NINJA TOOLS
2018年03月07日 - 調教、ラップ、上り3Fからの高配当狙い
FC2ブログ
 INDEX    RSS    ADMIN

フィリーズレビューの調教診断、危険馬、人気馬のマイナス点

オーシャンステークスは10人気◎キングハートが激走して1着

近3週は人気薄◎が激走して3連複19760円、18710円、
18630円、13740円など万馬券5本含めて高配当を7本的中


高配当、万馬券狙いの【大穴狙い】だけじゃなく
買い目2点~5点の本命狙いの【本命狙い】も絶好調
今年の成績52戦25勝 回収率108.0%

買い目2点~5点の少点数で勝ちたい方は【本命狙い】へどうぞ
買い目に資金配分付きなのでそのまま購入するだけです

万馬券は人気馬を軸◎にして人気薄を何頭も紐に入れる
事故狙いではなく人気薄を軸◎にして獲るものです


◎が来て相手抜け、買い方ミス、僅差負けがあってもこの成績です

2017年11月~3月は特大万馬券を16本含めて高配当を32本的中

2017年11月~2018年3月の【大穴狙い】を均等買い
1点300円で純利益+141630円
1点500円で純利益+236050円
◎の3連単1頭マルチで1点100円で+536330円

03月【大穴狙い】万馬券2本含めて高配当を3本的中
02月【大穴狙い】万馬券3本含めて高配当を7本的中
01月【大穴狙い】万馬券3本含めて高配当を7本的中
12月【大穴狙い】特大万馬券5本含めて高配当を6本的中
11月【大穴狙い】3連複90740円を含め高配当を9本的中

2017年6月~3月は3連複90740円、89820円、
65440円、57000円、56910円、43400円など
特大万馬券の的中本数は38本で高配当の的中は71本


2017年6月から2018年3月まで【大穴狙い】を均等金額買い
1点300円購入 純利益+406650円
1点500円購入 純利益+677750円

2017年6月から2018年3月まで◎を3連単1頭マルチ均等買い
1点100円購入 純利益+907420円

近年のJRA3連複の平均配当は23000円前後だが
これは超特大万馬券が平均値を上げているだけで
中央値の配当は5500円前後なのです
中央値って何だと思っている方は検索して下さい

ちなみに当会の去年の的中時の平均配当は16178円です
この数字の高さの意味が分からない方は勝つのは難しいでしょう

2017年は万馬券を41本含めて高配当を84本的中

2017年【大穴狙い】的中総本数84本
馬単、3連複万馬券的中本数 41本
万馬券未満の的中本数 43本
84本の的中時の平均配当 16178円

十八番の中京、中山牝馬S、フィリーズレビューで
高配当を獲りたい方は下記から申し込みをして下さい。

申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします

入会希望の方は事前に必ず読んで下さい。
当会の買い方は コチラへ 基本ベースは コチラへ


◆直近の高配当的中

3/4   阪神12R
コンクエストシチー(8人気) 馬単6130円 馬単5点

3/4   小倉11R 大宰府特別
◎エマノン(4人気) 3連複10020円
馬単2着流し6人気ダンツペンダントが1着で大本線で的中

3/3   中山11R オーシャンステークス
◎キングハート(10人気) 3連複13740円

2/25  小倉7R
◎レレオーネ(8人気) 3連複7720円

2/18  小倉12R 紫川特別
◎メイショウカリン(5人気) 3連複18710円
メイショウカリンは前日にランキングに掲載しました

2/17  東京12R
◎ワイナムダル(8人気) 3連複19760円

2/17  小倉12R 大牟田特別
◎ピナクルズ(8人気) 3連複18630円

2/13  小倉10R 壇之浦特別
アドマイヤメテオ(10人気) 馬単9170円 馬単5点

2/12  東京12R 
◎パイロキネシスト(6人気) 3連複4250円

2/11  京都9R 宇治川特別 
◎グロワールシチー(8人気) 3連複4820円
グロワールシチーは前日にランキングに掲載しました

2002年の開設から偽りの成績を掲載した場合は全額返金しています。
買い目にないのに的中というような不正行為は当会は一切していません。
全て真実なので競馬最強の法則の取材を受けて8回も雑誌に掲載されるのです。



