NINJA TOOLS
2017年06月14日 - 調教、ラップ、上り3Fからの高配当狙い
FC2ブログ
 INDEX    RSS    ADMIN

函館スプリントステークスの調教診断、危険馬、人気馬のマイナス点

先週は3連複89820円を含め万馬券2本で高配当を3本的中

毎年、夏競馬で高配当を大量に的中させているので
今週からの函館開催は大いに期待して下さい


去年の10月から確変モードが継続中で
1月~6月は特大万馬券を13本含めて高配当を34本的中

06月【大穴狙い】3連複89820円を含め高配当を4本的中
05月【大穴狙い】万馬券を2本含めて高配当を4本的中
04月【大穴狙い】大阪杯の的中を含めて高配当を6本的中
03月【大穴狙い】万馬券4本を含めて高配当を9本的中
02月【大穴狙い】3連複32430円を含め高配当を3本的中
01月【大穴狙い】愛知杯、フェアリーSを含め高配当8本的中
12月【大穴狙い】朝日杯の42820円の大本線を含め高配当7本的中
11月【大穴狙い】3連複101640円の大本線を含め高配当5本的中
10月【大穴狙い】万馬券7本を含めて高配当を8本的中

去年10月~6月で3連複101640円の大本線の的中を含めて
高配当を54本的中で万馬券の的中本数は26本


十八番の函館、函館スプリントステークス、ユニコーンステークスで
高配当を獲りたい方は下記から申し込みをして下さい。

申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします

◆直近の高配当的中

6/11 東京11R エプソムカップ
◎ダッシングブレイズ(5人気) 3連複6890円

6/10 東京11R アハルテケステークス
◎メイショウウタゲ(8人気) 3連複89820円

6/10 阪神9R 生田特別
◎ヴァーサトル(9人気) 3連複10470円

6/4  東京10R
◎タケデンタイガー(10人気) 3連複5070円

5/27 東京8R
◎ウインクレド(6人気) 3連複5130円

5/21 新潟11R
◎レッドラウダ(5人気) 3連複11910円

5/7  新潟9R
◎ハイレベルバイオ(9人気) 3連複11430円

5/6  新潟9R
メイショウフェイク(5人気) 馬単3270円 馬単5点で的中

4/23 福島12R 川俣特別
◎サトノオニキス(6人気) 3連複3480円

4/23 福島11R 福島中央テレビ杯
◎キョウワゼノビア(5人気) 3連複23050円


◆当会の基本

15年以上も穴党の某予想家が最も予想で重視しているファクターが調教分析で

調教以外にも同じく重視しているラップ、上り3Fの分析を加えて

人気馬のマイナス点を見つけ出し人気薄を◎にして高配当、万馬券を狙い撃ちします。

当会の買い方は コチラへ 基本ベースは コチラへ

十八番の函館、函館スプリントステークス、ユニコーンステークスで
高配当を獲りたい方は下記から申し込みをして下さい。

申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします 
返信は info@ooana.sub.jp からになるので携帯からの方は
ooana.sub.jp のドメインを受信できるよう設定して下さい。


◆函館スプリントステークスの有力馬の調教診断、人気馬のマイナス点

A、B、Cの順で評価しています。

★シュウジ 評価 B
函芝 62.2 47.2 34.8 11.5 一杯

500万クラスのヴィーナスフローラと
未勝利のショウナンサニーと3頭での併せ馬でした。
相手が格下なので先着するのは当たり前で
終い11.5秒が出ているが去年の当週は馬ナリで
11.4秒を出していたのでB評価にしました。

前走終了後は放牧に出され5月5日に栗東に帰厩しました。
翌日の6日から乗り込みを開始して
坂路で11本時計を出してから函館に入り
当週に函館で1本やり合計で12本時計を出しています。
栗東で負荷をかけての併せ馬は1本だけだが
坂路で2F23秒台の速い時計を2本だし
当週は芝トラックだったが3頭で併せ馬をやり
負荷をかけてやっているので攻めの質は良いです。

去年の函館スプリントの自身の前半3Fは33.8秒で
上り3Fは34.0秒で2着だったがそのレース以降はサッパリで
前半3Fが速いと末脚が鈍り失速しているのです。


シュウジの近5走の自身の前半3Fと着順

高松宮記念   33.8秒 15着
阪急杯     34.3秒 8着
阪神カップ   35.7秒 1着
スプリンターズ 33.6秒 4着
キーンランドC 34.1秒 2着

