NINJA TOOLS
AJCCの調教診断、危険馬、人気馬のマイナス点 - 調教、ラップ、上り3Fからの高配当狙い
FC2ブログ
 INDEX    RSS    ADMIN

AJCCの調教診断、危険馬、人気馬のマイナス点

無料で提供した代替の中京の中京11Rの的中を含めて
高配当を4本的中で有言実行

2017年はロケットスタートに成功
去年の10月からの確変モードが年を越しても継続中で
1月は早くも特大万馬券を2本含めて高配当を6本的中


中京11Rの3連複5490円を的中
京成杯の馬単3970円を5点で的中
十八番の中京の愛知杯の3連複20920円を的中
中山12Rで3連複8140円を厚めで的中

2週前はフェアリーステークスの3連複34060円を本線で的中
中山12Rで3連複8190円を的中

3週前は馬単9660円の高配当を5点で的中
4週前は朝日杯FSの3連複42820円を本線で的中
中京9Rの34490円の特大万馬券を厚めで的中

年末10月~1月は絶好調で高配当を大量に的中で確変モード中

01月【大穴狙い】愛知杯、フェアリーSを含め高配当6本的中
12月【大穴狙い】朝日杯の42820円の大本線を含め高配当7本的中
11月【大穴狙い】3連複101640円の大本線を含め高配当5本的中
10月【大穴狙い】万馬券7本含めて高配当を8本的中

去年10月~1月で3連複101640円の大本線の的中を含めて
高配当を26本的中で万馬券の的中本数は15本

近14週32日間の【大穴狙い】の買い目を均等同一金額買い
1点500円購入 純利益+463600円

近14週32日間の人気薄◎1頭軸マルチ3連単を同一金額買い
1点100円購入 純利益+952290円


申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします

◆直近の高配当的中

1/16 中京11R 知立特別
◎メイショウヤマホコ(9人気) 3連複5490円

1/15 中山12R 京成杯
ガンサリュート(7人気) 馬単3970円 5点で的中

1/14 中山12R
◎トーホウハニー(9人気) 3連複8140円

1/14 中京11R 愛知杯
◎サンソヴール(10人気) 3連複20920円

1/8 中山11R フェアリーステークス
◎モリトシラユリ(7人気) 3連複34060円
馬単2着流しの10人気ライジングリーズンが1着で本線で的中

1/7 中山12R
◎ウイングチップ(7人気) 3連複8190円

12/24 阪神8R
ララエクラテール(8人気) 馬単9660円 5点で的中

12/18 阪神11R 朝日杯フューチュリティステークス
◎サトノアレス(6人気) 3連複42820円
馬単2着流しの12人気ボンセルヴィーソが3着で厚めで的中

12/18 中京9R
◎オールドクラシック(8人気) 3連複34490円
馬単2着流しの9人気ファスナハトが1着で厚めで的中


◆当会の基本

15年以上も穴党の某予想家が最も予想で重視しているファクターが調教分析で

調教以外にも同じく重視しているラップ、上り3Fの分析を加えて

人気馬のマイナス点を見つけ出し人気薄を◎にして高配当、万馬券を狙い撃ちします。


当会の買い方は コチラへ 基本ベースは コチラへ

申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします 
返信は info@ooana.sub.jp からになるので携帯からの方は
ooana.sub.jp のドメインを受信できるよう設定して下さい。


◆AJCCの有力馬の調教診断、人気馬のマイナス点

A、B、Cの順で評価しています。

★シングウィズジョイ 評価 A
CW 81.6 66.7 52.3 38.0 12.3 馬ナリ

500万クラスのインヴィクタとの併せ馬でした。
馬場が緩かったので何度かバランスを崩したが
終いまで軽快さがあり力強さもある脚さばきで駆け抜け
時計も優秀なのでA評価にしました。

前走終了後は放牧に出され12月16日に栗東に帰厩しました。
5日後の21日から乗り込みを開始して
先週まで6本時計を出しています。
コース、坂路併用で6本なので攻めの量は足りていて
先週にコースで併せ馬一杯で負荷をかけてやり
当週は馬ナリだったが併せ馬を圧倒して
速い時計を出しているので攻めの質も良く状態は良さそうです。

AJCCに牝馬が出走してくるのは稀で近10年まで広げても
牝馬は5頭の出走でサンテミリオンが2年続けて出ているので
実際は4頭だが3着内がありません。

サンテミリオンはオークス馬だがオークス以降はボロボロで
2回の出走は9人気、10人気なので5人気以内が確実の牝馬は
近10年で1頭も出走していないのです。

強い牝馬の出走がないので近年のデータで検証できないが
3歳以降の3着内が全て牝馬限定戦がマイナスになります。


3歳以降で1着が3回、2着は前走のエリザベス女王杯だが
全て牝馬限定で牡馬が相手だった唯一のレースはアルメリア賞で
4着に負けているので牡馬相手で結果を出していないのです。

マイル戦だがターコイズステークスを勝っているので
中山は問題がなく状態が良さそうなので切り捨てることはできないが
牡馬相手で好走例がないので厚い印を打つことはできません。

