NINJA TOOLS
七夕賞の調教診断、危険馬、人気馬のマイナス点 - 調教、ラップ、上り3Fからの高配当狙い
FC2ブログ
 INDEX    RSS    ADMIN

七夕賞の調教診断、危険馬、人気馬のマイナス点

当会が最も得意としている中京、福島のツートップ開催に
函館が加わる夏競馬の7月は当会の一番の稼ぎ時です

十八番の中京のCBC賞は馬単5点で馬単12560円を的中させ
今年の夏の中京もイケルという確信が持てました

今年も例年通りで7月の大爆発に大いに期待して下さい


申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします

高配当、万馬券は人気馬を軸◎にして人気薄を何頭も紐に入れる
事故狙いではなく人気薄を軸◎にして獲るものです


上半期は◎が運に見放されたハナ、首差の僅差の4着負け、
相手が僅差の4着、買い方ミスで3連複10万、7万、6万など
高配当を15本以上も外したのにこの成績です

半年でも1年でも【大穴狙い】の成績がほぼ同じが
本物の勝ち組である証明です


2018年の今週まで26週で特大万馬券を19本含めて
高配当の的中は45本


2018年の今週まで【大穴狙い】の買い目を均等金額買い
1点300円購入 純利益+749070円
1点500円購入 純利益+1248450円

2018年の今週まで◎を3連単1頭マルチ均等買い
1点100円購入 純利益+2719930円

2017年6月~2018年7月の特大万馬券の的中本数は49本で
高配当の的中は99本


2017年6月から2018年7月まで【大穴狙い】を均等金額買い
1点300円購入 純利益+1433070円
1点500円購入 純利益+2388450円

2017年6月から2018年7月まで◎を3連単1頭マルチ均等買い
1点100円購入 純利益+4172900円

07月【大穴狙い】CBC賞の万馬券を含めて高配当を2本的中
06月【大穴狙い】万馬券3本含めて高配当を8本的中
05月【大穴狙い】3連複72280円を含め高配当を6本的中
04月【大穴狙い】3連複423290円を含め高配当を7本的中
03月【大穴狙い】万馬券4本含めて高配当を8本的中
02月【大穴狙い】万馬券3本含めて高配当を7本的中
01月【大穴狙い】万馬券3本含めて高配当を7本的中

5月13日の京都12Rで8人気◎トシストロングが激走して
3連複72280円の特大万馬券を的中


京都12Rの3連複72280円の特大万馬券を的中した
貴重な画像を一部の会員様の了解を得て掲載しています

2018051313.jpg  201805133 (2)  201805132.jpg  201805138.jpg

医王寺特別の1鞍だけで会員様が360万、211万円を獲得

4/15 福島10R 医王寺特別
◎ジェスロ(11人気) 3連複423290円
ジェスロは前日からランキングに掲載しました

3連複の的中票数は僅かに155票だが約3割が当会の会員様の的中です

某会員様は当会の買い目通りに購入して14000円購入が
払戻し2116450円で1鞍で210万円プラス

某会員様は3連単◎軸1頭マルチで16800円購入が
払戻し3600900円で1鞍で358万円プラス

多くの会員様から頂いた的中画像の一部です

201804153.png  201804152.png  20180416.jpg 201804162.png

近年のJRA3連複の平均配当は23000円前後だが
これは超特大万馬券が平均値を上げているだけで
中央値の配当は5500円前後なのです
中央値って何だと思っている方は検索して下さい

ちなみに当会の去年の的中時の平均配当は16178円です
この数字の高さの意味が分からない方は勝つのは難しいでしょう

2017年は万馬券を41本含めて高配当を84本的中

2017年【大穴狙い】的中総本数84本
馬単、3連複万馬券的中本数 41本
万馬券未満の的中本数 43本
84本の的中時の平均配当 16178円

十八番の中京、福島、函館、プロキオンステークスで
高配当を獲りたい方は下記から申し込みをして下さい。

申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします

入会希望の方は事前に必ず読んで下さい。
当会の買い方は コチラへ 基本ベースは コチラへ


◆直近の高配当的中

7/1   中京11R CBC賞
ナガラフラワー(9人気) 馬単12560円

7/1   中京10R 香嵐渓特別
◎ブライスガウ(5人気) 3連複2840円

6/17  函館12R 北斗特別
◎ジェネラルゴジップ(8人気) 3連複6560円
ジェネラルゴシップは前日から◎予定だとランキングに掲載

6/17  函館11R 函館スプリントステークス
ヒルノデイバロー(10人気) 馬単16560円

6/17  函館9R 
デルマギオン(6人気) 馬単3740円

6/16  阪神12R
◎ナンヨーマーズ(9人気) 3連複13870円

6/16  函館10R 駒ヶ岳特別
◎ディバインブリーズ(10人気) 3連複37020円

6/9   東京12R
◎ルックアットミー(8人気) 3連複5000円

6/9   東京11R アハルテケステークス 
◎オールマンリバー(6人気) 3連複5560円

6/3   東京11R 安田記念
◎アエロリット(5人気) 3連複6560円

5/26  京都12R
◎ヒップホップスワン(8人気) 3連複15610円

2002年の開設から偽りの成績を掲載した場合は全額返金しています。
買い目にないのに的中というような不正行為は当会は一切していません。
全て真実なので競馬最強の法則の取材を受けて8回も雑誌に掲載されるのです。



