NINJA TOOLS
2018年03月21日 - 調教、ラップ、上り3Fからの高配当狙い
FC2ブログ
 INDEX    RSS    ADMIN

高松宮記念の調教診断、危険馬、人気馬のマイナス点

オーシャンSで自信の◎だった10人気◎キングハートに続き
フィリーズレビューでも8人気◎リバティハイツが1着に激走

近5週は人気薄◎が激走してフィリーズレビュー、オーシャンSなど
3連複35980円、19760円、18710円、18630円の
特大万馬券6本含めて高配当を11本的中で確変モード中です

万馬券は人気馬を軸◎にして人気薄を何頭も紐に入れる
事故狙いではなく人気薄を軸◎にして獲るものです


◎が来て相手抜け、買い方ミス、僅差負けがあってもこの成績です

2017年11月~3月は特大万馬券を17本含めて高配当を36本的中

2017年11月~2018年3月の【大穴狙い】を均等買い
1点300円で純利益+139440円
1点500円で純利益+232400円
◎の3連単1頭マルチで1点100円で+476010円

03月【大穴狙い】万馬券3本含めて高配当を7本的中
02月【大穴狙い】万馬券3本含めて高配当を7本的中
01月【大穴狙い】万馬券3本含めて高配当を7本的中
12月【大穴狙い】特大万馬券5本含めて高配当を6本的中
11月【大穴狙い】3連複90740円を含め高配当を9本的中

2017年6月~3月は3連複90740円、89820円、
65440円、57000円、56910円、43400円など
特大万馬券の的中本数は39本で高配当の的中は75本


2017年6月から2018年3月まで【大穴狙い】を均等金額買い
1点300円購入 純利益+404460円
1点500円購入 純利益+674100円

2017年6月から2018年3月まで◎を3連単1頭マルチ均等買い
1点100円購入 純利益+847100円

近年のJRA3連複の平均配当は23000円前後だが
これは超特大万馬券が平均値を上げているだけで
中央値の配当は5500円前後なのです
中央値って何だと思っている方は検索して下さい

ちなみに当会の去年の的中時の平均配当は16178円です
この数字の高さの意味が分からない方は勝つのは難しいでしょう

2017年は万馬券を41本含めて高配当を84本的中

2017年【大穴狙い】的中総本数84本
馬単、3連複万馬券的中本数 41本
万馬券未満の的中本数 43本
84本の的中時の平均配当 16178円

十八番の中京、マーチステークス、高松宮記念で
高配当を獲りたい方は下記から申し込みをして下さい。

申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします

入会希望の方は事前に必ず読んで下さい。
当会の買い方は コチラへ 基本ベースは コチラへ


◆直近の高配当的中

3/18  中山8R
モクレレ(7人気) 馬単5000円 馬単5点

3/17  中京9R
◎ベストティアーズ(6人気) 3連複1950円

3/11  阪神11R フィリーズレビュー 
◎リバティハイツ(8人気) 3連複9140円

3/10  中山10R 房総特別 
◎ジュンザワールド(11人気) 3連複35980円

3/4   阪神12R
コンクエストシチー(8人気) 馬単6130円 馬単5点

3/4   小倉11R 大宰府特別
◎エマノン(4人気) 3連複10020円
馬単2着流し6人気ダンツペンダントが1着で大本線で的中

3/3   中山11R オーシャンステークス
◎キングハート(10人気) 3連複13740円

2/25  小倉7R
◎レレオーネ(8人気) 3連複7720円

2/18  小倉12R 紫川特別
◎メイショウカリン(5人気) 3連複18710円
メイショウカリンは前日にランキングに掲載しました

2/17  東京12R
◎ワイナムダル(8人気) 3連複19760円

2/17  小倉12R 大牟田特別
◎ピナクルズ(8人気) 3連複18630円

2002年の開設から偽りの成績を掲載した場合は全額返金しています。
買い目にないのに的中というような不正行為は当会は一切していません。
全て真実なので競馬最強の法則の取材を受けて8回も雑誌に掲載されるのです。



◆当会の基本

15年以上も穴党の某予想家が最も予想で重視しているファクターが調教分析で

調教以外にも同じく重視しているラップ、上り3Fの分析を加えて

人気馬のマイナス点を見つけ出し人気薄を◎にして高配当、万馬券を狙い撃ちします。

当会の買い方は コチラへ 基本ベースは コチラへ

十八番の中京、マーチステークス、高松宮記念で
高配当を獲りたい方は下記から申し込みをして下さい。

申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします 
返信は info@ooana.sub.jp からになるので携帯からの方は
ooana.sub.jp のドメインを受信できるよう設定して下さい。


