NINJA TOOLS
チャレンジカップの調教診断、危険馬、人気馬のマイナス点 - 調教、ラップ、上り3Fからの高配当狙い
FC2ブログ
 INDEX    RSS    ADMIN

チャレンジカップの調教診断、危険馬、人気馬のマイナス点

万馬券は人気馬を軸◎にして人気薄を何頭も紐に入れる
事故狙いではなく人気薄を軸◎にして獲るものです

11月は特大万馬券を4本含めて高配当を9本的中

◎が来て相手抜け、買い方ミスがあってもこのような成績です

11月は均等買い1点300円で+312540円
◎の3連単1頭軸マルチだと1点100円で+819920円


12月は十八番の中京があるので
11月と同様で12月も大爆発に期待して下さい

6月~11月は3連複90740円、89820円、
65440円、56910円、43400円、41410円など
特大万馬券の的中本数は25本で高配当の的中は48本

6月から【大穴狙い】の買い目を均等金額買い
1点300円購入 純利益+577140円
1点500円購入 純利益+961900円

6月から◎を3連単1頭マルチ均等買い
1点100円購入 純利益+1191010円

1月~11月は特大万馬券を36本含めて高配当を78本的中

11月【大穴狙い】3連複90740円を含め高配当を9本的中
10月【大穴狙い】特大万馬券1本を含め高配当を7本的中
09月【大穴狙い】特大万馬券7本を含め高配当を10本的中
08月【大穴狙い】特大万馬券3本を含め高配当を5本的中
07月【大穴狙い】万馬券7本含めて高配当を11本的中
06月【大穴狙い】3連複89820円を含め高配当を6本的中
05月【大穴狙い】万馬券を2本含めて高配当を4本的中
04月【大穴狙い】大阪杯の的中を含めて高配当を6本的中
03月【大穴狙い】万馬券4本を含めて高配当を9本的中
02月【大穴狙い】3連複32430円を含め高配当を3本的中
01月【大穴狙い】愛知杯、フェアリーSを含め高配当8本的中

十八番の中京、チャンピオンズカップで
高配当を獲りたい方は下記から申し込みをして下さい。

申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします

入会希望の方は事前に必ず読んで下さい。
当会の買い方は コチラへ 基本ベースは コチラへ


◆直近の高配当的中

11/25 東京12R
◎キョウワゼノビア(6人気) 3連複4090円
キョウワゼノビアは前日にランキングに掲載した自信の◎

11/19 福島9R
ポンテファブリチオ(10人気) 馬単4960円 馬単5点

11/18 福島11R フルーツラインカップ
◎メイショウキトラ(9人気) 3連複7220円

11/18 福島9R
◎ロジベスト(5人気) 3連複13680円

11/18 福島8R
◎シャンティローザ(7人気) 3連複34810円
馬単2着流し13人気ラハトケレブが2着で本線で的中

11/11 福島10R 三春駒特別
◎ハウエバー(9人気) 3連複43400円
馬単2着流しリリーモントルーが2着 馬単9670円
ハウエバーは前日にランキングに掲載した自信の◎

11/4  福島11R みちのくステークス
◎ユキノアイオロス(9人気) 3連複90740円
馬単2着流し6人気ナインテイルズが2着で本線で的中

11/4  福島10R 会津特別
◎コスモペリドット(9人気) 3連複9610円
コスモペリドットは前日にランキングに掲載した自信の◎

10/29 新潟8R
プレシャスロード(10人気) 馬単7870円 馬単5点

2002年の開設から偽りの成績を掲載した場合は全額返金しています。
買い目にないのに的中というような不正行為は当会は一切していません。
全て真実なので競馬最強の法則の取材を受けて8回も雑誌に掲載されるのです。



◆当会の基本

15年以上も穴党の某予想家が最も予想で重視しているファクターが調教分析で

調教以外にも同じく重視しているラップ、上り3Fの分析を加えて

人気馬のマイナス点を見つけ出し人気薄を◎にして高配当、万馬券を狙い撃ちします。

当会の買い方は コチラへ 基本ベースは コチラへ

十八番の中京、チャンピオンズカップで
高配当を獲りたい方は下記から申し込みをして下さい。

申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします 
返信は info@ooana.sub.jp からになるので携帯からの方は
ooana.sub.jp のドメインを受信できるよう設定して下さい。


◆チャレンジカップの有力馬の調教診断、評価

サトノクロニクル 評価 C

前走終了後は短期の放牧に出され11月14日に栗東に帰厩しました。
翌日の15日から乗り込みを開始して
当週を含めて5本時計を出しています。

コース、坂路併用で5本なので攻めの量は足りていて
先週にコースで併せ馬一杯で負荷をかけて時計を出しているが
当週の攻めがイマイチで格下馬に差し返されて遅れてしまい
終いの伸びが悪かったので状態は下降しています。

デニムアンドルビー 評価 A

前走終了後は5日後の11月10日から乗り込みを開始して
当週を含めて5本時計を出しています。

中3週でコース、坂路併用で5本なので攻めの量は多く
先週はコースで併せ馬一杯で負荷をかけて時計を出し
当週はコースで馬ナリだったが3頭で併せ馬をやり
終い最速ラップが出たので攻めの質は良く状態は上向きです。