◆当会の基本

15年以上も穴党の某予想家が最も予想で重視しているファクターが調教分析で

調教以外にも同じく重視しているラップ、上り3Fの分析を加えて

人気馬のマイナス点を見つけ出し人気薄を◎にして高配当、万馬券を狙い撃ちします。

当会の買い方は コチラへ 基本ベースは コチラへ

十八番の中京、福島、函館、プロキオンステークスで
高配当を獲りたい方は下記から申し込みをして下さい。

申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします 
返信は info@ooana.sub.jp からになるので携帯からの方は
ooana.sub.jp のドメインを受信できるよう設定して下さい。


◆七夕賞の有力馬の調教診断、人気馬のマイナス点

七夕賞は11頭立てになりそうで高配当を獲りにくのは
ハイリスク、ローリターンなので七夕賞の配信は見送ります。

七夕賞で勝負したい方は当会のラップ、調教分析を参考にして下さい。

プロキオンステークスは必ず配信します。


プロキオンステークスの有力馬の調教診断、レース展望は
7月5日のブログ、メルマガで公開します。

★キンショーユキヒメ 54k 評価 B
CW 82.6 66.1 51.1 37.2 11.9 一杯

6Fの全体時計が遅いが4F、3Fはこの馬らしい時計で
力強い脚さばきで終い最速11.9秒がでたのでB評価にしました。

前走終了後は当週を含めて2本時計を出しています。

中3週で2本だが福島牝馬ステークスを中5週で4本で
勝っているので攻めの量は少なくても問題はありません。

先週はコースで単走だったが負荷をかけて一杯でやり
6F79.0秒の速い全体時計を出して終いが最速ラップの
11.8秒を出して当週もコースで単走で一杯でやり
全体時計は遅かったが終い最速の11.9秒が出たので
攻めの質は良く状態面に問題はありません。

下記はキンショーユキヒメの近走の自身の前半3F、上り3Fのラップです。

マーメイドS 36.9-35.2 7着

福島牝馬S  36.4-35.4 1着

中山牝馬S  38.5-35.1 7着

愛知杯    36.9-35.1 10着

近5年の3着内の15頭の自身の前半3Fの平均は35.52秒、
上り3Fの平均は35.57秒です。

近走のキンショーユキヒメの上り3Fはすべて35秒前半で
近年の七夕賞で勝ち負けできる上り3Fはクリアしているが
前半5F35秒台がないことが大きなマイナスです。

芝1800m以上を15戦しているが自身の前半3Fが
35秒台は僅かに2回しかなくその2回は1800mで
2000mでは一度もないのです。


状態は良さそうだが現状は自身の前半3Fのスピード不足なので
キンショーユキヒメに全幅の信頼を置くのは危険です。

★サーブルオール 55k 評価 B
南W 68.6 53.1 39.1 12.9 馬ナリ

テンをゆっくり行って終いまでバランスを重視した走りで
1F12.9秒が出たが頭が高く12秒台が出ているような
力強さがない平凡な走りでした。

当週の単走はいつも通りだが3Fの時計が遅いです。
前走、2走前も単走の馬ナリだったが前走は3F38.6秒で
2走前は38.0秒だったが今回は39.1秒でした。

馬ナリで4F53.1秒が出たのでB評価にしたが
力強さがなかったのでC評価に近いB評価です。

前走終了後は短期の放牧に出されて6月28日に美浦に帰厩して
当週を含めて2本時計を出しています。

近3走すべて放牧明けで3本だけで4着、1着、1着なので
攻めの量は少なくても大丈夫です。
ただ、近2走は3F38秒台だったが当週は3F39.1秒で
時計が遅かったので状態は下降気味です。

サーブルオールのマイナス点は昨日のレース展望に記載したが
キンショーユキヒメと同様で自身の前半3Fの遅さと
好走時のほとんどが自身の上り3Fが33.8秒~34.5秒の
スローのヨーイドンの時なので近5年の七夕賞の3着内の15頭の
ラップとは真逆なのです。


