NINJA TOOLS
シルクロードSの調教診断、危険馬、人気馬のマイナス点 - 調教、ラップ、上り3Fからの高配当狙い
 INDEX    RSS    ADMIN

シルクロードSの調教診断、危険馬、人気馬のマイナス点

2017年はロケットスタートに成功
去年の10月からの確変モードが年を越しても継続中で
1月は特大万馬券を2本含めて早くも高配当を8本的中


先週も十八番の中京を含めて高配当を2本的中

2週前は無料で提供した代替の中京11R、京成杯、
愛知杯の3連複20920円を含めて高配当を4本的中

3週前はフェアリーステークスの3連複34060円を本線で的中
中山12Rで3連複8190円を的中

4週前は馬単9660円の高配当を5点で的中
5週前は朝日杯FSの3連複42820円を本線で的中
中京9Rの34490円の特大万馬券を厚めで的中

年末10月~1月は絶好調で高配当を大量に的中で確変モード中

今年の重賞レースの成績 回収率255.2%


01月【大穴狙い】愛知杯、フェアリーSを含め高配当8本的中
12月【大穴狙い】朝日杯の42820円の大本線を含め高配当7本的中
11月【大穴狙い】3連複101640円の大本線を含め高配当5本的中
10月【大穴狙い】万馬券7本含めて高配当を8本的中

去年10月~1月で3連複101640円の大本線の的中を含めて
高配当を28本的中で万馬券の的中本数は15本

近15週34日間の【大穴狙い】の買い目を均等同一金額買い
1点500円購入 純利益+409450円

近15週34日間の人気薄◎1頭軸マルチ3連単を同一金額買い
1点100円購入 純利益+900500円


申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします

◆直近の高配当的中

1/21 京都12R
◎ショウナンタイザン(9人気) 3連複8250円

1/21 中京10R なずな賞
デスティニーソング(9人気) 馬単7320円 馬単5点で的中

1/16 中京11R 知立特別
◎メイショウヤマホコ(9人気) 3連複5490円

1/15 中山12R 京成杯
ガンサリュート(7人気) 馬単3970円 馬単5点で的中

1/14 中山12R
◎トーホウハニー(9人気) 3連複8140円

1/14 中京11R 愛知杯
◎サンソヴール(10人気) 3連複20920円

1/8 中山11R フェアリーステークス
◎モリトシラユリ(7人気) 3連複34060円
馬単2着流しの10人気ライジングリーズンが1着で本線で的中

1/7 中山12R
◎ウイングチップ(7人気) 3連複8190円


◆当会の基本

15年以上も穴党の某予想家が最も予想で重視しているファクターが調教分析で

調教以外にも同じく重視しているラップ、上り3Fの分析を加えて

人気馬のマイナス点を見つけ出し人気薄を◎にして高配当、万馬券を狙い撃ちします。


当会の買い方は コチラへ 基本ベースは コチラへ

申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします 
返信は info@ooana.sub.jp からになるので携帯からの方は
ooana.sub.jp のドメインを受信できるよう設定して下さい。


◆シルクロードステークスの有力馬の調教診断、人気馬のマイナス点

A、B、Cの順で評価しています。

★ソルヴェイグ 54k 評価 BとCの中間
坂路 54.1 38.8 24.5 11.8 一杯

終い1Fが最速の11.8秒の加速ラップを出したが
道中から左に寄れ気味に走っていて最後はラチ沿いまで
大きく寄れて真っすぐ走れませんでした。
スプリンターズステークスの時は寄れることなく
真っすぐ走っていたので評価はBとCの中間です。

前走終了後は放牧に出され1月4日に栗東に帰厩しました。
翌日の5日から乗り込みを開始して
当週を含めて5本時計を出しています。
攻めの量は少なく5本中で4本が馬ナリで
2F24秒台で一杯でやったのは当週の1本のみで
負荷をかけての併せ馬を1本もやっていないので
攻めの質はイマイチで叩き台の仕上げです。

スプリンターズステークスの当週の攻めが絶品だったが
中山への輸送で馬体重を10kも減らしてしまったので
当初は◎の予定だったが格下げしました。

しかし結果は2着に激走してしまい
買い方ミスで大万馬券を獲り損ねてしまいました。

今回は輸送がほとんどない京都なので馬体重減に心配がなく
減っていた馬体重が戻っていればチャンスはあるでしょう。

ただ、このレースは4歳が不振です。

近10年の4歳の成績は【1.1.0.30】とボロボロで
1着はロードカナロア、2着は同じ牝馬のレディオブオペラだが
レース前までロードカナロアの京都は【3.1.0.0】で
レディオブオペラの京都は【4.0.0.0】で完璧で
このような成績を出すくらいじゃないと4歳は通用しないのです。

ソルヴェイグの京都の成績は【1.0.1.1】で悪くないが
上記の4歳の2頭に比べると落ちるので休養期間中に
相当なパワーアップをしていないと厳しいでしょう。


実績は上位なので切り捨てることはできないが
ソルヴェイグに厚い印を打つことはできません。

★ダンスディレクター 57.5k 評価 BとCの中間
坂路 51.6 37.6 24.8 12.5 馬ナリ

500万クラスのカラフルマーメイドとの併せ馬でした。
馬ナリで4F51.6秒は速く近5走で出ていない時計だが
好走時は終い1Fが最速の加速ラップを出した時で
今日は12.3秒、12.5秒で0.2秒の減速だったので
BとCの中間の評価にしました。

