NINJA TOOLS
大阪杯の調教診断、危険馬、人気馬のマイナス点 - 調教、ラップ、上り3Fからの高配当狙い
 INDEX    RSS    ADMIN

大阪杯の調教診断、危険馬、人気馬のマイナス点

高配当、万馬券狙いの【本命狙い】だけじゃなく
買い目2点~5点の【本命狙い】も絶好調
今年の成績70戦33勝 回収率104.0%


買い目2点~5点の少点数で勝ちたい方は【本命狙い】へどうぞ
買い目に資金配分付きなのでそのまま購入するだけです


近6週は人気薄◎が激走してフィリーズレビュー、オーシャンSなど
3連複35980円、19760円、18710円、18630円の
特大万馬券6本含めて高配当を11本的中で確変モード中です

万馬券は人気馬を軸◎にして人気薄を何頭も紐に入れる
事故狙いではなく人気薄を軸◎にして獲るものです


◎が来て相手抜け、買い方ミス、僅差負けがあってもこの成績です

2017年11月~3月は特大万馬券を17本含めて高配当を36本的中

2017年11月~2018年3月の【大穴狙い】を均等買い
1点300円で純利益+60240円
1点500円で純利益+100400円
◎の3連単1頭マルチで1点100円で+341610円

03月【大穴狙い】万馬券3本含めて高配当を7本的中
02月【大穴狙い】万馬券3本含めて高配当を7本的中
01月【大穴狙い】万馬券3本含めて高配当を7本的中
12月【大穴狙い】特大万馬券5本含めて高配当を6本的中
11月【大穴狙い】3連複90740円を含め高配当を9本的中

2017年6月~3月は3連複90740円、89820円、
65440円、57000円、56910円、43400円など
特大万馬券の的中本数は39本で高配当の的中は75本


2017年6月から2018年3月まで【大穴狙い】を均等金額買い
1点300円購入 純利益+325260円
1点500円購入 純利益+542100円

2017年6月から2018年3月まで◎を3連単1頭マルチ均等買い
1点100円購入 純利益+712700円

近年のJRA3連複の平均配当は23000円前後だが
これは超特大万馬券が平均値を上げているだけで
中央値の配当は5500円前後なのです
中央値って何だと思っている方は検索して下さい

ちなみに当会の去年の的中時の平均配当は16178円です
この数字の高さの意味が分からない方は勝つのは難しいでしょう

2017年は万馬券を41本含めて高配当を84本的中

2017年【大穴狙い】的中総本数84本
馬単、3連複万馬券的中本数 41本
万馬券未満の的中本数 43本
84本の的中時の平均配当 16178円

波乱必至のダービー卿チャレンジトロフィー、大阪杯で
高配当を獲りたい方は下記から申し込みをして下さい。

申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします

入会希望の方は事前に必ず読んで下さい。
当会の買い方は コチラへ 基本ベースは コチラへ


◆直近の高配当的中

3/18  中山8R
モクレレ(7人気) 馬単5000円 馬単5点

3/17  中京9R
◎ベストティアーズ(6人気) 3連複1950円

3/11  阪神11R フィリーズレビュー 
◎リバティハイツ(8人気) 3連複9140円

3/10  中山10R 房総特別 
◎ジュンザワールド(11人気) 3連複35980円

3/4   阪神12R
コンクエストシチー(8人気) 馬単6130円 馬単5点

3/4   小倉11R 大宰府特別
◎エマノン(4人気) 3連複10020円
馬単2着流し6人気ダンツペンダントが1着で大本線で的中

3/3   中山11R オーシャンステークス
◎キングハート(10人気) 3連複13740円

2/25  小倉7R
◎レレオーネ(8人気) 3連複7720円

2/18  小倉12R 紫川特別
◎メイショウカリン(5人気) 3連複18710円
メイショウカリンは前日にランキングに掲載しました

2/17  東京12R
◎ワイナムダル(8人気) 3連複19760円

2/17  小倉12R 大牟田特別
◎ピナクルズ(8人気) 3連複18630円

2002年の開設から偽りの成績を掲載した場合は全額返金しています。
買い目にないのに的中というような不正行為は当会は一切していません。
全て真実なので競馬最強の法則の取材を受けて8回も雑誌に掲載されるのです。



