NINJA TOOLS
ジャパンカップの調教診断、危険馬、人気馬のマイナス点 - 調教、ラップ、上り3Fからの高配当狙い
FC2ブログ
 INDEX    RSS    ADMIN

ジャパンカップの調教診断、危険馬、人気馬のマイナス点

万馬券は人気馬を軸◎にして人気薄を何頭も紐に入れる
事故狙いではなく人気薄を軸◎にして獲るものです


11/18 福島11R 3連複7220円

11/18 福島09R 3連複13680円

11/18 福島08R 3連複34810円 本線で的中

11/11 福島10R
3連複43400円 馬単9670円 本線でダブル的中

11/4  福島11R 3連複90740円 本線で的中

11/4  福島10R 3連複9610円

6月~11月は3連複90740円、89820円、
65440円、56910円、43400円、41410円など
特大万馬券の的中本数は25本で高配当の的中は47本


6月から【大穴狙い】の買い目を均等金額買い
1点300円購入 純利益+634170円
1点500円購入 純利益+1056950円

6月から◎を3連単1頭マルチ均等買い
1点100円購入 純利益+1293750円

1月~11月は特大万馬券を36本含めて高配当を77本的中

11月【大穴狙い】3連複90740円を含め高配当を8本的中
10月【大穴狙い】特大万馬券1本を含め高配当を7本的中
09月【大穴狙い】特大万馬券7本を含め高配当を10本的中
08月【大穴狙い】特大万馬券3本を含め高配当を5本的中
07月【大穴狙い】万馬券7本含めて高配当を11本的中
06月【大穴狙い】3連複89820円を含め高配当を6本的中
05月【大穴狙い】万馬券を2本含めて高配当を4本的中
04月【大穴狙い】大阪杯の的中を含めて高配当を6本的中
03月【大穴狙い】万馬券4本を含めて高配当を9本的中
02月【大穴狙い】3連複32430円を含め高配当を3本的中
01月【大穴狙い】愛知杯、フェアリーSを含め高配当8本的中

波乱必至のジャパンカップ、京阪杯で
高配当を獲りたい方は下記から申し込みをして下さい。

申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします

入会希望の方は事前に必ず読んで下さい。
当会の買い方は コチラへ 基本ベースは コチラへ


◆直近の高配当的中

11/19 福島9R
ポンテファブリチオ(10人気) 馬単4960円 馬単5点

11/18 福島11R フルーツラインカップ
◎メイショウキトラ(9人気) 3連複7220円

11/18 福島9R
◎ロジベスト(5人気) 3連複13680円

11/18 福島8R
◎シャンティローザ(7人気) 3連複34810円
馬単2着流し13人気ラハトケレブが2着で本線で的中

11/11 福島10R 三春駒特別
◎ハウエバー(9人気) 3連複43400円
馬単2着流しリリーモントルーが2着 馬単9670円
ハウエバーは前日にランキングに掲載した自信の◎

11/4  福島11R みちのくステークス
◎ユキノアイオロス(9人気) 3連複90740円
馬単2着流し6人気ナインテイルズが2着で本線で的中

11/4  福島10R 会津特別
◎コスモペリドット(9人気) 3連複9610円
コスモペリドットは前日にランキングに掲載した自信の◎

10/29 新潟8R
プレシャスロード(10人気) 馬単7870円 馬単5点

10/21 京都12R
◎ザイティックメア(7人気) 3連複9320円

2002年の開設から偽りの成績を掲載した場合は全額返金しています。
買い目にないのに的中というような不正行為は当会は一切していません。
全て真実なので競馬最強の法則の取材を受けて8回も雑誌に掲載されるのです。



◆当会の基本

15年以上も穴党の某予想家が最も予想で重視しているファクターが調教分析で

調教以外にも同じく重視しているラップ、上り3Fの分析を加えて

人気馬のマイナス点を見つけ出し人気薄を◎にして高配当、万馬券を狙い撃ちします。

当会の買い方は コチラへ 基本ベースは コチラへ

波乱必至のジャパンカップ、京阪杯で
高配当を獲りたい方は下記から申し込みをして下さい。

申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします 
返信は info@ooana.sub.jp からになるので携帯からの方は
ooana.sub.jp のドメインを受信できるよう設定して下さい。


◆ジャパンカップの有力馬の調教診断、人気馬のマイナス点

★キタサンブラック 評価 C
CW 84.8 69.4 54.1 40.1 12.9 強め

1000万クラスのビップレボルシオンとの併せ馬でした。
直線の中盤の手応えならば楽にビップレボルシオンを交わしそうだったが
ゴール前で手綱を押してなんとか併入できる内容でした。

