NINJA TOOLS
2017年09月13日 - 調教、ラップ、上り3Fからの高配当狙い
FC2ブログ
 INDEX    RSS    ADMIN

ローズステークスの調教診断、危険馬、人気馬のマイナス点

今週の3日連続の開催は全て配信します。
9月18日は回数消化無しで無料配信デーになります。

秋競馬も確変モードが継続で初日から3連複41410円、
京成杯AHの13920円を含め高配当を3本的中


前日にランキングに公開した自信の◎だった
12人気◎クィーンビーが激走で3連複41410円を本線で的中

6月~9月は3連複89820円、65440円、
39920円、41410円、28050円、27630円など
特大万馬券の的中本数は16本で高配当の的中は26本

6月から【大穴狙い】の買い目を均等金額買い
1点300円購入 純利益+323970円
1点500円購入 純利益+539950円

6月から◎を3連単1頭マルチ均等買い
1点100円購入 純利益+498310円

1月~9月は特大万馬券を27本含めて高配当を56本的中

09月【大穴狙い】特大万馬券3本を含め高配当を4本的中
08月【大穴狙い】特大万馬券3本を含め高配当を5本的中
07月【大穴狙い】万馬券7本含めて高配当を11本的中
06月【大穴狙い】3連複89820円を含め高配当を6本的中
05月【大穴狙い】万馬券を2本含めて高配当を4本的中
04月【大穴狙い】大阪杯の的中を含めて高配当を6本的中
03月【大穴狙い】万馬券4本を含めて高配当を9本的中
02月【大穴狙い】3連複32430円を含め高配当を3本的中
01月【大穴狙い】愛知杯、フェアリーSを含め高配当8本的中

去年10月~9月で3連複101640円の大本線の的中を含めて
高配当を76本的中で万馬券の的中本数は40本


高配当が狙えるローズステークス、セントライト記念で
高配当を獲りたい方は下記から申し込みをして下さい。

申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします


◆直近の高配当的中

9/10 中山11R 京成杯オータムハンデ
◎ガリバルディ(11人気) 3連複13920円

9/10 中山8R
◎クィーンビー(12人気) 3連複41410円
クィーンビーは前日にランキングに掲載した自信の◎

9/9  中山10R 鋸山特別
◎パルトネルラーフ(7人気) 3連複8790円

9/3  札幌11R 丹頂ステークス
◎バロンドゥフォール(9人気) 3連複11200円

8/13 新潟12R
◎トワイライトライフ(4人気) 3連複9510円

8/13 小倉12R
◎ショウナンナナイロ(7人気) 3連複11840円

8/6  札幌9R
◎コスモピクシス(9人気) 3連複27630円
馬単2着流しのピッツィカートが3着で穴馬が1着、3着

8/5  新潟12R
◎レッドマジュール(6人気) 3連複28050円
馬単2着流しのディリジェンテが1着で穴馬のワンツー決着

8/5  札幌10R 十勝岳特別
ゴッドカリビアン(11人気) 馬単7840円 馬単5点

2002年の開設から偽りの成績を掲載した場合は全額返金しています。
買い目にないのに的中というような不正行為は当会は一切していません。
全て真実なので競馬最強の法則の取材を受けて8回も雑誌に掲載されるのです。



◆当会の基本

15年以上も穴党の某予想家が最も予想で重視しているファクターが調教分析で

調教以外にも同じく重視しているラップ、上り3Fの分析を加えて

人気馬のマイナス点を見つけ出し人気薄を◎にして高配当、万馬券を狙い撃ちします。

当会の買い方は コチラへ 基本ベースは コチラへ

高配当が狙えるローズステークス、セントライト記念で
高配当を獲りたい方は下記から申し込みをして下さい。

申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします 
返信は info@ooana.sub.jp からになるので携帯からの方は
ooana.sub.jp のドメインを受信できるよう設定して下さい。


