NINJA TOOLS
大阪杯のレース展望、マカヒキのマイナス点をラップから指摘します - 調教、ラップ、上り3Fからの高配当狙い
FC2ブログ
 INDEX    RSS    ADMIN

大阪杯のレース展望、マカヒキのマイナス点をラップから指摘します

先週も万馬券的中で3月は4週続けて万馬券を的中

3月は万馬券4本含めて高配当を9本的中で大爆発

ファルコンステークス、スプリングステークスの的中に続き
日経賞でも万馬券を的中


フラワーカップ、金鯱賞はミスで外してしまったが
十八番の中京のファルコンステークスで3連複11320円を的中

去年10月~3月は好調で高配当を大量に的中で確変モード中

去年の10月からの確変モードが年を越しても継続中で
1月~3月は特大万馬券を8本含めて高配当を20本的中

1月は京成杯、愛知杯の3連複20920円、
フェアリーステークスの3連複34060円を大本線で的中

03月【大穴狙い】万馬券4本を含めて高配当を9本的中
02月【大穴狙い】3連複32430円を含め高配当を3本的中
01月【大穴狙い】愛知杯、フェアリーSを含め高配当8本的中
12月【大穴狙い】朝日杯の42820円の大本線を含め高配当7本的中
11月【大穴狙い】3連複101640円の大本線を含め高配当5本的中
10月【大穴狙い】万馬券7本を含めて高配当を8本的中

去年10月~3月で3連複101640円の大本線の的中を含めて
高配当を40本的中で万馬券の的中本数は21本


申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします

◆直近の高配当的中

3/25 中山11R 日経賞
ミライヘノツバサ(7人気) 馬単12200円 馬単5点で本線的中

3/19 中山11R スプリングステークス
◎プラチナヴォイス(6人気) 3連複6670円

3/18 中京11R ファルコンステークス
◎メイソンジュニア(6人気) 3連複11320円

3/11 中京12R 瀬戸特別
◎ロバストミノル(9人気)
3着が同着で3連複13400円 8210円 ダブル的中

3/5  中山11R 弥生賞
マイスタイル(8人気) 馬単5480円 馬単5点で的中

3/5  小倉11R 大宰府特別
トレジャートローヴ(8人気) 馬単6150円 馬単5点で的中

3/5  小倉10R 萌黄賞
◎オイカケマショウ(9人気) 3連複5280円

3/4  小倉8R
◎ゴッドカリビアン(10人気) 3連複18810円

◆当会の基本

15年以上も穴党の某予想家が最も予想で重視しているファクターが調教分析で

調教以外にも同じく重視しているラップ、上り3Fの分析を加えて

人気馬のマイナス点を見つけ出し人気薄を◎にして高配当、万馬券を狙い撃ちします。

当会の買い方は コチラへ 基本ベースは コチラへ

申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします 
返信は info@ooana.sub.jp からになるので携帯からの方は
ooana.sub.jp のドメインを受信できるよう設定して下さい。

◆今週の高配当が狙える千葉日報杯の人気薄◎予定

前日にランキングで完全公開した人気薄◎が激走しています。
穴党の方はぜひご覧になって下さい。


10/30新潟11Rの6人気トータルヒート
11/6 福島11Rの7人気ダノンルージュ
11/12福島12Rの8人気ウインベントゥーラ
12/10中京10Rの6人気テイエムナナヒカリ
1/8  中山10Rの8人気ゴールドペガサス
1/16 中京11Rの9人気メイショウヤマホコ
2/19 小倉 8Rの10人気トウカイクローネ
右のバナークリックから飛んでご覧下さい 

但し、当週の調教後に変更する場合があります。

◆大阪杯のレース展望、マカヒキのマイナス点をラップから指摘します

今年からG1に昇格したので前哨戦だった去年までの走破時計、
ラップはあまり参考にならないので当会の予想の基本である
自身の前後半3Fの合算時計とレースとの誤差を検証します。

この予想方法は競馬最強の法則DIGITAL+POG vol.6に
1ページ丸々掲載されています。


2016年 レースの前後半3Fの合算時計70.4秒
70.4秒(±0) 70.4秒(±0) 70.7秒(+0.3)

2015年 レースの前後半3Fの合算時計73.7秒
74.8秒(+1.1) 75.3秒(+1.6) 75.5秒(+1.8)