ビップレボルシオンが最後まで馬ナリだったが少しでも追っていれば
併入できず遅れていたはずなので評価はCにしました。

前走終了後は6日後の11月4日から乗り込みを開始して
当週を含めて2本時計を出しています。

中3週で2本なので攻めの量は少なく先週にコースで併せ馬でやり
馬ナリで6F80.7秒、終い1F11.9秒の速い時計が出たが
当週なコースで併せ馬で強めでやり終いの伸びがイマイチで
ゴール前の反応が悪かったので状態は下降しています。

キタサンブラックのマイナス点は天皇賞秋を最速上りで勝ったが
レース上りより0.2秒しか速くなかったことです。


近10年で天皇賞秋で最速上りを使って次走のジャパンカップで
3着内だったのは2015年のショウナンパンドラ、
2014年のスピルバーグ、2009年のウオッカしかいません。

ショウナンパンドラは天皇賞秋の上り3Fが33.4秒で
レース上りが34.0秒なので0.6秒速い上りで
スピルバーグは天皇賞秋の上り3Fが33.7秒で
レース上りが34.6秒なので0.9秒速い上りで
2015年のウオッカは天皇賞秋の上り3Fが32.9秒で
レース上りが33.7秒なので0.8秒速い上りでした。

ご覧の通りでショウナンパンドラ、スピルバーグ、ウオッカは
天皇賞秋でレース上りより0.6秒~0.9秒も速い鬼脚を使い
ジャパンカップで3着に来れたのです。

キタサンブラックの天皇賞秋の上りは38.5秒で
レース上りが38.7秒で0.2秒しか速くなく
近10年でこのような馬は来ていないのです。


天皇賞秋のダメージがあるのか攻めの本数が少なく
当週の攻めもイマイチで天皇賞秋の上りが大きなマイナスなので
キタサンブラックに厚い印は絶対に打てません。

★シュヴァルグラン 評価 C
坂路 56.0 41.0 26.5 12.7 馬ナリ

500万クラスのアドマイヤプリヴとの併せ馬でした。
馬ナリで相手に先着したが時計が遅すぎます。

近走で当週の坂路の時計が遅かったのは今年の宝塚記念で
4F56.2秒で今回と同じような時計だったが
結果は8着に負けているので評価はCにしました。

前走終了後は6日後の10月14日から乗り込みを開始して
当週を含めて8本時計を出しています。

中6週でコース、坂路併用で8本なので攻めの量は多く
2週前に坂路で併せ馬一杯でやり先週はコースで3頭の併せ馬で
一杯で負荷をかけてやっているが当週が坂路で併せ馬をやったが
時計が遅い馬ナリで同じような時計を出していた今年の宝塚記念で
惨敗しているので攻めの質はイマイチです。

シュヴァルグランのマイナス点は前走がG2の京都大賞典で
負けてしまい上り3Fが速くなかったことです。


近5年で前走がG1でなくG2重賞で2着以下で
3着内は去年の2着のサウンズオブアースしかいません。

そのサウンズオブアースの前走は京都大賞典で4着だったが
上り3Fは33.1秒でレース上りが33.7秒だったので
0.6秒も速い上りを使っていました。

前走がG1でなくG2重賞で負けていても脚を余して
レースより0.6秒以上速い上りならばOKなのです。

2015年 サウンズオブアース 5人気で5着
京都大賞典で2着 レースより0.2秒速い上り

2013年 アドマイヤラクティ 4人気で4着
アルゼンチン共和国で2着 レースより0.4秒速い上り

2013年 ゴールドシップ 2人気で15着
京都大賞典で5着 レースより0.1秒速い上り

ご覧の通りで近5年で前走がG2重賞で負けてしまい
レース上りより0.6秒以上も速い上りが使えなかった
2015年のサウンズオブアース、2013年のアドマイヤラクティ、
ゴールドシップはジャパンカップで人気になり飛んでいるのです。


シュヴァルグランの前走の京都大賞典は3着で
上り3Fは34.0秒でレース上りは34.4秒だったので
レースより0.4秒しか速くなく条件をクリアしていません。

状態が良さそうで去年の3着なので切り捨てることはできないが
京都大賞典で速い上りが使えず負けてしまいデムーロでなく
ボウマンのテン乗りはマイナスなので厚い印は打てません。

