NINJA TOOLS
フローラステークスの調教診断、危険馬、人気馬のマイナス点 - 調教、ラップ、上り3Fからの高配当狙い
FC2ブログ
 INDEX    RSS    ADMIN

フローラステークスの調教診断、危険馬、人気馬のマイナス点

皐月賞は自信の◎アルアインが1着に激走したが3着が抜け・・・

しかし、近2週で十八番の福島で自信の人気薄◎が
3頭も1着に激走して高配当を演出しています


重賞レースは好調で日経賞、スプリングステークス、
ファルコンステークスに続き大阪杯も馬単5点で的中

3月は4週続けて万馬券を的中

3月は万馬券4本含めて高配当を9本的中で大爆発

去年10月~4月は好調で高配当を大量に的中で確変モード中

去年の10月からの確変モードが年を越しても継続中で
1月~4月は特大万馬券を8本含めて高配当を24本的中

04月【大穴狙い】大阪杯の的中を含めて高配当を4本的中
03月【大穴狙い】万馬券4本を含めて高配当を9本的中
02月【大穴狙い】3連複32430円を含め高配当を3本的中
01月【大穴狙い】愛知杯、フェアリーSを含め高配当8本的中
12月【大穴狙い】朝日杯の42820円の大本線を含め高配当7本的中
11月【大穴狙い】3連複101640円の大本線を含め高配当5本的中
10月【大穴狙い】万馬券7本を含めて高配当を8本的中

去年10月~4月で3連複101640円の大本線の的中を含めて
高配当を44本的中で万馬券の的中本数は21本


最終週の福島、福島牝馬ステークス、フローラステークスで
高配当を獲りたい方は下記から申し込みをして下さい。

申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします

◆直近の高配当的中

4/16  福島8R
◎アルケミスト(10人気) 3連複4920円

4/9  福島9R
ラッシュアタック(9人気) 馬単7810円 馬単5点で本線的中

4/8  福島11R 吾妻小富士賞
◎エリーティアラ(8人気) 3連複5060円

4/2  阪神11R 大阪杯
ステファノス(7人気) 馬単3390円 馬単5点で的中

3/25 中山11R 日経賞
ミライヘノツバサ(7人気) 馬単12200円 馬単5点で本線的中

3/19 中山11R スプリングステークス
◎プラチナヴォイス(6人気) 3連複6670円

3/18 中京11R ファルコンステークス
◎メイソンジュニア(6人気) 3連複11320円

3/11 中京12R 瀬戸特別
◎ロバストミノル(9人気)
3着が同着で3連複13400円 8210円 ダブル的中


◆当会の基本

15年以上も穴党の某予想家が最も予想で重視しているファクターが調教分析で

調教以外にも同じく重視しているラップ、上り3Fの分析を加えて

人気馬のマイナス点を見つけ出し人気薄を◎にして高配当、万馬券を狙い撃ちします。

当会の買い方は コチラへ 基本ベースは コチラへ

最終週の福島、福島牝馬ステークス、フローラステークスで
高配当を獲りたい方は下記から申し込みをして下さい。

申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします 
返信は info@ooana.sub.jp からになるので携帯からの方は
ooana.sub.jp のドメインを受信できるよう設定して下さい。


◆フローラステークスの有力馬の調教診断、評価

アドマイヤローザ 評価 B

前走終了後は6日後の2月10日から馬場入りを始めて
チューリップ賞から桜花賞のプランを立てていたが
右前脚に外傷を負ったので予定が変更され放牧に出され
3月22日に栗東に帰厩しました。
翌日の23日から乗り込みを開始して
当週を含めて7本時計を出しています。
コース、坂路併用で7本なので攻めの量は足りていて
輸送があるのに2週続けて併せ馬一杯、強めで
負荷をかけてやっているので攻めの質は良いです。

ディーパワンサ 評価 BとCの中間

前走終了後は5日後の3月25日から乗り込みを開始して
当週を含めて5本時計を出しています。
コース、坂路併用で中4週で5本なので攻めの量は足りていて
先週にコースで併せ馬一杯、当週に坂路で併せ馬一杯でやっているが
先週は時計が遅く当週は終いの伸びがイマイチだったので
攻めの質は悪く状態面に問題がありそうです。

フローレスマジック 評価 BとCの中間

前走終了後は放牧に出され3月29日に美浦に帰厩しました。
4日後の2日から乗り込みを開始して
当週を含めて7本時計を出しています。
コース、坂路併用で7本なので攻めの量は足りていて
2週続けてコースで併せ馬をやり負荷をかけてやっているが
2週とも3Fの時計が遅く39秒台だったので
攻めの質はイマイチで状態面に問題がありそうです。

ホウオウパフューム 評価 A

前走終了後は放牧に出され3月11日に美浦に帰厩しました。
3日後の14日から乗り込みを開始して
当週を含めて7本時計を出しています。
コース、坂路併用で7本なので攻めの量は足りていて
先週に坂路で併せ馬一杯、当週はコースで併せ馬で馬ナリだったが
2週とも終いを伸ばして速い時計を出してきたので
攻めの質は良く状態は良さそうです。


