NINJA TOOLS
新潟記念の調教診断、危険馬、人気馬のマイナス点 - 調教、ラップ、上り3Fからの高配当狙い
FC2ブログ
 INDEX    RSS    ADMIN

新潟記念の調教診断、危険馬、人気馬のマイナス点

夏競馬の6月~8月は3連複89820円、65440円、
39920円、28050円、27630円、22540円など
特大万馬券の的中本数は13本で高配当の的中は22本


夏競馬が始まった6月から【大穴狙い】の買い目を均等金額買い
1点300円購入 純利益+246510円
1点500円購入 純利益+410850円

夏競馬が始まった6月から◎を3連単1頭マルチ均等買い
1点100円購入 純利益+321650円

1月~8月は特大万馬券を24本含めて高配当を52本的中

08月【大穴狙い】特大万馬券3本を含め高配当を5本的中
07月【大穴狙い】万馬券7本含めて高配当を11本的中
06月【大穴狙い】3連複89820円を含め高配当を6本的中
05月【大穴狙い】万馬券を2本含めて高配当を4本的中
04月【大穴狙い】大阪杯の的中を含めて高配当を6本的中
03月【大穴狙い】万馬券4本を含めて高配当を9本的中
02月【大穴狙い】3連複32430円を含め高配当を3本的中
01月【大穴狙い】愛知杯、フェアリーSを含め高配当8本的中

去年10月~8月で3連複101640円の大本線の的中を含めて
高配当を72本的中で万馬券の的中本数は37本


最終週の札幌、小倉、新潟、札幌2歳S、小倉2歳S、新潟記念で
高配当を獲りたい方は下記から申し込みをして下さい。

申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします


◆直近の高配当的中

8/13 新潟12R
◎トワイライトライフ(4人気) 3連複9510円

8/13 小倉12R
◎ショウナンナナイロ(7人気) 3連複11840円

8/6  札幌9R
◎コスモピクシス(9人気) 3連複27630円
馬単2着流しのピッツィカートが3着で穴馬が1着、3着

8/5  新潟12R
◎レッドマジュール(6人気) 3連複28050円
馬単2着流しのディリジェンテが1着で穴馬のワンツー決着

8/5  札幌10R 十勝岳特別
ゴッドカリビアン(11人気) 馬単7840円 馬単5点

7/30 札幌11R クイーンステークス
◎トーセンビクトリー(6人気) 3連複8150円

7/29 新潟9R 閃光特別
◎アースミステリー(6人気) 3連複4010円

7/22 函館9R
◎ゴージャスガール(8人気) 3連複3710円

7/15 函館11R STV杯
◎パラダイスガーデン(10人気) 3連複39920円
デスティニーソング(6人気) 馬単11840円 馬単5点
馬単2着流しが2着でダブル万馬券を本線で的中

2002年の開設から偽りの成績を掲載した場合は全額返金しています。
買い目にないのに的中というような不正行為は当会は一切していません。
全て真実なので競馬最強の法則の取材を受けて8回も雑誌に掲載されるのです。



◆当会の基本

15年以上も穴党の某予想家が最も予想で重視しているファクターが調教分析で

調教以外にも同じく重視しているラップ、上り3Fの分析を加えて

人気馬のマイナス点を見つけ出し人気薄を◎にして高配当、万馬券を狙い撃ちします。

当会の買い方は コチラへ 基本ベースは コチラへ

最終週の札幌、小倉、新潟、札幌2歳S、小倉2歳S、新潟記念で
高配当を獲りたい方は下記から申し込みをして下さい。

申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします 
返信は info@ooana.sub.jp からになるので携帯からの方は
ooana.sub.jp のドメインを受信できるよう設定して下さい。


◆新潟記念の有力馬の調教診断、人気馬のマイナス点

★アストラエンブレム 56.5k 評価 B
坂路 52.2 38.1 25.1 12.5 馬ナリ

1000万クラスのテスタメントとの併せ馬でした。
先着できず併入だったがゴール前の伸びは良く
終いが最速だったのでB評価にしました。

前走終了後は放牧に出され7月27日に美浦に帰厩しました。
2日後の29日から乗り込みを開始して
当週を含めて9本時計を出しています。

コース、坂路併用で9本なので攻めの量は十分足りていて
強めでやったのは2本しかないが4週続けて併せ馬をやり
負荷をかけて時計を出しているので攻めの質も良いです。

まだ重賞勝ちがないのに56.5kなので0.5k余計だが
JRAのハンデキャッパーは実力、能力は認めているので
このハンデになったのでしょう。

左回り巧者で左回りを8戦しているが成績は【4.3.1.0】で
3着内率は100%で3戦がメンバー最速の上りを使っていて
メンバー2位も3戦なので左回りだと必ず弾けています。