◆当会の基本

15年以上も穴党の某予想家が最も予想で重視しているファクターが調教分析で

調教以外にも同じく重視しているラップ、上り3Fの分析を加えて

人気馬のマイナス点を見つけ出し人気薄を◎にして高配当、万馬券を狙い撃ちします。

当会の買い方は コチラへ 基本ベースは コチラへ

十八番の中京、中山牝馬S、フィリーズレビューで
高配当を獲りたい方は下記から申し込みをして下さい。

申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします 
返信は info@ooana.sub.jp からになるので携帯からの方は
ooana.sub.jp のドメインを受信できるよう設定して下さい。


◆フィリーズレビューの有力馬の調教診断、人気馬のマイナス点

★アンコールプリュ 評価 A
CW 52.6 37.8 11.9 強め

未勝利アドマイヤセレブとの併せ馬でした。
相手が未勝利なので先着するのは当然だが3Fが37.8秒で
終い最速の11.9秒が強めででたのでA評価にしました。

前走終了後は放牧に出され2月1日に栗東に帰厩しました。
翌日の2日から乗り込みを開始して
当週を含めて8本時計を出しています。

コース、坂路併用で8本なので攻めの量は足りていて
先週にコースで3頭の併せ馬をやり遅れてしまったが
5Fの自己最速を出して当週もコースで4Fからだったが
余力残しで終い最速を出したので攻めの質も良く
仕上がり具合は良好です。

新馬戦、つわぶき賞を連勝してまだ底を見せていないが
2戦のレースの内容、ラップはたいしたことがありません。


新馬戦の勝ち時計は1分35秒9だったが
前日の2歳の未勝利戦が1分34秒2でした。

新馬戦の前半4Fは47.9秒で前日の未勝利戦が47.6秒で
0.3秒しか遅くなかったのに全体時計は1.7秒も遅いのです。

未勝利戦の勝ち馬がクラシック級のエアアルマスだが
2着のロードダヴィンチの時計が1分34秒9だったので
アンコールプリュの1分35秒9はかなり遅いのです。

つわぶき賞のレース上りは34.4秒で0.9秒も速い
メンバー最速の33.5秒で突き抜けたことは高評価できるが
1400m戦なのに前半3Fが遅く35.7秒のスローペースで
直線が長い中京だったから突き抜けることができたのです。

近5年のフィリーズレビューのレースの前半3Fは
33.5秒、35.0秒、34.7秒、34.6秒、34.9秒で
レースの前半3Fの平均34.54秒です。

アンコールプリュの自身の前半3Fは35.7秒、37.1秒なので
現状だとスピード不足で1秒以上はラップを上げて追走しないと
勝ち負けに加わることができないのです。


新馬戦が阪神でそのレースでは先行していたので
左回りより右回りの方が合いそうで状態も良さそうなので
切り捨てることはできないが大きなマイナス点があるので
アンコールプリュに厚い印は打てません。

★コーディエライト 評価 B
坂路 53.3 38.6 25.0 12.6 一杯

終い最速ラップが出せなかったが坂路で動かない馬が
0.2秒の減速しかしないで終い12.6秒を出したので
B評価にしました。

前走終了後は放牧に出され2月15日に栗東に帰厩しました。
翌日の16日から乗り込みを開始して
当週を含めて6本時計を出しています。

6本すべて坂路で単走だが先週に負荷をかけて一杯でやって
4Fの自己ベストを出していつも坂路で動かないのに
2週続けて3F38秒台、2F25秒台を出しているので
攻めの質も良く状態は良さそうです。

コーディエライトは逃げると粘って結果を出しているので
スピードがありそうだが実際はたいしたことないのです。

コーディライトの近5走の自身の前半3Fのラップは
35.4秒、36.3秒、36.6秒、35.6秒、35.9秒で
平均は35.96秒です。


自身の前半3Fの最速は前走の阪神ジュベナイルフィリーズの
35.4秒だが終いは失速して13着に大敗しました。

近5年のレースの前半3Fの平均は34.54秒で
3着内の15頭の自身の前半3Fの平均は35.23秒なので
コーディライトは現状でスピード不足でもう少し前半のラップを
上げて先行しないと勝ち負けできないのです。

重賞で2着が2回あるので切り捨てることはできないが
コーディエライトはもう一段ラップを上げる必要があるので
全幅の信頼を置くことはできません。

★モルトアレグロ 評価 B
南W 52.7 38.3 12.5 馬ナリ

500万クラスのロジャージーニアスとの併せ馬でした。
ロジャージーニアスに乗っていた見習騎手が4角で外に
大きく膨らんでしまったので併せ馬にならず直線の入口から
単走になったが終い最速が馬ナリで出たのでA評価にしました。

