NINJA TOOLS
クイーンステークスの調教診断、危険馬、人気馬のマイナス点 - 調教、ラップ、上り3Fからの高配当狙い
FC2ブログ
 INDEX    RSS    ADMIN

クイーンステークスの調教診断、危険馬、人気馬のマイナス点

夏競馬の確変モードの爆発が止まりません

十八番の夏競馬の7月は4週で万馬券7本含め高配当を9本的中


夏競馬が始まった6月から【大穴狙い】の買い目を均等金額買い
1点300円購入 純利益+346920円
1点500円購入 純利益+578200円

夏競馬が始まった6月から◎を3連単1頭マルチ均等買い
1点100円購入 純利益+388090円

毎年、夏競馬で高配当を大量に的中させているが
今年も好調なので夏競馬の後半も大いに期待して下さい。

1月~7月は特大万馬券を21本含めて高配当を45本的中

07月【大穴狙い】万馬券7本含めて高配当を9本的中
06月【大穴狙い】3連複89820円を含め高配当を6本的中
05月【大穴狙い】万馬券を2本含めて高配当を4本的中
04月【大穴狙い】大阪杯の的中を含めて高配当を6本的中
03月【大穴狙い】万馬券4本を含めて高配当を9本的中
02月【大穴狙い】3連複32430円を含め高配当を3本的中
01月【大穴狙い】愛知杯、フェアリーSを含め高配当8本的中

去年10月~7月で3連複101640円の大本線の的中を含めて
高配当を65本的中で万馬券の的中本数は34本


得意な札幌、小倉、新潟、クイーンS、アイビスSDで
高配当を獲りたい方は下記から申し込みをして下さい。

申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします


◆直近の高配当的中

7/22 函館9R
◎ゴージャスガール(8人気) 3連複3710円

7/15 函館11R STV杯
◎パラダイスガーデン(10人気) 3連複39920円
デスティニーソング(6人気) 馬単11840円 馬単5点
馬単2着流しが2着でダブル万馬券を本線で的中

7/9  函館10R 立待岬特別
◎ビリーヴザワン(7人気) 3連複12600円

7/9  中京9R 清洲特別
◎モザイク(8人気) 3連複10160円

7/8  中京12R
◎オリエント(8人気) 3連複13160円

7/2  中京8R
プレシャスロード(11人気) 馬単22540円 馬単5点

7/1  中京10R 知多特別
オメガタックスマン(8人気) 馬単5030円 馬単5点

7/1  函館10R 恵山特別
◎クリノサンスーシ(8人気) 3連複11340円

6/24 東京12R
◎プラトリーナ(9人気) 3連複5650円


◆当会の基本

15年以上も穴党の某予想家が最も予想で重視しているファクターが調教分析で

調教以外にも同じく重視しているラップ、上り3Fの分析を加えて

人気馬のマイナス点を見つけ出し人気薄を◎にして高配当、万馬券を狙い撃ちします。

当会の買い方は コチラへ 基本ベースは コチラへ

得意な札幌、小倉、新潟、クイーンS、アイビスSDで
高配当を獲りたい方は下記から申し込みをして下さい。

申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします 
返信は info@ooana.sub.jp からになるので携帯からの方は
ooana.sub.jp のドメインを受信できるよう設定して下さい。


◆クイーンステークスの有力馬の調教診断、評価

アエロリット 評価 B

前走終了後は放牧に出され7月15日に札幌に入厩して
当週を含めて2本時計を出しています。
NHKマイルカップも短期の放牧明けで
2本だけ勝ったので攻めの量が少なくても大丈夫だが
強力な古馬が相手なのに2本は少ないです。
ただ、当週の攻めは良かったので状態は悪くないです。

アドマイヤリード 評価 A

前走終了後は放牧に出され7月6日に函館に入厩して
函館でWコースで1本、芝で1本やってから札幌に入厩して
当週を含めて札幌で2本やり合計で4本時計を出しています。
強めでやったのは先週と当週の2本しかないが
その2本は負荷をかけての併せ馬で時計は速いので
攻めの質は良く走れる状態に仕上がっています。

クインズミラーグロ 評価 C

前走終了後は放牧に出され7月8日に美浦に帰厩しました。
美浦でPコースで3本やってから札幌に入厩して
当週に1本やり合計で4本時計を出しています。
攻めの量は普通だが美浦の3本は負荷が少ないPコースで
全て単走の時計が遅い馬ナリで当週は札幌芝で単走で
馬ナリだったが終いが失速したので攻めの質はイマイチで
状態面に問題がありそうです。

トーセンビクトリー 評価 B

前走終了後は11日後の6月22日から乗り込みを開始して
栗東で坂路で3本、Wコースで1本やってから函館に入厩して
当週を含めて函館で2本やり合計で6本時計を出しています。
栗東で坂路、コースで負荷をかけて併せ馬で時計を出し
函館では19日、23日、当週にWコースで併せ馬をやり
負荷をかけてやっているので攻めの質は良いです。