◆高松宮記念の有力馬の調教診断、人気馬のマイナス点

調教のVTRがないので当週の動きの評価付けはしていません

★ファインニードル
坂路 54.3 39.5 25.7 12.8 馬ナリ

前走終了後は放牧に出され2月27日に栗東に帰厩しました。
翌日の28日から乗り込みを開始して
当週を含めて7本時計を出しています。

コース、坂路併用で7本なので攻めの量は足りていて
先週はコースで併せ馬一杯でやり自己ベストの時計を出して
当週は坂路で単走で馬ナリだったが終い最速が出たので
攻めの質は良く状態面に問題はありません。

ファインニードルの近走は1着、12着、1着、5着、1着で
ピンかパーのムラがある馬だが着外の12着は7枠13番で
5着は先行できず4角8番手だった時なので内枠に入って
好位に先行できればチャンスはあるでしょう。

ただ、マイナス点がありそれは左回り実績がないことです。

近5年の3着内の15頭中で外国馬のエアロヴェロシティを除く
14頭で左回りで3着内がなかったのは14年のコパノリチャード、
13年のハクサンムーンの2頭しかいないのです。


近年だとソルヴェイグが9着、エイシンブルズアイが5着、
スマートオリオンが7着、レディオブオペラが15着、
エピセアロームが14着と掲示板はエイシンブルズアイだけで
左回りで3着内がない人気馬は惨敗しているのです。

コパノリチャード、ハクサンムーンの例があるので絶対に無いと
言い切ることはできないが人気で飛んでいる馬の方が多いので
ファインニードルに全幅の信頼は置けません。

★レッツゴードンキ
坂路 53.2 38.3 25.3 12.8 強め

前走終了後は6日後の2月24日から乗り込みを開始して
当週を含めて11本時計を出しています。

中4週で11本もやっているので攻めの量は多く
負荷をかけての一杯は先週の1本しかないが
先週は坂路で単走で一杯で4F49.2秒の1番時計を出して
当週も坂路で単走で強めでやり減速して最速ラップが出なかったが
目一杯でなく不良馬場を考慮すると問題はないので攻めの質も良く
状態は良さそうです。

レッツゴードンキのマイナス点は速い上りが届かない
現在の中京の芝に合わないことです。

今週からBコースになるので当日の馬場状態が分からないが
今の中京の短距離は速い上りが届かないのです。


3月18日 500万クラス 芝1400m
上り3F35.2秒 11.4-11.6-12.2
1着~3着の上りの順位 4位 5位 3位

3月17日 ファルコンステークス 芝1400m
上り3F35.5秒 11.8-11.7-12.0
1着~3着の上りの順位 4位 5位 3位

3月11日 500万クラス 芝1400m
上り3F35.2秒 11.9-11.4-11.9
1着~3着の上りの順位 2位 6位 3位

3月10日 500万クラス 芝1200m
上り3F35.5秒 11.9-11.5-12.1
1着~3着の上りの順位 6位 4位 6位

3月10日 1600万クラス 芝1400m
上り3F36.1秒 11.7-11.7-12.7
1着~3着の上りの順位 5位 3位 2位

上記は近2週の500万以上の芝1200~1400mの
上り3Fとラップ、1着~3着の上りの順位です。

ご覧の通りで5走の3着内の15頭中で最速上りはいなくて
2位は2頭、3位は4頭しかいなくて速い上りを使っても
届かない馬場になっているのです。


レッツゴードンキは芝レースで3着内が13回あるが
13回中で最速上りが3回、2位が4回、3位が4回で
4位以下で3着内は僅か2回しかないのです。

香港を除く芝1200mは6戦して6戦すべて1位~3位の
速い上りを使っていてレッツゴードンキは速い上りが届くような
馬場だと確実に上位に来るのです。

しかし、先週までの中京の馬場は速い上りが不要なので
Bコースに変わり先週から馬場が変貌しないと届かないのです。

状態は良さそうなので切り捨てることはできないが
近5年で苦戦している6歳で先週から馬場が変貌しない限り
届かないのでレッツゴードンキに厚い印は打てません。

★レッドファルクス
南W 66.5 51.2 38.2 13.1 強め

前走終了後は9日後の3月6日から乗り込みを開始して
当週を含めて4本時計を出しています。

中3週で4本なので攻めの量は足りていて
先週はコースで併せ馬で強めでやり当週も併せ馬で強めでやり
4F51.2秒の速い時計が出たが終いの伸びが13.1秒で
遅い時計ではないが良い時の伸びがなかったので
大きな状態の下降はないが抜群という状態ではありません。