◆ローズステークスの有力馬の調教診断、人気馬のマイナス点

★ファンディーナ 評価 B
坂路 55.0 40.0 25.8 12.4 馬ナリ

未勝利のタイセイレガシーとの併せ馬でした。
トビが大きい脚さばきで終い最速のラップがでたが
4F、3Fの時計が遅いのでB評価にしました。

前走終了後は放牧に出され8月23日に栗東に帰厩しました。
翌日の24日から乗り込みを開始して
当週を含めて5本時計を出しています。

攻めの量は普通で4週続けて坂路で併せ馬をやっているが
併せ馬で強めでやったのは8月30日の1本しかなく
負荷をかけての本数が少なく先週、当週の時計が遅いので
攻めの質はイマイチで次走を見据えた緩い仕上げになっています。

アドマイヤミヤビが屈腱炎を発症して回避することになったので
ファンディーナが1人気になるが大きなマイナス点があり
それは昨日のレース展望に掲載したが1人気で近3走の自身の
上り3Fの順位が【8、1、1】で前走が8位だったことです。

その8位が牡馬相手の皐月賞だったことを考慮しても
他にマイナス点がありそれはスローペース巧者だということです。


牡馬相手の皐月賞は省くがフラワーカップの前半4Fは49.9秒、
つばき賞は4F51.2秒、新馬戦は4F48.8秒で遅いのです。

近5年のローズステークスのレースの前半4Fは47.4秒、
46.7秒、47.3秒、46.3秒、49.0秒です。

2012年の前半4Fが49.0秒で遅かったが
その年はジェンティルドンナ、ヴィルシーナの2強がいて
少頭数の10頭立ての特殊な展開で参考外です。

他の4年は46.3秒~47.4秒でそこそこ速い流れで
皐月賞は牡馬相手だが前半4Fは46.8秒の厳しいラップで
追走するのが精一杯で4角手前で手応えがありませんでした。


皐月賞の厳しい流れを経験したことは財産になっているが
厳しいラップで結果を出したことがなく状態がイマイチな
ファンディーナに全幅の信頼を置くことはできません。

★モズカッチャン 評価 B
坂路 53.4 39.4 25.8 12.7 馬ナリ

春先は馬体に実が入っていなかったので坂路で真っすぐ走れず
フラついていたが今日は真っすぐ走り馬ナリで終い最速ラップが
出たので時計はたいしたことないがB評価にしました。

前走終了後は放牧に出され8月10日に栗東に帰厩しました。
翌日の11日から乗り込みを開始して
当週を含めて9本時計を出しています。

1ヶ月以上も前に帰厩して9本なので攻めの量は足りています。
坂路で4F53秒台は当週の1本、4F54秒台は2本しかなく
負荷をかけての速い時計が少ないが追い切りのフォームが良くなり
パワーアップしているのは確実です。

モズカッチャンの近3走の上りの順位は【2、1、4】で
近2走とも3位以内なのでチャンスは十分あるが
2走とも最内をピッタリ走れる恩恵があったので
オークスの2位、フローラステークスの1位の順位を
そのまま鵜呑みにするのは危険です。

モズカッチャンのマイナス点は阪神のコース実績がないことです。

近5年の3着内の15頭中で阪神が初めてのタガノエトワール、
ラスヴェンチュラスを除く13頭中で10頭に阪神コースで
連対実績がありました。

例外はクロコスミア、シャトーブランシュ、ウリウリの3頭だが
クロコスミアはチューリップ賞で7着だが1着との差は0.4秒で
接戦の競馬をしていたのでシャトーブランシュ、ウリウリだけが
阪神で良い結果が出していないのです。

シャトーブランシュ、ウリウリの2頭が来たのは2013年だが
その年はオークスを勝ったメイショウマンボが4人気なるくらいの
大混戦でレベルが高くなかったのです。

アドマイヤミヤビが追い切り後に屈腱炎を発症して離脱したが
今年は2013年より出走馬のレベルは高いのでモズカッチャンの
阪神コースの実績がないことはマイナスなのです。