パールコード 評価 A

前走終了後は放牧に出され6月29日に栗東に帰厩しました。
栗東で坂路で4本、Wコースで1本やってから札幌に入厩して
当週を含めて3本やり合計で8本時計を出しているので
攻めの量は十分足りています。
栗東で坂路、コースで併せ馬一杯で時計を出し
札幌でも20日に芝コースで併せ馬で強めでやり
当週は芝コースで併せ馬で馬ナリだったが
併せ馬に楽々先着したので攻めの質も良く状態は良さそうです。


◆クイーンステークスの危険馬

評価 C
右のバナークリックから飛んでご覧下さい 

前走終了後は短期の放牧に出され7月1日に函館に入厩して
当週を含めて5本時計を出しているので攻めの量は足りています。

ただ、5本すべて負荷がない単走で先週はWコースで
強めだったのに5F71.2秒で当週もWコースで馬ナリで
5F72.5秒で2週続けて時計が遅かったので
攻めの質はイマイチで状態面に問題がありそうです。


◆クイーンステークスのレース展望、人気馬のマイナス点

改修工事で函館開催だった2013年を含めて
近5年の1人気は【2.2.1.0】で好成績だが
2人気は【1.0.0.4】、3人気は【0.0.1.4】で
1人気は3着内率100%だが人気が下がる毎に
成績が落ちているので2、3人気は危なっかしいです。

近5年の3着内15頭の年齢別は3歳が2頭、4歳が4頭、
5歳が7頭、6歳が2頭で4歳、5歳が優勢です。

ただ、出走頭数が大きく違うので実際の3着内率のトップは
3歳の28.6%で以降は4歳の26.7%、5歳の25.9%で
3歳~5歳はほぼ均等に来ているのです。

近5年で1~5人気だった3歳は4頭いるが
【1.0.1.2】で3着内率は50%なので
今年の3歳アエロリットは連対は微妙だが3着内ならばありえます。

ただ、1800m以上を走っていないことが大きなマイナスです。

近5年の3着内15頭中で13頭に1800m以上で3着内があり
例外は去年の3着ダンツキャンサー、12年の1着アイムユアーズで
アイムユアーズはオークスで4着だったが3着と同タイムなので
これをOKにすると例外はダンツキャンサーだけなのです。

去年のクイーンステークスは出走馬のレベルが低調で
勝ち時計が1分47秒7で同日の500万下より遅かったので
ダンツキャンサーでも3着に来れたのです。

今年は去年と違いG1馬のアドマイヤリードがいて
他にも重賞の好走馬がいるのでアエロリットは
相当な成長、上昇度がないと厳しいでしょう。

1人気必至のアドマイヤリードにもマイナス点があり
それは自身の前半3Fの遅さです。


改修後の近3年の3着内の9頭の自身の前半3Fの
平均は36.82秒です。

アドマイヤリードが本格化したのは6走前の堀川特別だが
その6走の自身の前半3Fは36.6秒、37.1秒、37.8秒、
36.9秒、38.2秒、37.9秒で最速はヴィクトリアマイルの
36.6秒で6走中で36秒台は2回しかないのです。

前走のヴィクトリアマイルくらい行ければOKだが
そのヴィクトリアマイルは12番手の位置取りだったので
アドマイヤリードはいつもより出して行き位置を取らないと
小回りなので差し届かずが十分ありえるのです。

クイーンステークスは相性が良いレースです。

去年は自信の◎だった8人気◎レッドリヴェールが惜しい4着で
2015年は少頭数だったので配信をパスしたが
2012年は会心で馬単、3連複ダブル的中させました。

2012年 クイーンステークス
◎ラブフール(10人気) 馬単7900円 3連複13000円 ダブル的中

クイーンステークスは配信しない予定だったが
当週の攻めが絶品で一発ありそうな人気薄がいたので
配信することにしました。

アドマイヤリード、アエロリットの2強にマイナス点があり
相性が良いレースなので会員様は大いに期待して下さい。


得意な札幌、小倉、新潟、クイーンS、アイビスSDで
高配当を獲りたい方は下記から申し込みをして下さい。

申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします 
返信は info@ooana.sub.jp からになるので携帯からの方は
ooana.sub.jp のドメインを受信できるよう設定して下さい。


◆穴予想で重要している5項目

1.調教分析 2.上がり3F分析 3.前後半3Fの合算時計

4.トラックバイアス 5.騎手データ

最重要項目は調教分析です。

人気薄が穴を空ける要因は様々ありますが

状態が良くなければ激走できないというのが当会の考えです。

2つ目は上がり3F分析です。

近走の成績は悪いが速い上がりを使い見せ場を作っている馬や

速い上がりが使えるのに最近は状態が悪かったので使えなかった馬などを狙います。

3つ目は前後半3Fの合算ラップです。

近代の競馬は馬場が改良され走破時計が年々速くなり

スピードがなければ勝ち負けになりません。

テン、中、終いの3拍子が揃っていないと勝負にならないので

自身の前半3F通過ラップ、上り3Fの通過ラップを合算した時計を重視しています。

例えば自身の前半3Fが36.0秒、上り3Fが34.5秒だと合算が70.5秒になり

この時計が出走するレースで勝ち負けできるタイムなのかを検証するのです。


4つ目はトラックバイアス、5つ目は騎手データですが

主力は調教分析、上り3F分析、前後半3Fの合算時計の3つになります。

スポンサーサイト