速い上りが必須条件の新潟なのでチャンスは十分あるが
2000mが初めてになるのが大きなマイナスです。

近5年の3着内の15頭中で13頭が2000m以上を
3勝以上していて4勝以上が8頭もいるのです。


2000m以上で1勝は2頭でファントムライト、
アスカクリチャンだがファントムライトは2着が2回あり
アスカクリチャンの1勝はG3の重賞でした。

2000m以上で勝ちがないのはコスモネモシンだけだが
G3重賞の勝ちがあり他にも重賞で3着内が6回もあり
重賞レースの常連でした。

2000m以上の勝ちがないコスモネモシンの例があるので
アストラエンブレムは絶対に無いとは言い切れないが
2000m以上で何度も好走している馬が来ているので
厚い印を打つことはできません。

★タツゴウゲキ 55k 評価 A
CW 51.3 37.7 12.1 馬ナリ

攻め駆けするのでいつも良く見えてしまうが
馬ナリなのにスピード感があり終いが最速だったのでA評価にしました。

前走終了後は短期の放牧に出され8月16日に栗東に帰厩しました。
翌日の17日から乗り込みを開始して
当週を含めて4本時計を出しています。

攻めの量は普通で先週にコースで単走だが強めで速い時計を出し
当週もコースで単走で馬ナリだったが速い時計が出て
終いが最速だったので攻めの質は良いです。

直線に坂がない平坦の2000mはベストな条件なので
チャンスはあるが前走から3k増の55kは大きなマイナスです。

近5年の3着内の15頭中で前走から3k増はいなくて
斤量増も少なく2頭しかいないのです。


去年の2着アルバートドッグは七夕賞を勝ち1k増で
12年の1着トランスワープは函館記念を勝ち2k増で
2頭とも同じハンデ戦のG3だったのにタツゴウゲキは
3kも増えてしまったのです。

タツゴウゲキのハンデが2k増の54kならばチャンスはあるが
3k増は来ていないので厚い印を打つことはできません。

★トーセンバジル 56k 評価 B
CW 84.0 67.4 52.5 37.9 11.9 馬ナリ

障害OP馬のルペールノエルとの併せ馬でした。
5F、4Fの時計は遅かったが終いの反応が良く
最速ラップが出たのでB評価にしました。

前走終了後は放牧に出され8月2日に栗東に帰厩しました。
2日後の4日から乗り込みを開始して
当週を含めて7本時計を出しています。

コース、坂路併用で7本なので攻めの量は足りていて
2週続けてコースで併せ馬で負荷をかけてやっているので
攻めの質も良いです。

トーセンバジルはアストラエンブレムと違い2000m以上を
4勝しているのでチャンスは十分あります。

アストラエンブレムと同様で左回り巧者で左回りは4戦で
【3.0.0.1】で着外はジャパンカップなので度外視でき
3勝はすべてメンバー最速上りです。

チャンスは十分あるが休養明けが大きなマイナスです。

近10年まで広げても前走が4月より前は1頭しかいなくて
その1頭は去年のアデイインザライフで前走は3月でした。

近10年で中10週以上の休養明けは【1.0.2.21】で
近5年だと1人気のミュゼスルタンが16着、
4人気のアヴニールマルシェが15着、
4人気のユールシンギングが11着で中10週以上で
人気になった馬は二桁着順に惨敗しているのです。

左回り巧者で状態が良さそうなので切り捨てることはできないが
休養明けが大きなマイナスなので厚い印は打てません。


◆新潟記念の危険馬

評価 C
右のバナークリックから飛んでご覧下さい 

前走終了後は短期の放牧に出され8月20日に美浦に帰厩しました。
2日後の22日から乗り込みを開始して
当週を含めて3本時計を出しています。

攻めの量は多くなく先週にコースで併せ馬一杯やり
当週もコースで併せ馬をやったが時計が遅い馬ナリで
反応が相手より劣っていたので状態面に問題がありそうです。


最終週の札幌、小倉、新潟、札幌2歳S、小倉2歳S、新潟記念で
高配当を獲りたい方は下記から申し込みをして下さい。

申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします 
返信は info@ooana.sub.jp からになるので携帯からの方は
ooana.sub.jp のドメインを受信できるよう設定して下さい。


◆穴予想で重要している5項目

1.調教分析 2.上がり3F分析 3.前後半3Fの合算時計

4.トラックバイアス 5.騎手データ

最重要項目は調教分析です。

人気薄が穴を空ける要因は様々ありますが

状態が良くなければ激走できないというのが当会の考えです。

2つ目は上がり3F分析です。

近走の成績は悪いが速い上がりを使い見せ場を作っている馬や

速い上がりが使えるのに最近は状態が悪かったので使えなかった馬などを狙います。

3つ目は前後半3Fの合算ラップです。

近代の競馬は馬場が改良され走破時計が年々速くなり

スピードがなければ勝ち負けになりません。

テン、中、終いの3拍子が揃っていないと勝負にならないので

自身の前半3F通過ラップ、上り3Fの通過ラップを合算した時計を重視しています。

例えば自身の前半3Fが36.0秒、上り3Fが34.5秒だと合算が70.5秒になり

この時計が出走するレースで勝ち負けできるタイムなのかを検証するのです。


4つ目はトラックバイアス、5つ目は騎手データですが

主力は調教分析、上り3F分析、前後半3Fの合算時計の3つになります。
スポンサーサイト