NINJA TOOLS
東海ステークスの調教診断、危険馬、テイエムジンソクのマイナス点 - 調教、ラップ、上り3Fからの高配当狙い
FC2ブログ
 INDEX    RSS    ADMIN

東海ステークスの調教診断、危険馬、テイエムジンソクのマイナス点

4週前は3連複57000円、3週前は3連複33900円、
2017年の最終週は全ての会員様に無料配信したが
ホープフルステークスで3連複10920円、
ベストウィッシュカップで3連複32300円を的中で
3週続けて特大万馬券を獲り2017年のフィニッシュは完璧


万馬券は人気馬を軸◎にして人気薄を何頭も紐に入れる
事故狙いではなく人気薄を軸◎にして獲るものです


◎が来て相手抜け、買い方ミスがあってもこのような成績です

2017年11月~1月は特大万馬券を8本含めて高配当を17本的中

2017年11月~1月の均等買いの成績は
1点300円で純利益+253290円
1点500円で純利益+422150円
◎の3連単1頭マルチで1点100円で+772610円

2017年6月~1月は3連複90740円、89820円、
65440円、57000円、56910円、43400円など
特大万馬券の的中本数は30本で高配当の的中は56本

同じような問い合わせが何人からも来ていますが
配信した買い目に馬番がある分すべて均等買いした成績です


2017年6月から1月まで【大穴狙い】の買い目を均等金額買い
1点300円購入 純利益+518280円
1点500円購入 純利益+863800円

2017年6月から1月まで◎を3連単1頭マルチ均等買い
1点100円購入 純利益+1143700円

2017年は万馬券を41本含めて高配当を84本的中

2017年【大穴狙い】的中総本数84本
馬単、3連複万馬券的中本数 41本
万馬券未満の的中本数 43本
84本の的中時の平均配当 16178円

十八番中の十八番の中京で
高配当を獲りたい方は下記から申し込みをして下さい。

申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします

入会希望の方は事前に必ず読んで下さい。
当会の買い方は コチラへ 基本ベースは コチラへ


◆直近の高配当的中

1/8   京都11R シンザン記念
◎ツヅミモン(7人気) 3連複6980円

1/7   中山12R
エニグマバリエート(8人気) 馬単3800円 馬単5点

12/28 中山12R ベストウィッシュカップ
◎ユニゾンデライト(8人気) 3連複32300円

12/28 中山11R ホープフルステークス
◎ステイフーリッシュ(8人気) 3連複10920円

12/23 中山12R
◎ジェイケイオジョウ(9人気) 3連複33900円

12/17 中京10R 桑名特別
◎アドマイヤジャズ(12人気) 3連複57000円

12/3  中京9R 栄特別
◎キャリアベスト(9人気) 3連複18200円

12/2  中山12R
◎カルヴァリオ(5人気) 3連複1980円

11/25 東京12R
◎キョウワゼノビア(6人気) 3連複4090円
キョウワゼノビアは前日にランキングに掲載した自信の◎

11/19 福島9R
ポンテファブリチオ(10人気) 馬単4960円 馬単5点

2002年の開設から偽りの成績を掲載した場合は全額返金しています。
買い目にないのに的中というような不正行為は当会は一切していません。
全て真実なので競馬最強の法則の取材を受けて8回も雑誌に掲載されるのです。



◆当会の基本

15年以上も穴党の某予想家が最も予想で重視しているファクターが調教分析で

調教以外にも同じく重視しているラップ、上り3Fの分析を加えて

人気馬のマイナス点を見つけ出し人気薄を◎にして高配当、万馬券を狙い撃ちします。

当会の買い方は コチラへ 基本ベースは コチラへ

十八番中の十八番の中京で
高配当を獲りたい方は下記から申し込みをして下さい。

申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします 
返信は info@ooana.sub.jp からになるので携帯からの方は
ooana.sub.jp のドメインを受信できるよう設定して下さい。