12頭以下の少頭数の成績が【4.1.0.1】なので
11頭立てになるのはプラスだがラップが合わなくて
状態もイマイチなので全幅の信頼を置くのは危険です。

★ワンブレスアウェイ 53k 評価 B
南W 67.3 52.4 38.9 13.1 馬ナリ

5Fの全体時計が遅く最後まで舌がハミを越して
集中力を欠いていたが軽快な脚さばきで駆け抜けました。

この馬らしいトビが大きいフォームだったが
終い1Fが12秒台でなく13.1秒は遅いです。
攻め駆けするので馬ナリで終い12秒台が出せるのに
13.1秒かかってしまったのでB評価にしたが
C評価に近いB評価です。

前走終了後は12日後の22日から乗り込みを開始して
当週を含めて5本時計を出しています。

中3週でコース、坂路併用で5本なので攻めの量は多く
先週はコースで併せ馬で馬ナリだったが4F52.6秒を出して
当週はコースで単走の馬ナリでやり4F52.4秒は速いが
終いの伸びが案外で12秒台でなく13.1秒だったので
状態は下降気味です。

下記はワンブレスアウェイの近走の自身の前半3F、上り3Fのラップです。

マーメイドS 36.4-34.6 2着

福島牝馬S  36.7-36.3 6着

中山牝馬S  38.7-35.0 11着

愛知杯    36.1-35.4 6着

近5年の3着内の15頭の自身の前半3Fの平均は35.52秒、
上り3Fの平均は35.57秒です。

中山牝馬ステークス、愛知杯は上り3Fが35秒前半だが
2走とも自身の前半3Fが遅く11着、6着に負けていて
近5年の七夕賞の3着内の15頭のラップに合っていません。


マーメイドステークスで久しぶりの上り3F34秒台を使い
2着に来たが近年の七夕賞は34秒台の上りは不要なので
マーメイドステークスは参考になりません。

サーブルオールと同様で12頭以下の少頭数が得意で
成績が【3.2.1.1】なので11頭立てになるのはプラスだが
勝ち負けできるラップで走って結果を出したことがないので
ワンブレスアウェイに全幅の信頼を置くのは危険です。

◆七夕賞の危険馬

評価 C
右のバナークリックから飛んでご覧下さい 

前走終了後は放牧に出され6月7日に美浦に帰厩しました。
3日後の10日から乗り込みを開始して
当週を含めて7本時計を出しています。

攻めの量は足りていて4週続けてコースで併せ馬をやっているが
4本すべて負荷がない馬ナリで当週もコースで併せ馬でやったが
格下の相手に手応えが劣勢で全体時計が遅く5F69.9秒で
終いの伸びも案外で3F40.1秒なのに1F13.2秒だったので
攻めの質はイマイチで状態面に問題がありそうです。

下記は近走の自身の前半3F、上り3Fのラップです。

36.3-36.0 1着

38.7-34.8 9着

37.5-34.0 3着

36.0-36.9 11着

近5年の3着内の15頭の自身の前半3Fの平均は35.52秒、
上り3Fの平均は35.57秒です。

ご覧の通りで近4走で自身の前半3Fが35秒台が一度もなく
上り3Fも35秒台がないのです。

前走はレースの上り3Fが12.8-12.4-12.8秒という
ズブズブのハイペースになり漁夫の利がハマっただけで
高評価できる内容でなく七夕賞はそのようなラップになりません。


七夕賞で勝ち負けできるラップで走っていなくて
状態面にも問題がありそうなので危なっかしい人気馬です。

十八番の中京、福島、函館、プロキオンステークスで
高配当を獲りたい方は下記から申し込みをして下さい。

申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします 
返信は info@ooana.sub.jp からになるので携帯からの方は
ooana.sub.jp のドメインを受信できるよう設定して下さい。

入会希望の方は事前に必ず読んで下さい。
当会の買い方は コチラへ 基本ベースは コチラへ


◆穴予想で重要している5項目

1.調教分析 2.上がり3F分析 3.前後半3Fの合算時計

4.トラックバイアス 5.騎手データ

最重要項目は調教分析です。

人気薄が穴を空ける要因は様々ありますが

状態が良くなければ激走できないというのが当会の考えです。

2つ目は上がり3F分析です。

近走の成績は悪いが速い上がりを使い見せ場を作っている馬や

速い上がりが使えるのに最近は状態が悪かったので使えなかった馬などを狙います。

3つ目は前後半3Fの合算ラップです。

近代の競馬は馬場が改良され走破時計が年々速くなり

スピードがなければ勝ち負けになりません。

テン、中、終いの3拍子が揃っていないと勝負にならないので

自身の前半3F通過ラップ、上り3Fの通過ラップを合算した時計を重視しています。

例えば自身の前半3Fが36.0秒、上り3Fが34.5秒だと合算が70.5秒になり

この時計が出走するレースで勝ち負けできるタイムなのかを検証するのです。


4つ目はトラックバイアス、5つ目は騎手データですが

主力は調教分析、上り3F分析、前後半3Fの合算時計の3つになります。
スポンサーサイト