NINJA TOOLS
シンザン記念のレース展望、人気馬のマイナス点を公開 - 調教、ラップ、上り3Fからの高配当狙い
FC2ブログ
 INDEX    RSS    ADMIN

シンザン記念のレース展望、人気馬のマイナス点を公開

2017年の初日の1月5日は全会員様に無料で提供します

先週は馬単9660円の高配当を5点で的中
2週前は大爆発で朝日杯フューチュリティステークスの3連複42820円、
中京9Rの34490円の特大万馬券を厚めで的中

3週前は十八番の中京の長良川特別で3連複23640円を大本線で的中
4週前の金鯱賞を大本線で3連複をダブルで的中

勝負所の10月~12月はイケイケの大爆発

12月【大穴狙い】朝日杯の42820円の大本線を含め高配当7本的中
11月【大穴狙い】3連複101640円の大本線を含め高配当5本的中
10月【大穴狙い】万馬券7本含めて高配当を8本的中


10月~12月で3連複101640円、42820円の本線的中を含めて
高配当を20本的中で万馬券の的中本数は13本

近12週26日間の【大穴狙い】の買い目を均等同一金額買い
1点500円購入 純利益+406250円

近12週26日間の人気薄◎1頭軸マルチ3連単を同一金額買い
1点100円購入 純利益+797980円


申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします

◆直近の高配当的中

12/24 阪神8R
ララエクラテール(8人気) 馬単9660円 5点で的中

12/18 阪神11R 朝日杯フューチュリティステークス
◎サトノアレス(6人気) 3連複42820円
馬単2着流しの12人気ボンセルヴィーソが3着で厚めで的中

12/18 中京9R
◎オールドクラシック(8人気) 3連複34490円
馬単2着流しの9人気ファスナハトが1着で厚めで的中

12/10 中京10R 長良川特別
◎テイエムナナヒカリ(6人気) 3連複23640円
馬単2着流しの8人気マイネルフレスコが3着で大本線で的中

12/10 中京8R
◎ヴェルジョワーズ(8人気) 3連複3870円

12/3 中京11R 金鯱賞
◎パドルウィール(9人気) 3連複16080円 6050円
馬単2着流しの6人気シュンドルボンが3着同着で大本線でダブル的中

11/27 阪神11R オータムリーフステークス
◎ビリオネア(10人気) 3連複11840円


◆当会の基本

15年以上も穴党の某予想家が最も予想で重視しているファクターが調教分析で

調教以外にも同じく重視しているラップ、上り3Fの分析を加えて

人気馬のマイナス点を見つけ出し人気薄を◎にして高配当、万馬券を狙い撃ちします。


当会の買い方は コチラへ 基本ベースは コチラへ

申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします 
返信は info@ooana.sub.jp からになるので携帯からの方は
ooana.sub.jp のドメインを受信できるよう設定して下さい。


◆次週の高配当が狙える羅生門ステークスの人気薄◎予定

前日にランキングで完全公開した人気薄◎が激走しています。
穴党の方はぜひご覧になって下さい。


9/25 阪神 9Rの7人気カープストリーマー
10/8 京都10Rの6人気ビナイーグル
10/30新潟11Rの6人気トータルヒート
11/6 福島11Rの7人気ダノンルージュ
11/12福島12Rの8人気ウインベントゥーラ
12/10中京10Rの6人気テイエムナナヒカリ
右のバナークリックから飛んでご覧下さい 

但し、当週の調教後に変更する場合があります。


◆シンザン記念のレース展望、人気馬のマイナス点を公開

シンザン記念の近年は荒れていてガチガチは年は
単勝160円のミッキーアイルがいた2014年だけで
2009年以降で5回も3連複で大万馬券が出ています。

近5年の1人気は【2.0.0.3】、2人気は【2.2.0.1】、
3人気は【0.0.2.3】で人気馬は大きく崩れていないが
近5年の3着内15頭中で8人気以下が6頭いるので
状態が激変していれば人気薄でもチャンスが十分あるのです。

近5年の3着内15頭中の前走の内訳は朝日杯FSが3頭、
東スポ杯2歳が1頭、ラジオNIKKEIが1頭、
500万クラスが7頭、新馬戦が1頭、未勝利戦が2頭なので
新馬戦、未勝利戦の勝ち上がり組は苦戦しているが
重賞組、500万クラス組に大きな差はありません。

前走の着順は1着が6頭、3着が1頭、4着以下が8頭なので
前走のクラスと同様で成績も全く気にしなくていいのです。

シンザン記念は開幕週に行われるので速い上りが使えないと
勝ち負けに加わることができません。


近5年の3着内15頭中で芝、ダート、距離すべて関係なく
12頭が過去にメンバー最速の上りを使っていて
例外の3頭中で2頭がメンバー2位、3位の上りを使っていて
1位~3位の上りを使ったことがなく3着内だったのは
2012年のプレミアムブルーしかいません。