◆東海ステークスの有力馬の調教診断、人気馬のマイナス点

★テイエムジンソク 評価 B
CW 83.4 66.4 51.2 38.6 12.8 強め

6Fの時計は遅かったが一杯でなく終い強めで
3F38秒台で終いが12秒後半なのでB評価にしました。

前走終了後に短期の放牧に出され12月26日に栗東に帰厩しました。
翌日の27日から乗り込みを開始して
当週を含めて6本時計を出しています。

コース、坂路併用で6本なので攻めの量は足りていて
先週にコースで負荷をかけて一杯でやって6F80.1秒を出し
当週もコースで単走だったが終いを強めでやって
2週続けて5F51秒台、4F38秒台を出しているので
攻めの質も良く仕上がり具合は良好です。

テイエムジンソクには2つのマイナス点があり
1つ目は昨日のレース展望に掲載したがチャンピオンズカップで
3着内は東海ステークスで不振なことです。

2つ目はテイエムジンソクのキャラです。


下記は近5走のレースの前半5Fのラップです。

チャンピオンズカップ 2着 レースの前半5F61.6秒
みやこステークス   1着 レースの前半5F60.1秒
エルムステークス   2着 レースの前半5F58.2秒
マリーンステークス  1着 レースの前半5F58.7秒
大沼ステークス    1着 レースの前半5F58.6秒

エルム、マリーン、大沼ステークスはダート1700mなので
スタート後の100mのラップは除いています。

ご覧の通りでテイエムジンソクはハイペースが得意なのです。

チャンピオンズカップは5F61.6秒で2番手に控えてしまい
ハイラップでないのに消極的だったので2着に負けたが
5F59秒台~60秒前半のハイラップで先行すると崩れません。


2017年 レースの前半5F63.7秒
2016年 レースの前半5F62.9秒
2015年 レースの前半5F61.2秒

上記は近3年の東海ステークスの前半5Fのラップです。

2015年はニホンピロバローズが逃げてコパノリッキーが
早めに捕まえて4角先頭で飛ばしたので5Fは61.2秒だったが
近2年はニホンピロバローズ、コパノリッキーのような
G1勝ちがある強い先行馬がいなかったのでスローになっています。

今年もG1級の先行馬が不在で前走でディアデルレイが逃げたが
前半5Fは62.3秒でラップは遅かったです。

テイエムジンソクが自らハナを切って5F60秒台で逃げれば
押し切る可能性が高いです。
ただ、控えてしまい近2年のような5F62~63秒台になれば
スローの好走例がないので飛んでしまうことが十分ありえるのです。


次走のフェブラリーステークスを考えるとハナを切って
得意なハイペースにして逃げ切ることはやりたくないはずなので
展開次第になるがテイエムジンソクが飛んでしまうケースも考えて
予想をした方がいいでしょう。

★ドラゴンバローズ 評価 C
坂路 53.3 39.1 25.6 13.1 一杯

攻め駆けしないので3F、2Fの時計の遅さは気にしないが
終いが0.6秒も減速しました。
結果を出している時はテンの時計が遅くても終いが最速になる
加速ラップを出していたので当週の動きはC評価が妥当です。

前走終了後は5日後の1月2日から乗り込みを開始して
当週を含めて3本時計を出しています。

変則の中3週でコース、坂路併用で3本なので攻めの量は足りいて
先週にコースで単走で負荷をかけて一杯で終い最速ラップを出し
当週は坂路で単走で一杯でやったが終いが0.6秒も減速したので
攻めの質はイマイチで状態は下降気味です。

ドラゴンバローズのマイナス点は前走がOP特別で
12着の二桁着順に大敗していることです。


近5年で前走がOP特別、準OPで3着内は5頭いるが
全て着順は4着以内で掲示板にのれなかった馬は来ていません。

ベテルギウスステークスは久しぶりに騎乗した菱田が
スタートミスで出遅れるという明確な敗因があります。

ただ、以前にも出遅れた時がありその時はマクリか後方一気で
末脚を伸ばして道中の位置より上の着順に来ていたのに
前走は4コーナー12番手で12着で全く伸びなかったのです。


主戦の和田が騎乗するので前走のようなことはなさそうで
中京ダートは【2.3.0.1】なので切り捨てることはできないが
OP特別の二桁着順は大きなマイナスで前走で全く伸びなかったので
ドラゴンバローズに厚い印は打てません。