◆当会の基本

15年以上も穴党の某予想家が最も予想で重視しているファクターが調教分析で

調教以外にも同じく重視しているラップ、上り3Fの分析を加えて

人気馬のマイナス点を見つけ出し人気薄を◎にして高配当、万馬券を狙い撃ちします。

当会の買い方は コチラへ 基本ベースは コチラへ

波乱必至のダービー卿チャレンジトロフィー、大阪杯で
高配当を獲りたい方は下記から申し込みをして下さい。

申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします 
返信は info@ooana.sub.jp からになるので携帯からの方は
ooana.sub.jp のドメインを受信できるよう設定して下さい。


◆大阪杯の有力馬の調教診断、人気馬のマイナス点

★アルアイン 評価 A
CW 50.1 36.4 11.7 馬ナリ

ペルシアンナイト、500万クラスのアイスバブルと3頭の併せ馬でした。
直線の中盤で先頭に立ちゴール前でペルシアンナイトに差し返されて
併入だったが手応えはペルシアンナイトより優勢で終い最速が出たので
A評価にしました。

前走終了後は短期の放牧に出され2月28日に栗東に帰厩しました。
翌日の1日から乗り込みを開始して
当週を含めて9本時計を出しています。

コース、坂路併用で9本なので攻めの量は足りていて
先週はコースで併せ馬一杯でやり終い最速の11.6秒を出し
当週はコースで馬ナリだったが3頭で併せ馬をやり
馬ナリで終い最速の11.7秒を出したので攻めの質も良く
仕上がり具合は良好です。

アルアインのマイナス点は速い上りが使えないことです。

高松宮記念はメンバー中で1位~3位の速い上りが使えなくても
上位に来れる特殊な馬場だと水曜日にラップ分析して公開したが
1着~3着の上りの順位は4位、5位、6位だったので
当会のラップ分析は正しかったのです。

3着ナックビーナスは速い上りが使えなくても上位に来ていたので
◎候補だったが攻めがイマイチだったので◎にできませんでした。

大阪杯も高松宮記念と同じように先週の馬場を分析して
どのような上りの馬が来ているのかを検証します。


先週は500万クラス以上で芝1600m以上は君子蘭賞、
天神橋特別、毎日杯、四国新聞杯、六甲ステークスの5鞍でした。

その5鞍の3着内の上りの順位は1位が4頭、2位が6頭、
3位が3頭で15頭中で13頭がメンバー中で1位~3位で
13頭の自身の上りとレースの上りとの差の平均は-0.35秒です。

上り1位~3位の13頭の自身の上りとレースとの差の平均が
-0.35秒しかないので後方一気からの鬼脚でなく好位、中団から
速い上りを使った馬が上位に来ているのです。


高松宮記念と違い今の阪神は先行して中団の位置が取れて
速い上りが使えないと勝ち負けできず今週からBコースになるので
先週以上に速い上りは必須になるでしょう。

アルアインの京都記念の上りは3位、セントライト記念は2位、
ダービーは4位、皐月賞は4位で菊花賞は不良馬場なので省いています。

近走で3位以内は2回しかなくそれよりも大きなマイナスは
レースとの差で4戦の平均が-0.175秒しかないのです。

上記に掲載したが先週の平均が-0.35秒なので
アルアインの現状の上りだとキレ負けするのが濃厚なのです。


状態は良さそうで先行力はあるので切り捨てることはできないが
速い上りがないことがアルアインの大きなマイナスなので
全幅の信頼を置くことはできません。

★シュヴァルグラン 評価 B
坂路 53.0 38.8 25.0 12.4 一杯

1000万クラスのインヴィクタとの併せ馬でした。
中盤までインヴィクタの方が手応えが優勢でスパッと切れる
末脚ではなかったが最後はキッチリ交わして終い最速を出し
先着したのでB評価にしました。

前走終了後は放牧に出され2月21日に栗東に帰厩しました。
翌日の22日から乗り込みを開始して
当週を含めて12本時計を出しています。

コース、坂路併用で12本なので攻めの量は多く
先週にコースで併せ馬一杯で負荷をかけてやり
当週は坂路で併せ馬一杯でやり終い最速ラップが出たので
攻めの質も良く状態面に問題はありません。