前走終了後は短期の放牧に出され2月14日に美浦に帰厩しました。
翌日の15日から乗り込みを開始して
当週を含めて7本時計を出しています。

コース、坂路併用で7本なので攻めの量は足りていて
当週は併せ馬にならず単走のような形になる誤算があったが
速い時計が馬ナリででたので攻めの質も良いです。

紅梅ステークスを勝ったがレースの内容、ラップはイマイチです。

今年の紅梅ステークスの前半3F35.2秒は普通だが
上り3F35.1秒で速い上りがでず勝ち時計が1分22秒7で
時計も遅かったのです。


去年の紅梅ステークスの前半3Fは34.3秒のハイペースで
終いがバタバタになり上り3Fが36.4秒もかかったのに
勝ち時計は1分22秒4で今年より0.3秒も速かったのです。

2016年は前半3F34.9秒、上り3F35.1秒で
勝ち時計は1分21秒5でバランスの良いラップで時計も速く
1着はシンハライトだが故障がなければ名牝になっていたでしょう。

2015年は前半3F35.4秒、上り3F34.4秒で
勝ち時計は1分21秒9で勝ったのはコンテッサトゥーレだが
桜花賞で3着に来ました。

2015年、16年のように上り3Fが速いか
勝ち時計が1分21秒台ならば勝ち馬に明るい未来があるが
今年は低レベルだった去年よりも勝ち時計が遅い1分22秒7で
ラップ、上りもイマイチなのでモルトアレグロに厚い印は打てません。


◆フィリーズレビューの危険馬

評価 C
右のバナークリックから飛んでご覧下さい 

前走終了後は放牧に出され2月14日に栗東に帰厩しました。
翌日の15日から乗り込みを開始して
当週を含めて4本時計を出しています。

コース、坂路併用でやっているが4本なので攻めの量が少なく
先週はコース、当週は坂路で併せ馬をやっているが
時計が遅いので次走を見据えた仕上がり途上の状態です。

OP勝ちがあり重賞で3着もあり3着内率は100%だが
ファンタジーステークス、中京2歳ステークスのレース内容、
ラップがイマイチです。

ファンタジーステークスのレースの前半3Fは36.3秒で
自身の前半3Fは37.1秒で中京2歳ステークスの
前半3Fは35.8秒で自身の前半3Fは36.7秒でした。

近5年のレースの前半3Fの平均は34.54秒で
3着内の15頭の自身の前半3Fの平均は35.23秒なので
現状でスピード不足でラップをかなり上げる必要があるのです。

休養している間に成長している可能性があるが攻めの量が少なく
伸びシロは小さいと判断しているので厚い印は絶対に打てません。

十八番の中京、中山牝馬S、フィリーズレビューで
高配当を獲りたい方は下記から申し込みをして下さい。

申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします 
返信は info@ooana.sub.jp からになるので携帯からの方は
ooana.sub.jp のドメインを受信できるよう設定して下さい。

入会希望の方は事前に必ず読んで下さい。
当会の買い方は コチラへ 基本ベースは コチラへ


◆穴予想で重要している5項目

1.調教分析 2.上がり3F分析 3.前後半3Fの合算時計

4.トラックバイアス 5.騎手データ

最重要項目は調教分析です。

人気薄が穴を空ける要因は様々ありますが

状態が良くなければ激走できないというのが当会の考えです。

2つ目は上がり3F分析です。

近走の成績は悪いが速い上がりを使い見せ場を作っている馬や

速い上がりが使えるのに最近は状態が悪かったので使えなかった馬などを狙います。

3つ目は前後半3Fの合算ラップです。

近代の競馬は馬場が改良され走破時計が年々速くなり

スピードがなければ勝ち負けになりません。

テン、中、終いの3拍子が揃っていないと勝負にならないので

自身の前半3F通過ラップ、上り3Fの通過ラップを合算した時計を重視しています。

例えば自身の前半3Fが36.0秒、上り3Fが34.5秒だと合算が70.5秒になり

この時計が出走するレースで勝ち負けできるタイムなのかを検証するのです。


4つ目はトラックバイアス、5つ目は騎手データですが

主力は調教分析、上り3F分析、前後半3Fの合算時計の3つになります。
スポンサーサイト