★モルトベーネ 評価 B
坂路 52.8 38.7 25.5 12.9 強め

終いが0.3秒減速したが余力は残っていて
目一杯でやれば伸びていたはずなのでB評価にしました。

前走終了後に放牧に出され1月4日に栗東に帰厩しました。
2日後の6日から乗り込みを開始して
当週を含めて3本時計を出しています。

コース、坂路併用でやっているが攻めの量は少ないです。
ただ、いつも攻めの量は多くないので3本ならば1本少ないだけで
先週にコースで併せ馬一杯で負荷をかけて6F80.4秒の時計を出し
当週は坂路で単走で強めでやり終い最速ラップが出なかったが
余力は残っていたので攻めの質は良いです。

チャンピオンズカップは13着に大敗したが1着から0.8秒差で
2015年で3着のインカンテーションはチャンピオンズカップで
10着だったが1着との差は0.8秒だったのでモルトベーネの
大敗は気にししなくていいでしょう。

ただ、近走が得意なラップなのに負けたことがマイナスです。

アンタレスステークス  1着 レースの前半5F61.2秒
アルデバランステークス 1着 レースの前半5F61.3秒

チャンピオンズカップ 13着 レースの前半5F61.6秒
みやこステークス    5着 レースの前半5F60.1秒
シリウスステークス  11着 レースの前半5F61.6秒

みやこステークスは前半5Fが60.1秒のハイラップで
得意なラップでないので5着に負けたことは納得できるが
チャンピオンズカップ、シリウスステークスはアンタレス、
アルデバランステークとほとんど同じ5Fのラップなのに
二桁着順に負けてしまったのです。

チャンピオンズカップは初のG1レースで相手が強かったので
割り引いてもシリウスステークスは得意な61秒台なのに
11着の大敗は納得できないのです。


それに年齢の6歳もマイナスで近5年で6歳は20頭も出走したが
3着内は去年の3着のメイショウウタゲしかいないのです。


状態は良さそうなので切り捨てることはできないが
近走が得意なラップで結果が出せず6歳の年齢はマイナスなので
モルトベーネに全幅の信頼を置くことはできません。


◆東海ステークスの危険馬

評価 C
右のバナークリックから飛んでご覧下さい 

前走終了後は在厩して乗り込みを開始したのが遅れて
12月25日になってしまい当週を含めて4本時計を出しています。

12月に時計を出さなかったので
中5週で4本なので攻めの量は不足しています。

4本中で3本が時計が遅く負荷がない馬ナリで
当週にコースで3頭で併せ馬で強めでやり先着したが
5F68.3秒は時計が遅く攻めの質もイマイチなので状態は下降気味です。


十八番中の十八番の中京で
高配当を獲りたい方は下記から申し込みをして下さい。

申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします 
返信は info@ooana.sub.jp からになるので携帯からの方は
ooana.sub.jp のドメインを受信できるよう設定して下さい。

入会希望の方は事前に必ず読んで下さい。
当会の買い方は コチラへ 基本ベースは コチラへ


◆穴予想で重要している5項目

1.調教分析 2.上がり3F分析 3.前後半3Fの合算時計

4.トラックバイアス 5.騎手データ

最重要項目は調教分析です。

人気薄が穴を空ける要因は様々ありますが

状態が良くなければ激走できないというのが当会の考えです。

2つ目は上がり3F分析です。

近走の成績は悪いが速い上がりを使い見せ場を作っている馬や

速い上がりが使えるのに最近は状態が悪かったので使えなかった馬などを狙います。

3つ目は前後半3Fの合算ラップです。

近代の競馬は馬場が改良され走破時計が年々速くなり

スピードがなければ勝ち負けになりません。

テン、中、終いの3拍子が揃っていないと勝負にならないので

自身の前半3F通過ラップ、上り3Fの通過ラップを合算した時計を重視しています。

例えば自身の前半3Fが36.0秒、上り3Fが34.5秒だと合算が70.5秒になり

この時計が出走するレースで勝ち負けできるタイムなのかを検証するのです。


4つ目はトラックバイアス、5つ目は騎手データですが

主力は調教分析、上り3F分析、前後半3Fの合算時計の3つになります。
スポンサーサイト