◆フローラステークスの危険馬

評価 C
右のバナークリックから飛んでご覧下さい 

前走終了後は短期の放牧に出され3月22日に栗東に帰厩しました。
翌日の23日から乗り込みを開始して
当週を含めて8本時計を出しています。

先週に坂路で併せ馬一杯でやり当週は単走で強めでやり
輸送があるのに2週続けて負荷をかけてやっているが
時計が遅く終いの伸びがイマイチなので
攻めの量は足りているが質は悪いです。

近2走の走破時計が遅く時計を大きく詰める必要があるのに
状態面に問題がありそうなので厚い印は絶対に打てません。


◆フローラステークスのレース展望、人気馬のマイナス点

フローラステークスの近年はそこそこ荒れています。

近5年の1人気は【2.1.0.2】、2人気は【1.3.0.1】、
3人気は【1.0.1.3】で1、2人気は崩れていないが
3着内15頭中で9人気以降の人気薄が4頭いて
4頭中で3頭が二桁人気なので堅い決着になっていません。

近5年の3着内15頭の前走はフラワーカップが3頭、
OP特別で1着が1頭、500万クラスで1着が4頭、
500万クラスで2着以下が5頭、未勝利勝ちが2頭なので
過去の実績、クラスは関係なく状態さえ良ければ
格下でも十分チャンスがあります。

近5年でクイーンカップからの直行は1頭も来ていなくて
成績は【0.0.0.6】でボロボロです。

フローラステークスで1人気だったマジックタイムが6着、
3人気のスイートサルサが6着、4人気のフロンテアクイーンが4着、
4人気のイリュミナンスが12着で着外の6頭は人気薄でなく
4人気以内の人気馬が全滅しているのです。

今年のクイーンカップからの直行はフローレスマジックだが
近年のデータ上では危なっかしい人気馬になります。


寒竹賞を楽勝したホウオウパフュームも人気になります。

フローラステークスはスローの瞬発力勝負になりやすいので
爆発力があるホウオウパフュームにチャンスはあるが
1800m以下で勝ち鞍がないことがマイナスです。


近5年の3着内15頭中で10頭に1800m以下で勝ちがあり
例外はマキシマムドパリ、デニムアンドルビー、エバーキュート、
アイスフォーリス、ダイワデッセーだがダイワデッセー以外は
すべて1800mで2着がありました。

フローラステークスは2000mだが開幕週で時計が速く
スピードが必須なので1800m以下の好走例が必要なのです。

ホウオウパフュームは新馬戦の1800mで3着だったが
連対は外していて決め手は屈指だが過去5年のデータ上では
ホウオウパフュームに全幅の信頼を置くことはできないのです。


今年は人気馬に全幅の信頼が置ける馬がいなくて
危なっかしいので去年と同様で大きく荒れそうな匂いがします。

2013年 フローラステークス
◎ブリュネット(9人気) 3連複6880円 的中

去年は買い方ミスで3連複の大万馬券を獲り損ねたが
2013年は自信の◎だった9人気◎ブリュネットが激走し
配当は安かったが3連複を厚めで的中させました。

今年も9人気◎ブリュネットのような狙っている人気薄がいて
当週の攻めも絶品で状態が激変しているので
その人気薄を◎にして高配当、万馬券を狙いにいきます。

フローラステークスは必ず配信するので
会員様は大いに期待して下さい。


最終週の福島、福島牝馬ステークス、フローラステークスで
高配当を獲りたい方は下記から申し込みをして下さい。

申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします 
返信は info@ooana.sub.jp からになるので携帯からの方は
ooana.sub.jp のドメインを受信できるよう設定して下さい。


◆穴予想で重要している5項目

1.調教分析 2.上がり3F分析 3.前後半3Fの合算時計

4.トラックバイアス 5.騎手データ

最重要項目は調教分析です。

人気薄が穴を空ける要因は様々ありますが

状態が良くなければ激走できないというのが当会の考えです。

2つ目は上がり3F分析です。

近走の成績は悪いが速い上がりを使い見せ場を作っている馬や

速い上がりが使えるのに最近は状態が悪かったので使えなかった馬などを狙います。

3つ目は前後半3Fの合算ラップです。

近代の競馬は馬場が改良され走破時計が年々速くなり

スピードがなければ勝ち負けになりません。

テン、中、終いの3拍子が揃っていないと勝負にならないので

自身の前半3F通過ラップ、上り3Fの通過ラップを合算した時計を重視しています。

例えば自身の前半3Fが36.0秒、上り3Fが34.5秒だと合算が70.5秒になり

この時計が出走するレースで勝ち負けできるタイムなのかを検証するのです。


4つ目はトラックバイアス、5つ目は騎手データですが

主力は調教分析、上り3F分析、前後半3Fの合算時計の3つになります。
スポンサーサイト