2014年 レースの前後半3Fの合算時計72.9秒
72.8秒(-0.1) 73.2秒(+0.3) 72.8秒(-0.1)

2013年 レースの前後半3Fの合算時計70.4秒
71.4秒(+1.0) 72.1秒(+1.7) 71.5秒(+1.1)

2012年 レースの前後半3Fの合算時計74.4秒
75.2秒(+0.8) 74.9秒(+0.5) 74.7秒(+0.3)

上記は1着、2着、3着の自身の前後半3Fの合算時計と誤差です。

阪神2000mは直線が短い内回りなのでスピードが必須条件で
今年からG1に昇格して今は馬場がそれほど荒れていないので
合算時計は去年のように70秒前半が目安になるでしょう。


不良馬場だった15年はレースとの誤差が+1秒後半でも届いたが
良馬場だとスピードがないと勝ち負けに加わることができないのです。

15年は不良馬場だったので参考外にするが
誤差がマイナスは14年のキズナ、エピファネイアの-0.1秒で
去年のキタサンブラック、アンビシャスは±0で
アンビシャスはG1を勝っていないが他の3頭はさすがG1馬という
完璧なラップを自身で出しています。

誤差が小さい+0.3秒はショウナンパンドラ、トウカイパラダイス、
トーセンジョーダンだがショウナンパンドラ、トーセンジョーダンも
G1馬なのでG1級のレベルならば誤差は+0.3秒が目安なのです。

マカヒキの近走の自身の前後半3Fの合算時計とレースとの誤差

京都記念 73.1秒(+0.7秒)
ダービー 71.0秒(+1.2秒)
皐月賞  70.9秒(+1.1秒)

ご覧の通りでマカヒキはスピードが不足しているのです。
最速は皐月賞の70.9秒でこの時計はギリギリでセーフだが
レースとの誤差が+1.1秒は大きなマイナスで
ダービーは71.0秒で時計が遅く誤差が+1.2秒もマイナスです。

皐月賞、ダービーは道中の流れが厳しくスタミナ重視の展開だったので
来ただけで阪神2000mに適しているスピードはないのです。

前走の京都記念は前後半5F差が+1.1秒のハイペースで
マカヒキ向きの展開だったのに自身のラップの誤差は+0.7秒で
差し届かずの3着だったので情けない結果なのです。

以上のことからマカヒキは阪神2000m向きのスピードがなく
前走の内容も情けないので叩き2走目で前走より動けるだろうが
厚い印は絶対に打てないのです。

明日の調教診断の中でキタサンブラック、サトノクラウンの
マイナス点を掲載するので見逃さずにご覧になって下さい。


近年の大阪杯は少頭数だったので配信することはなかったが
今年からG1に昇格して狙っている人気薄がいるので
大阪杯は必ず配信します。

今の重賞レースは好調なので会員様は大阪杯も期待して下さい。

大阪杯の有力馬の調教診断は3月29日にブログで公開します。

ダービー卿チャレンジトロフィーの有力馬の調教診断、
レース展望は3月30日のブログで公開します。

申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします

◆穴予想で重要している5項目

1.調教分析 2.上がり3F分析 3.前後半3Fの合算時計

4.トラックバイアス 5.騎手データ

最重要項目は調教分析です。

人気薄が穴を空ける要因は様々ありますが

状態が良くなければ激走できないというのが当会の考えです。

2つ目は上がり3F分析です。

近走の成績は悪いが速い上がりを使い見せ場を作っている馬や

速い上がりが使えるのに最近は状態が悪かったので使えなかった馬などを狙います。

3つ目は前後半3Fの合算ラップです。

近代の競馬は馬場が改良され走破時計が年々速くなり

スピードがなければ勝ち負けになりません。

テン、中、終いの3拍子が揃っていないと勝負にならないので

自身の前半3F通過ラップ、上り3Fの通過ラップを合算した時計を重視しています。

例えば自身の前半3Fが36.0秒、上り3Fが34.5秒だと合算が70.5秒になり

この時計が出走するレースで勝ち負けできるタイムなのかを検証するのです。


4つ目はトラックバイアス、5つ目は騎手データですが

主力は調教分析、上り3F分析、前後半3Fの合算時計の3つになります。

スポンサーサイト