メンバー中で最速の上りを使ったことがある馬が有利だが
人気になるペルシアンナイト、アルアイン、コウソクストレートは
メンバー最速上りで勝っているので条件をクリアしています。

トラストは最速上りがなくクローバー賞で2位があるだけなので
2勝馬の中でトラストは疑った方がいいでしょう。

速い上りの有る無しの他にも重要なポイントがあり
芝、ダート、距離は関係なく直線に坂がない平坦コースの実績です。


近5年の3着内15頭中で10頭が平坦コースの勝ちがあり
2頭が2着、1頭が3着があり例外はエーシントップ、
マイネルアトラクトだがこの2頭は出走がありませんでした。

ペルシアンナイト、アルアイン、コウソクストレートは
上り最速の条件と同様でこの条件もクリアしているので
人気のこの3頭は十分チャンスがあります。

ただ、ペルシアンナイト、アルアインにマイナス点があり
メンバー中で1位、2位の上りを使って勝っているが
驚くような末脚ではないのです。


ペルシアンナイト
レース上り35.6秒 自身の上り35.3秒 -0.3秒
レース上り34.3秒 自身の上り33.9秒 -0.4秒
レース上り34.0秒 自身の上り33.9秒 -0.1秒

アルアイン
レース上り35.7秒 自身の上り35.1秒 -0.6秒
レース上り35.5秒 自身の上り35.1秒 -0.4秒

ペルシアンナイトの3戦はすべて最速上りだが
レース上りとの最大の差が0.4秒しかなく
アルアインの新馬戦の-0.6秒は高評価できるが
2走とも35秒台で前走の上りは2位で凄い末脚ではないのです。

去年のジュエラーは新馬戦でレース上りより0.9秒も速い
34.0秒の鬼脚で勝っていて2年前の1着グァンチャーレは
レース上りより1.1秒も速い34.5秒で未勝利戦を勝っていて
3年前の1着ミッキーアイルは34.7秒の上りで逃げて
500万クラスを楽勝しているのです。

ペルシアンナイト、アルアインは上記の3頭のような
レース上りを大きく上回る鬼脚を使い圧倒して勝っていないので
チャンスはあるが全幅の信頼を置くのは危険なのです。


シンザン記念は当会の十八番の重賞です。

2015年 シンザン記念
◎ロードフェリーチェ(9人気) 3連複8220円 本線的中

2013年 シンザン記念
ヘミングウェイ(9人気) 馬単4840円 5点的中

2010年 シンザン記念
◎セレスロンディー(10人気)
馬単2着流しの9人気シャインが2着
馬単11170円 3連複40480円 ダブルで本線の的中


去年は8人気◎ロジクライが読み通りに1着に激走したが
3着シゲルノコギリザメが抜けて外してしまいました。
ただ、15年は9人気◎ロードフェリーチェが激走し
3連複8220円を本線の厚めで獲ることができました。

13年は馬単2着流しの9人気ヘミングウェイが
読み通りに2着に激走して馬単を5点で的中させ
10年は超会心で10人気◎セレスロンディーが3着に激走し
馬単2着流しのシャインが2着だったので
馬単、3連複をダブルで本線で万馬券を的中させました。

去年は◎が激走したのに相手抜けで外したが
近7年中で4年で狙った人気薄が激走しているので
シンザン記念は相性が抜群に良い十八番の重賞なのです。

抽選待ちの中に状態が激変して一発がありそうな
人気薄がいるので出走できれば高配当が狙えそうです。

シンザン記念は配信する予定なので大いに期待して下さい。


明日以降の予定です。

2016年の総括は12月30日
京都金杯の調教診断は1月3日

メルマガで公開するので見逃さずにご覧になって下さい。


◆穴予想で重要している5項目

1.調教分析 2.上がり3F分析 3.前後半3Fの合算時計

4.トラックバイアス 5.騎手データ

最重要項目は調教分析です。

人気薄が穴を空ける要因は様々ありますが

状態が良くなければ激走できないというのが当会の考えです。

2つ目は上がり3F分析です。

近走の成績は悪いが速い上がりを使い見せ場を作っている馬や

速い上がりが使えるのに最近は状態が悪かったので使えなかった馬などを狙います。

3つ目は前後半3Fの合算ラップです。

近代の競馬は馬場が改良され走破時計が年々速くなり

スピードがなければ勝ち負けになりません。

テン、中、終いの3拍子が揃っていないと勝負にならないので

自身の前半3F通過ラップ、上り3Fの通過ラップを合算した時計を重視しています。

例えば自身の前半3Fが36.0秒、上り3Fが34.5秒だと合算が70.5秒になり

この時計が出走するレースで勝ち負けできるタイムなのかを検証するのです。


4つ目はトラックバイアス、5つ目は騎手データですが

主力は調教分析、上り3F分析、前後半3Fの合算時計の3つになります。

スポンサーサイト