ブレスジャーニー 評価 A

前走終了後は在厩して当週を含めて5本時計を出しています。

中5週で5本なので攻めの量は足りていて
先週、当週にコースで併せ馬一杯で負荷をかけて時計を出し
終い最速ラップが出ているので攻めの質は良く休養明け叩かれ
状態は上昇しています。

プリメラアスール 評価 B

前走終了後は6日後の11月18日から乗り込みを開始して
当週を含めて2本時計を出しています。

中2週で2本なので攻めの量は足りていて
当週はコースで単走だったが一杯でやり
終い最速ラップがでたので攻めの質は良いです。

モンドインテロ 評価 B

前走終了後は放牧に出され11月16日に美浦に帰厩しました。
翌日の17日から乗り込みを開始して
当週を含めて4本時計を出しています。

コース、坂路併用でやっているが4本は本数が少ないです。
ただ、先週にコースで馬ナリだが3頭の併せ馬で強めでやり
当週はコースで併せ馬一杯で負荷をかけてやり
終い最速ラップが出たので攻めの質は良いです。


◆チャレンジカップの危険馬

評価 C
右のバナークリックから飛んでご覧下さい 

前走終了後は当週を含めて2本時計を出しています。

中2週で2本なので攻めの量は足りているが
2本とも時計が遅い馬ナリで当週のコースの攻めで
終いが13.0秒もかかったので攻めの質はイマイチで状態は下降気味です。


◆チャレンジカップのレース展望、人気馬のマイナス点

チャレンジカップは2011年まで秋の阪神の開幕週で
朝日チャレンジカップの名称で行われ2012年から
12月の阪神の2週目で1800mのハンデ戦になり
2014年から今の名称のチャレンジカップになりました。

2012年からハンデ戦になると荒れるようになり
2012年から3年続けて3連複で万馬券が出て
2015年は3連複8180円で万馬券にならなかったが
去年は3連複74740円の大波乱になりました。

条件が変更されたので予想の基本のラップ、上り3Fの
分析ができないが人気馬のキャラの分析はできます。


サトノクロニクル

水仙賞 2着 上り3F33.7秒 1位
ラジオNIKKEI賞 6着 上り3F35.6秒 5位
セントライト記念 3着 上り3F34.2秒 4位

1人気になるサトノクロニクルはコーナーが4回あり
直線が短いコースで勝ったことがなく水仙賞は最速上りだったが
重賞の2鞍は5位、4位で速い上りが使えていません。

京都新聞杯もコーナー4回だが直線が長い外回りなので
対象外にしたが上り3Fはメンバー中で4位で
結果は2着だったが速い上りが使えませんでした。

今回はコーナー4回の直線が短い小回り2000mなので
少頭数は歓迎だが速い上りが使えないことがマイナスで
速い上りが必要な開幕週もプラスではありません。


ブレスジャーニーはコーナー4回の2000~2200mで
直線が短いコースは初めてなので走ってみないと分からないが
テンに行ける脚がなく追っ付け通しになりそうな気がします。

条件が違うが近年でマイネルハニー、トーセンスターダムが
サトノクロニクル、ブレスジャーニーと同じ55kで勝っているので
人気の2頭の3歳にチャンスはありそうだがコーナーが4回ある
直線が短い2000mはベストではないので疑った方がいいでしょう。

サトノクロニクル、ブレスジャーニーが危なっかしいが
人気の2頭が飛んでも12頭の少頭数で高配当、万馬券を狙うのは
無謀なのでチャレンジカップは配信しないことにしました。

会員様に申し訳けないが土曜日のステイヤーズステークス、
チャレンジカップの2重賞の配信はパスします。

土曜日は十八番の中京、中山の平場のレースで
高配当、万馬券を獲りにいきます。


十八番の中京、チャンピオンズカップで
高配当を獲りたい方は下記から申し込みをして下さい。

申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします 
返信は info@ooana.sub.jp からになるので携帯からの方は
ooana.sub.jp のドメインを受信できるよう設定して下さい。

入会希望の方は事前に必ず読んで下さい。
当会の買い方は コチラへ 基本ベースは コチラへ


◆穴予想で重要している5項目

1.調教分析 2.上がり3F分析 3.前後半3Fの合算時計

4.トラックバイアス 5.騎手データ

最重要項目は調教分析です。

人気薄が穴を空ける要因は様々ありますが

状態が良くなければ激走できないというのが当会の考えです。

2つ目は上がり3F分析です。

近走の成績は悪いが速い上がりを使い見せ場を作っている馬や

速い上がりが使えるのに最近は状態が悪かったので使えなかった馬などを狙います。

3つ目は前後半3Fの合算ラップです。

近代の競馬は馬場が改良され走破時計が年々速くなり

スピードがなければ勝ち負けになりません。

テン、中、終いの3拍子が揃っていないと勝負にならないので

自身の前半3F通過ラップ、上り3Fの通過ラップを合算した時計を重視しています。

例えば自身の前半3Fが36.0秒、上り3Fが34.5秒だと合算が70.5秒になり

この時計が出走するレースで勝ち負けできるタイムなのかを検証するのです。


4つ目はトラックバイアス、5つ目は騎手データですが

主力は調教分析、上り3F分析、前後半3Fの合算時計の3つになります。

スポンサーサイト