★レイデオロ 評価 B
南W 54.1 40.1 13.1 馬なり

準OPのレッドライジェル、500万クラスのキングオブアームズと
3頭で併せ馬をやってきました。

時計が速くなかったが最後まで2頭の相手より手応えが優っていて
終いの反応も良かったのでB評価にしました。

前走終了後は放牧に出され10月27日に美浦に帰厩しました。
翌日の28日から乗り込みを開始して
当週を含めて6本時計を出しています。

コース、坂路併用で6本なので攻めの量は足りていて
6本すべて馬ナリだが先週、当週にコースで3頭の併せ馬をやり
終い最速を出していて負荷をかけての速い時計が不足しているが
今まで通りの追い切りをやっているので攻めの質は良いです。

レイデオロのマイナス点は前走がメンバー最速の上りでなく
G1レースを最速上りで勝っていないことです。


近5年で3着内の3歳は2013年のデニムアンドルビー、
2012年のジェンティルドンナだがデニムアンドルビーは
前走のエリザベス女王杯でメンバー最速上りを使っていて
ジェンティルドンナの前走の秋華賞の上り3Fは3位だったが
オークス、桜花賞をメンバー最速の上りで勝っています。

前走が最速上りか同年のG1を最速上りで勝っている
どちらかをクリアしているのが3歳が3着内に来る条件だが
レイデオロの神戸新聞杯の上りは2位でダービーは1着だったが
上り3Fは5位タイなのです。

この条件をクリアしていなかった去年のディーマジェスティが
4人気で13着に大敗しています。

ハープスターの前走は凱旋門賞なので前走を札幌記念としても
札幌記念の上りは2位でオークスは最速上りだが2着で
2人気で5着に負けてしまいワンアンドオンリー、イスラボニータ、
フェノーメノも条件をクリアしていなくて飛んでいるのです。


ワンアンドオンリーは能力不足なので3着内を外すのは当然だが
ディーマジェスティ、ハープスター、イスラボニータ、フェノーメノは
ジャパンカップで通用するだろうと思われていたのに全て飛んでしまい
条件をクリアしていたミッキークイーンでも3人気で8着だったので
3歳が古馬を負かして3着内になるには高い壁があり運も必要なのです。

状態が良さそうなので切り捨てることはできないが
近年で来ている3歳の条件をクリアしていなくて
ルメールは秋華賞を勝ったがその後のG1レースで人気馬を
全て飛ばしているのでレイデオロに全幅の信頼を置くのは危険です。


◆ジャパンカップの危険馬

評価 C
右のバナークリックから飛んでご覧下さい 

前走終了後は6日後の11月4日から乗り込みを開始して
先週まで3本時計を出しています。

明日を含めると中3週で4本になるの攻めの量は足りているが
いつも1週前はコースで併せ馬一杯で負荷をかけてやるのに
先週はコースで単走の馬ナリでした。

前走から中3週は1戦1勝で勝ったのは2歳の東京スポーツ杯だが
その時も1週前にコースで3頭の併せ馬で強めでやっていたので
先週の時点で前走の疲れ、ダメージが残っているのでしょう。


12月の香港とジャパンカップどちらに出走するのかを
ギリギリまで迷っていたこともあるので現状の状態では
厚い印は絶対に打てません。


波乱必至のジャパンカップ、京阪杯で
高配当を獲りたい方は下記から申し込みをして下さい。

申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします 
返信は info@ooana.sub.jp からになるので携帯からの方は
ooana.sub.jp のドメインを受信できるよう設定して下さい。

入会希望の方は事前に必ず読んで下さい。
当会の買い方は コチラへ 基本ベースは コチラへ


◆穴予想で重要している5項目

1.調教分析 2.上がり3F分析 3.前後半3Fの合算時計

4.トラックバイアス 5.騎手データ

最重要項目は調教分析です。

人気薄が穴を空ける要因は様々ありますが

状態が良くなければ激走できないというのが当会の考えです。

2つ目は上がり3F分析です。

近走の成績は悪いが速い上がりを使い見せ場を作っている馬や

速い上がりが使えるのに最近は状態が悪かったので使えなかった馬などを狙います。

3つ目は前後半3Fの合算ラップです。

近代の競馬は馬場が改良され走破時計が年々速くなり

スピードがなければ勝ち負けになりません。

テン、中、終いの3拍子が揃っていないと勝負にならないので

自身の前半3F通過ラップ、上り3Fの通過ラップを合算した時計を重視しています。

例えば自身の前半3Fが36.0秒、上り3Fが34.5秒だと合算が70.5秒になり

この時計が出走するレースで勝ち負けできるタイムなのかを検証するのです。


4つ目はトラックバイアス、5つ目は騎手データですが

主力は調教分析、上り3F分析、前後半3Fの合算時計の3つになります。
スポンサーサイト