは自分から動ける機動力、自在性があったが
この馬は後方からのマクリなのでエピファネイアとは脚質が真逆です。

合算時計の平均が遅いエピファネイアが来ているので
絶対にないと言えないが休養明けで大きく時計を詰めるのは至難なので
厚い印は絶対に打てません。

十八番の福島、波乱必至の皐月賞で高配当を獲りたい方は下記から申し込みをして下さい。
申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします 
返信は info@ooana.sub.jp からになるので携帯からの方は
ooana.sub.jp のドメインを受信できるよう設定して下さい。


◆穴予想で重要している5項目

1.調教分析 2.上がり3F分析 3.前後半3Fの合算時計

4.トラックバイアス 5.騎手データ

最重要項目は調教分析です。

人気薄が穴を空ける要因は様々ありますが

状態が良くなければ激走できないというのが当会の考えです。

2つ目は上がり3F分析です。

近走の成績は悪いが速い上がりを使い見せ場を作っている馬や

速い上がりが使えるのに最近は状態が悪かったので使えなかった馬などを狙います。

3つ目は前後半3Fの合算ラップです。

近代の競馬は馬場が改良され走破時計が年々速くなり

スピードがなければ勝ち負けになりません。

テン、中、終いの3拍子が揃っていないと勝負にならないので

自身の前半3F通過ラップ、上り3Fの通過ラップを合算した時計を重視しています。

例えば自身の前半3Fが36.0秒、上り3Fが34.5秒だと合算が70.5秒になり

この時計が出走するレースで勝ち負けできるタイムなのかを検証するのです。


4つ目はトラックバイアス、5つ目は騎手データですが

主力は調教分析、上り3F分析、前後半3Fの合算時計の3つになります。
スポンサーサイト