春より力強さが増しパワーアップしているが
阪神コース実績がないことが大きなマイナスなので
モズカッチャンに厚い印を打つことはできません。

★レーヌミノル 評価 A
CW 83.2 66.2 50.8 37.3 12.3 強め

500万クラスのメイショウヴォルガ、ロバストミノルとの
3頭での併せ馬でした。
いつもコースで動く馬だが併せ馬を大外から馬ナリで交わして
終い最速ラップが出たのでA評価にしました。

前走終了後は放牧に出され8月10日に函館に入厩して
函館で1本時計を出してから栗東に帰厩して
当週を含めて栗東で4本やり合計で5本時計を出しています。

攻めの量は普通だが先々週、先週にコースで併せ馬一杯で
負荷をかけてやっていて当週はコースで3頭の併せ馬で
強めで終い最速ラップを出したので攻めの質は良く状態は良さそうです。

レーヌミノルのマイナス点は速い上りが使えないことです。

近3走の自身の上り3Fの順位は【11.4.2】で
メンバー最速がなく特にオークスの11位が致命的です。

近5年の3着内の15頭中で近3走の自身の上り3Fの順位で
二桁があるのは去年の2着のクロコスミアしかいません。

それに1800m以上で1着がないことも大きなマイナスです。

近5年の3着内の15頭中で14頭は1800m以上で勝っていて
例外の1頭はウリウリだが1800mで2着がありました。

1800m以上で連対しているに条件を変更すると
近5年の3着内の15頭はすべて該当するので
連対がないレーヌミノルはデータ上だと危険なのです。

状態が良さそうで阪神の3着内率が100%だけがプラスで
マイナス点が多いのでレーヌミノルに厚い印は打てません。


◆ローズステークスの危険馬

評価 C
右のバナークリックから飛んでご覧下さい 

前走終了後は放牧に出され8月29日に栗東に帰厩しました。
翌日の30日から乗り込みを開始して
当週を含めて4本時計を出しています。

いつも攻めの量は多くないが4ヶ月の休養明けなのに
4本だけなので攻めの量は少なく先週、当週は坂路で
併せ馬をやっているが2Fの24秒台は先週の1本しかなく
負荷をかけての時計がないので状態面に問題があり
明らかに仕上がり途上です。


高配当が狙えるローズステークス、セントライト記念で
高配当を獲りたい方は下記から申し込みをして下さい。

申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします 
返信は info@ooana.sub.jp からになるので携帯からの方は
ooana.sub.jp のドメインを受信できるよう設定して下さい。


◆穴予想で重要している5項目

1.調教分析 2.上がり3F分析 3.前後半3Fの合算時計

4.トラックバイアス 5.騎手データ

最重要項目は調教分析です。

人気薄が穴を空ける要因は様々ありますが

状態が良くなければ激走できないというのが当会の考えです。

2つ目は上がり3F分析です。

近走の成績は悪いが速い上がりを使い見せ場を作っている馬や

速い上がりが使えるのに最近は状態が悪かったので使えなかった馬などを狙います。

3つ目は前後半3Fの合算ラップです。

近代の競馬は馬場が改良され走破時計が年々速くなり

スピードがなければ勝ち負けになりません。

テン、中、終いの3拍子が揃っていないと勝負にならないので

自身の前半3F通過ラップ、上り3Fの通過ラップを合算した時計を重視しています。

例えば自身の前半3Fが36.0秒、上り3Fが34.5秒だと合算が70.5秒になり

この時計が出走するレースで勝ち負けできるタイムなのかを検証するのです。


4つ目はトラックバイアス、5つ目は騎手データですが

主力は調教分析、上り3F分析、前後半3Fの合算時計の3つになります。
スポンサーサイト