シュヴァルグランのマイナス点は昨日のレース展望に記載した
サトノダイヤモンドと同様で自身の前後半3Fの合算時計が遅く
スピードが不足していることです。

近走で宝塚記念は逃げたので省くが有馬記念が72.9秒、
ジャパンカップが71.6秒、京都大賞典が71.6秒、
天皇賞春が71.9秒で70秒台が一度もないのです。


近2年の3着内の6頭の合算時計の平均は70.58秒なので
現状のシュヴァルグランはスピード不足で最低でも1秒以上は
時計を詰めないと勝ち負けできないのです。


距離を2400m以上に伸ばして成績が良くなり
現状だと2000mに対応できるスピードがないので
状態は良さそうだがシュヴァルグランに厚い印は打てません。

★スワーヴリチャード 評価 B
CW 83.3 67.6 53.2 39.2 12.4 馬ナリ

デムーロの手綱が全く動かない馬ナリでした。
先週は手前を何度も変える癖を出していたが
今日はそのようなことがなくバランス、リズムを重視した
静の走りで時計が遅かったのでB評価にしたが
Aに近いB評価です。

前走終了後は当週を含めて2本時計を出しています。

中2週で2本なので攻めの量は普通で
先週にコースで馬ナリだったが併せ馬で終い11.9秒を出して
当週はコースで単走の馬ナリでした。

25日の日曜日に時計を出さなかったことが気になるが
先週、当週は馬ナリで終い最速ラップを出しているので
大きな上積みはないが良い状態をキープしています。

スワーヴリチャードのマイナス点は自身の前半3Fの遅さです。

スワーヴリチャードの自身の前半3Fは金鯱賞は38.9秒、
有馬記念は38.3秒、アルゼンチン共和国杯は37.0秒、
ダービーは38.1秒、皐月賞は35.8秒です。


近2年の3着内の6頭の自身の前半3Fの平均は36.82秒なので
アルゼンチン共和国杯、皐月賞くらいで行ければチャンスがあります。

ただ、アルゼンチン共和国杯は得意な左回りで最内をピッタリ回り
皐月賞の時計は速いが終いの伸びがイマイチで6着に負けているので
現状だと金鯱賞や有馬記念のように前半3Fを38秒台で行くのが
この馬のベストなのです。

得意でない右回りと前半3Fの遅さがマイナスなので
スワーヴリチャードに厚い印は打てません。


◆大阪杯の危険馬

評価 C
右のバナークリックから飛んでご覧下さい 

前走終了後は6日後の17日から乗り込みを開始して
当週を含めて4本と時計を出しています。

中2週で4本なので攻めの量は多いが
先週までの3本は坂路で時計が遅い単走の馬ナリで
当週はコースで併せ馬一杯でやり終い最速の11.7秒を出して
先着したが手応えは劣勢で好成績を出している時の当週はコースで
併せ馬の4Fからなのに今日は6Fからビッシリ一杯でやりました。

いつもならば当週のような追い切りを1週前にやって
当週は調整程度で4Fからなのに違うことをやっているので
まだ良い時の状態に戻っていないのでしょう。

この馬のマイナス点は昨日のレース展望に記載したが
現状は大阪杯で勝ち負けできるスピードがないことです。

叩かれたのに状態の上昇がなくスピード不足なので
厚い印は絶対に打てません。


波乱必至のダービー卿チャレンジトロフィー、大阪杯で
高配当を獲りたい方は下記から申し込みをして下さい。

申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします 
返信は info@ooana.sub.jp からになるので携帯からの方は
ooana.sub.jp のドメインを受信できるよう設定して下さい。

入会希望の方は事前に必ず読んで下さい。
当会の買い方は コチラへ 基本ベースは コチラへ


◆穴予想で重要している5項目

1.調教分析 2.上がり3F分析 3.前後半3Fの合算時計

4.トラックバイアス 5.騎手データ

最重要項目は調教分析です。

人気薄が穴を空ける要因は様々ありますが

状態が良くなければ激走できないというのが当会の考えです。

2つ目は上がり3F分析です。

近走の成績は悪いが速い上がりを使い見せ場を作っている馬や

速い上がりが使えるのに最近は状態が悪かったので使えなかった馬などを狙います。

3つ目は前後半3Fの合算ラップです。

近代の競馬は馬場が改良され走破時計が年々速くなり

スピードがなければ勝ち負けになりません。

テン、中、終いの3拍子が揃っていないと勝負にならないので

自身の前半3F通過ラップ、上り3Fの通過ラップを合算した時計を重視しています。

例えば自身の前半3Fが36.0秒、上り3Fが34.5秒だと合算が70.5秒になり

この時計が出走するレースで勝ち負けできるタイムなのかを検証するのです。


4つ目はトラックバイアス、5つ目は騎手データですが

主力は調教分析、上り3F分析、前後半3Fの合算時計の3つになります。
スポンサーサイト