レッドファルクスのマイナス点は昨日のレース展望に記載したが
近走で結果を出しているのは前半3Fが33.8秒~34.2秒の
平均より遅いラップだった時だけで前半3F33.5秒以下で
結果を出したのは2年前のスプリンターズSの33.4秒しかなく
今はその時のようなスピードはないのです。

他にもマイナス点がありそれは上記のレッツゴードンキと同じで
1位~3位の速い上りを使った時にしか結果が出ていないことです。


阪急杯は1位の上りで3着、去年のスプリンターズSは2位で1着、
安田記念は3位で3着、京王杯SCは1位で1着なので
メンバー中で1位~3位の上りを使った時しか走っていないのです。

先週までの中京の馬場は速い上りが不要でBコースに変わり
先週から馬場が変貌するとチャンスは出てくるが
近5年で7歳の日本馬の3着内がなくてマイナス点が多いので
レッドファルクスに全幅の信頼を置くことはできません。


◆高松宮記念の危険馬

評価 C
右のバナークリックから飛んでご覧下さい 

前走終了後は短期の放牧に出され2月20日に美浦に帰厩して
当週を含めて6本時計を出しています。

去年と同じ短期の放牧明けで去年は4本だったが
今年は6本なので攻めの量を増やしています。

ただ、内容が違い先週はコースで単走で強めでやって
当週は単走で一杯でやったが先週も当週も5Fからでした。

去年の淀短距離ステークス、高松宮記念の当週はコースで
単走の4Fからでシルクロードステークスは5Fからだったが
馬ナリで終い最速ラップを出していました。

当週はコースで5Fから一杯でやり終いが失速して
1F12.9秒もかかって伸びを欠いたので攻めの量は多いが
質はイマイチなので状態は下降しています。

大きなマイナス点は速い上りが使えなくなっていることです。

去年は前走のシルクロードステークスで上りの順位は4位だったが
上り3Fは33.6秒で2走前の淀短距離ステークスはメンバー中で
3位の33.8秒の上りを使っていました。

前走のシルクロードステークスは2着だったが上り3Fは
メンバー中で8位の34.6秒で2走前の京阪杯も8位で
34.4秒の上りで去年と違い上りの順位が低く先行して
33秒台の上りが使えていないのです。

先週までの中京の馬場は速い上りが不要だが先行馬ならば
メンバー中で3~5位の速い上りが必要で近走はそのような上りは
使えていなくて状態もイマイチなので厚い印は打てません。

十八番の中京、マーチステークス、高松宮記念で
高配当を獲りたい方は下記から申し込みをして下さい。

申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします 
返信は info@ooana.sub.jp からになるので携帯からの方は
ooana.sub.jp のドメインを受信できるよう設定して下さい。

入会希望の方は事前に必ず読んで下さい。
当会の買い方は コチラへ 基本ベースは コチラへ


◆穴予想で重要している5項目

1.調教分析 2.上がり3F分析 3.前後半3Fの合算時計

4.トラックバイアス 5.騎手データ

最重要項目は調教分析です。

人気薄が穴を空ける要因は様々ありますが

状態が良くなければ激走できないというのが当会の考えです。

2つ目は上がり3F分析です。

近走の成績は悪いが速い上がりを使い見せ場を作っている馬や

速い上がりが使えるのに最近は状態が悪かったので使えなかった馬などを狙います。

3つ目は前後半3Fの合算ラップです。

近代の競馬は馬場が改良され走破時計が年々速くなり

スピードがなければ勝ち負けになりません。

テン、中、終いの3拍子が揃っていないと勝負にならないので

自身の前半3F通過ラップ、上り3Fの通過ラップを合算した時計を重視しています。

例えば自身の前半3Fが36.0秒、上り3Fが34.5秒だと合算が70.5秒になり

この時計が出走するレースで勝ち負けできるタイムなのかを検証するのです。


4つ目はトラックバイアス、5つ目は騎手データですが

主力は調教分析、上り3F分析、前後半3Fの合算時計の3つになります。
スポンサーサイト