ご覧の通りで結果が出ているのは阪神カップの35.7秒と
キーンランドCの34.1秒で前半3Fが遅い時なのです。

この成績を見る限り去年のキーンランドカップ以降は
成長が全くなく現状ではスピードが不足しているのです。

近5年で強い4歳ということしかプラス材料がなく
マイナス点が多いのでシュウジに厚い印は打てません。

★ジューヌエコール 評価 B
函芝 67.6 50.1 36.5 11.8 馬ナリ

未勝利のトウカイレーヌとの併せ馬でした。
躍動感がある脚さばきで終いが11.8秒だったが
時計がイマイチで負荷がかかっていないのでB評価にしました。

前走終了後は放牧に出され5月23日に栗東に帰厩しました。
翌日の24日から乗り込みを開始して
坂路で3本時計を出してから函館に入り
当週を含めて函館で2本やり合計で5本時計を出しています。
2週前、当週に併せ馬をやっているが2本とも馬ナリで
負荷をかけての一杯、強めがないので攻めの質はイマイチです。

ジューヌエコールのマイナス点はシュウジと同様でスピード不足です。

過去に6戦しているが自身の前半3Fは35.8秒、34.0秒、
35.5秒、36.3秒、36.3秒、35.9秒で遅いのです。


34.0秒はフィリーズレビューの時だ上り3Fが35.8秒で
レース上り35.5秒より0.3秒も遅く
テンから飛ばして行くと末脚が鈍ってしまうのです。

1400mのデイリー杯2歳ステークス、ききょうステークスを
連勝しているが2走とも前半3Fは36.3秒でかなり遅い時計です。

去年の1着ソルヴェイグはレース前まで自身の前半3F35.3秒、
35.2秒、35.1秒を出していて50kの軽い斤量だったので
前半3Fの時計を詰めることができたのです。

ジューヌエコールも50kで出走できるが好走時の自身の前半3Fが
36.3秒で現状だと時計を3秒ほど詰める必要があるので
ジューヌエコールに厚い印を打つことはできません。

★セイウンコウセイ 評価 A
函W 66.3 51.4 38.0 12.3 強め

トビが大きい脚さばきでゴール前は抑えたので12.3秒だったが
手応えは残っていたのでA評価にしました。

前走終了後は放牧に出され5月13日に美浦に帰厩しました。
7日後の20日から乗り込みを開始して
美浦で3本時計を出してから函館に入り
当週に函館で1本やり合計で4本時計を出しています。
攻めの量は多くないが2週、先週にコースで速い時計を出し
当週も単走だったが終いが最速の時計を強めで出したので
攻めの質は良く走れる状態に仕上がっています。

セイウンコウセイのマイナス点は昨日のレース展望の中に
掲載したので省略させてもらいます。


このレースで強い4歳で伸びシロがあり56kで出走できるので
時計を詰める可能性があるが現状だとスピードが不足しているので
セイウンコウセイに全幅の信頼を置くことはできません。


◆函館スプリントステークスの危険馬

評価 C
右のバナークリックから飛んでご覧下さい 

前走終了後は放牧に出され5月19日に栗東に帰厩しました。
5日後の24日から乗り込みを開始して
坂路で4本時計を出してから函館に入っています。
当週の攻めは明日なので先週まで4本やっているが
坂路で2F24秒台の時計を出していないので
攻めの質はイマイチです。

去年のキーンランドCを勝ったが自身の前半3Fは34.5秒、
スプリンターズSは34.0秒、シルクロードSは34.4秒と
近3走で33秒台がなくスピードが不足しています。

このレースに強い4歳だが現状はスピード不足で
状態もイマイチなので厚い印は絶対に打てません。


十八番の函館、函館スプリントステークス、ユニコーンステークスで
高配当を獲りたい方は下記から申し込みをして下さい。

申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします 
返信は info@ooana.sub.jp からになるので携帯からの方は
ooana.sub.jp のドメインを受信できるよう設定して下さい。


◆穴予想で重要している5項目

1.調教分析 2.上がり3F分析 3.前後半3Fの合算時計

4.トラックバイアス 5.騎手データ

最重要項目は調教分析です。

人気薄が穴を空ける要因は様々ありますが

状態が良くなければ激走できないというのが当会の考えです。

2つ目は上がり3F分析です。

近走の成績は悪いが速い上がりを使い見せ場を作っている馬や

速い上がりが使えるのに最近は状態が悪かったので使えなかった馬などを狙います。

3つ目は前後半3Fの合算ラップです。

近代の競馬は馬場が改良され走破時計が年々速くなり

スピードがなければ勝ち負けになりません。

テン、中、終いの3拍子が揃っていないと勝負にならないので

自身の前半3F通過ラップ、上り3Fの通過ラップを合算した時計を重視しています。

例えば自身の前半3Fが36.0秒、上り3Fが34.5秒だと合算が70.5秒になり

この時計が出走するレースで勝ち負けできるタイムなのかを検証するのです。


4つ目はトラックバイアス、5つ目は騎手データですが

主力は調教分析、上り3F分析、前後半3Fの合算時計の3つになります。
スポンサーサイト