前走終了後は9日後の1月2日から乗り込みを開始して
当週を含めて7本時計を出しています。
コース、坂路併用で中4週で7本なので攻めの量は多く
先週に併せ馬一杯でやったが2F25.2秒で時計は遅く
当週は併せ馬で4F51.6秒の速い時計を馬ナリで出し
2Fは24.8秒だったが終い1Fが最速でなく
失速して12.5秒だったので攻めの質はイマイチで
前走からの上がり目はありません。

ダンスディレクターには2つのマイナス点があります。

1つ目は昨日のレース展望に掲載したが
近5年で57.5以上で3着内に来る条件は
過去にG1レースで3着内があることだが
ダンスディレクターにはないのでマイナスなのです。

2つめは能力が低下していることで
それを自身の前後半3Fのラップから検証します。


去年のシルクロードS 1着 レースの前半3F33.7秒
自身の前後半3Fのラップ 34.6秒-33.3秒

セントウルS 7着 レースの前半3F33.1秒
自身の前後半3Fのラップ 34.6秒-33.4秒

スプリンターズS 15着 レースの前半3F33.4秒
自身の前後半3Fのラップ 34.7秒-33.4秒

スワンS 4着 レースの前半3F34.4秒
自身の前後半3Fのラップ 35.1秒-34.2秒

阪神カップ 4着 レースの前半3F34.9秒
自身の前後半3Fのラップ 35.5秒-35.1秒

去年のセントウルステークス、スプリンターズステークスは
シルクロードステークスを勝った時と同じラップを刻んだが
前が有利な展開で届かなかっただけで悲観する内容ではないが
スワンS、阪神カップの自身の前半3Fが35秒台なのに
33秒台の上りが使えなかったのです。

スワンステークスの自身の前半3Fはレースより0.7秒遅れで
阪神カップは0.6秒遅れでいつもより前に行ったので
33秒台の上りが使えなかったとも考えられるが
スワンステークスの上り3Fの順位はメンバー中で4位で
阪神カップは3位なので年齢からの衰えがきて
速い上りが使えなくなったと見るのが自然なのです。

状態がイマイチで近2走を見る限り末脚が衰えているので
ダンスディレクターに厚い印は絶対に打てません。

★ネロ 57.5k
19日坂路 49.3 37.4 25.7 13.4 一杯

本追い切りが26日なので先週の時計を掲載しています。

前走終了後は短期の放牧に出され1月13日に栗東に帰厩しました。
翌日の14日から乗り込みを開始して
先週まで3本時計を出しています。
攻めの量は普通で先週に4F49.3秒を出しているが
2F25.7秒は遅く終いが1F13.4秒で失速しているので
先週までだと攻めの質はイマイチです。

ネロのマイナス点は昨日のレース展望に掲載したが
57.5k以上のハンデでG1で3着内がないことと
京阪杯からの直行で去年に6着に飛んだサトノルパンと
全く同じなのです。


京阪杯のように道悪になればチャンスはあるが
日曜日は晴れそうで良馬場が濃厚で状態も落ちているので
ネロに全幅の信頼を置くのは危険です。


◆シルクロードステークスの危険馬

評価 C
右のバナークリックから飛んでご覧下さい 

前走終了後は放牧に出され1月4日に栗東に帰厩しました。
3日後の7日から乗り込みを開始して
当週を含めて5本時計を出しています。
攻めの量は少なく5本中で一杯でやったのは当週だけで
当週に4Fの自己ベストを出したが2Fが25.0秒で
終い1Fが失速しているので攻めの質もイマイチで
状態面に問題がありそうです。

ソルヴェイグと同じ成績がイマイチな4歳で
京都で3着が1回あるが勝ちがないのはマイナスで
状態もイマイチなので厚い印は絶対に打てません。



申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします 
返信は info@ooana.sub.jp からになるので携帯からの方は
ooana.sub.jp のドメインを受信できるよう設定して下さい。


◆穴予想で重要している5項目

1.調教分析 2.上がり3F分析 3.前後半3Fの合算時計

4.トラックバイアス 5.騎手データ

最重要項目は調教分析です。

人気薄が穴を空ける要因は様々ありますが

状態が良くなければ激走できないというのが当会の考えです。

2つ目は上がり3F分析です。

近走の成績は悪いが速い上がりを使い見せ場を作っている馬や

速い上がりが使えるのに最近は状態が悪かったので使えなかった馬などを狙います。

3つ目は前後半3Fの合算ラップです。

近代の競馬は馬場が改良され走破時計が年々速くなり

スピードがなければ勝ち負けになりません。

テン、中、終いの3拍子が揃っていないと勝負にならないので

自身の前半3F通過ラップ、上り3Fの通過ラップを合算した時計を重視しています。

例えば自身の前半3Fが36.0秒、上り3Fが34.5秒だと合算が70.5秒になり

この時計が出走するレースで勝ち負けできるタイムなのかを検証するのです。


4つ目はトラックバイアス、5つ目は騎手データですが

主力は調教分析、上り3F分析、前後半3Fの合算時計の3つになります。
スポンサーサイト