★ゼーヴィント 評価 BとCの中間
南W 52.8 38.4 12.7 一杯

500万クラスのクリミアタイガー、
準OPのゴルゴバローズとの3頭での併せ馬でした。
時計は出ているが助手が手綱を押す地点が早く
スパッと切れる末脚でなくジリジリ伸びるだけでした。
それに当週はいつも6F、5Fからやるのに
4Fからだったので評価はBとCの中間にしました。

前走終了後は放牧に出され12月20日に美浦に帰厩しました。
3日後の23日から乗り込みを開始して
当週を含めて8本時計を出しています。
コース、坂路併用で8本なので攻めの量は足りていて
3週続けてコースで併せ馬をやり負荷をかけてやっているが
2週続けて格下に脚色が見劣ってしまい攻めの質はイマイチで
前走から状態が上がっていることはなさそうです。

ゼーヴィントには大きなマイナス点があり
それは4歳で中山のOP特別、重賞で1着がないことです。


近5年で4歳で3着内はフェイムゲーム、ナカヤマナイトだが
フェイムゲームは京成杯を勝っていてナカヤマナイトは前走で
OP特別のディセンバーステークスを勝っていました。

去年の1人気サトノラーゼン、15年の5人気ショウナンラグーン、
14年の1人気レッドレイヴン、3人気ケイアイチョウサン、
12年の3人気トーセンレーヴがこのデータに該当していないので
人気になり全て飛んでいるのです。


近10年まで広げると2011年の4人気マルカボルトが6着、
10年の2人気デルフォイも6着に飛んでいて
唯一の例外は07年の1着マツリダゴッホ、2着デルフォイだが
10年も前で今と馬場が全く違うので参考になりません。

この馬の癖を知り尽くしている戸崎が乗るのはプラスだが
状態がイマイチで大きなマイナス点があるので厚い印は打てません。

★リアファル
12日坂路 51.2 37.6 24.9 12.9 一杯

最終の追い切りが明日なので先週12日の時計を掲載しています。

前走終了後は短期の放牧に出され1月4日に栗東に帰厩しました。
2日後の6日から乗り込みを開始して
先週まで3本時計を出しています。
いつも攻めの量が少ない馬だが3本は少なく
先週に坂路で併せ馬一杯でやったが攻め駆けしない
1000万クラスに遊ばれて脚色が劣勢だったので
攻めの質もイマイチです。

昨日のAJCCのレース展望にも掲載したが
AJCCは中山コースの連対実績がある馬が有利で
中山ダートで2着があるが芝での連対はありません。


それにゼーヴィントと同じで中山コースのOP特別、重賞で
1着がない4歳は近5年で来ていないのもマイナスなので
リアファルに全幅の信頼を置くことはできません。


◆AJCCの危険馬

評価 C
右のバナークリックから飛んでご覧下さい 

1000万クラスのディープジュエリーとの併せ馬でした。
時計は出ているが相手より脚色が見劣ってしまい
ゴール前で差し返されて先着できず併入でした。
蛯名が手綱を押さないと前へ進んで行かず
行きっぷりが悪かったので評価はCです。

前走終了後は秋に復帰の予定だったが牧場で右前脚球節部を痛め
休養が長くなり12月14日に美浦に帰厩しました。
2日後の16日から乗り込みを開始して
当週を含めて8本時計を出しています。
攻めの量は多くなく3週続けてコースで併せ馬をやっているが
負荷をかけての併せ馬一杯が1本しかなく
コースで5F52秒台が1本だけなので
攻めの質はイマイチで仕上がり途上です。

昨日のAJCCのレース展望にも掲載したが
AJCCは中山コースの連対実績がある馬が有利で
この馬は2戦して6着、7着の掲示板外なのです。


それに近10年まで広げても4ヶ月以上の休養明けは
1頭も3着内に来ていないのに9ヶ月の休養で
状態もイマイチなので厚い印を打つことは絶対にできません。


申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします 
返信は info@ooana.sub.jp からになるので携帯からの方は
ooana.sub.jp のドメインを受信できるよう設定して下さい。


◆穴予想で重要している5項目

1.調教分析 2.上がり3F分析 3.前後半3Fの合算時計

4.トラックバイアス 5.騎手データ

最重要項目は調教分析です。

人気薄が穴を空ける要因は様々ありますが

状態が良くなければ激走できないというのが当会の考えです。

2つ目は上がり3F分析です。

近走の成績は悪いが速い上がりを使い見せ場を作っている馬や

速い上がりが使えるのに最近は状態が悪かったので使えなかった馬などを狙います。

3つ目は前後半3Fの合算ラップです。

近代の競馬は馬場が改良され走破時計が年々速くなり

スピードがなければ勝ち負けになりません。

テン、中、終いの3拍子が揃っていないと勝負にならないので

自身の前半3F通過ラップ、上り3Fの通過ラップを合算した時計を重視しています。

例えば自身の前半3Fが36.0秒、上り3Fが34.5秒だと合算が70.5秒になり

この時計が出走するレースで勝ち負けできるタイムなのかを検証するのです。


4つ目はトラックバイアス、5つ目は騎手データですが

主力は調教分析、上り3F分析、前後半3Fの合算時計の3つになります。
スポンサーサイト