NINJA TOOLS
秋華賞の調教診断、危険馬、ラップ分析、人気馬のマイナス点 - 調教、ラップ、上り3Fからの高配当狙い
FC2ブログ
 INDEX    RSS    ADMIN

秋華賞の調教診断、危険馬、ラップ分析、人気馬のマイナス点

今週からの裏開催の新潟の3週その後の福島の3週の計6週で
高配当、万馬券を量産して下さい


去年の秋の新潟、福島開催の6週間で東京、京都は省いて
新潟、福島だけで3連複90740円、43400円の
特大万馬券を含めて高配当を10本

今年の新潟の高配当の的中は5本、福島は7本的中

2開催の近5週は8R以降で大万馬券がほとんどなかったが
裏開催は当たり前のように大きな配当がでます

8/5 新潟11R レパードS 3連複102870円

3週間で2回の3連複10万オーバーを当てる所は当会しかありません

高配当、万馬券は人気馬を軸◎にして人気薄を何頭も紐に入れる
事故狙いではなく人気薄を軸◎にして獲るものです


2018年の今週まで40週で特大万馬券を26本含めて
高配当の的中は66本


2018年の今週まで【大穴狙い】の買い目を均等金額買い
1点300円購入 純利益+665550円
1点500円購入 純利益+1109250円

【大穴狙い】は1点100円でも今週まで純利益+221850円

2018年の今週まで◎を3連単1頭マルチ均等買い
1点100円購入 純利益+3096650円

2018年の6月から重賞レースの買い目を均等金額買い
1点300円購入 純利益+200790円

◎がハナ、首差の僅差の負け、相手が僅差の4着、買い方ミスで
10万、7万、6万、4万など高配当を30本以上も外したのに
当会の人気薄◎の精度が高いので運、ツキに見放されても
負けなしの大勝ちなのです


7月21日の函館9Rの3連複113340円の特大万馬券に続き
レパードステークスでも3連複102870円の特大万馬券を的中

8/5 新潟11R レパードステークス
◎ビッグスモーキー(9人気) 3連複102870円

201808052.png 201808055.jpg 201808051.png 201808053.png 201808054.png

7/21 函館9R
◎リンシャンカイホウ(9人気) 3連複113340円
馬単2着流しの8人気コーラルリーフが1着

3連複の的中票数は約480票だが約3割が当会の会員様の的中です

201807213.png 2018072151.png 201807211.jpg 201807212.png 201807214.png

申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします

半年でも1年でも【大穴狙い】の成績がほぼ同じが
本物の勝ち組である証明です


2017年6月~2018年10月の特大万馬券の的中本数は56本で
高配当の的中は120本


2017年6月から2018年10月まで【大穴狙い】を均等金額買い
1点300円購入 純利益+1349550円
1点500円購入 純利益+2249250円

1点100円購入でも純利益+449850円

2017年6月から2018年10月まで◎を3連単1頭マルチ均等買い
1点100円購入 純利益+4549620円

10月【大穴狙い】高配当を1本的中
09月【大穴狙い】札幌2歳Sを含め高配当を6本的中
08月【大穴狙い】レパードSの102870円を含め高配当を5本的中
07月【大穴狙い】3連複113340円を含め高配当を8本的中
06月【大穴狙い】万馬券3本含めて高配当を8本的中
05月【大穴狙い】3連複72280円を含め高配当を6本的中
04月【大穴狙い】3連複423290円を含め高配当を7本的中
03月【大穴狙い】万馬券4本含めて高配当を8本的中
02月【大穴狙い】万馬券3本含めて高配当を7本的中
01月【大穴狙い】万馬券3本含めて高配当を7本的中

医王寺特別の1鞍だけで会員様が360万、211万円を獲得

4/15 福島10R 医王寺特別
◎ジェスロ(11人気) 3連複423290円
ジェスロは前日からランキングに掲載しました

3連複の的中票数は僅かに155票だが約3割が当会の会員様の的中です

某会員様は当会の買い目通りに購入して14000円購入が
払戻し2116450円で1鞍で210万円プラス

某会員様は3連単◎軸1頭マルチで16800円購入が
払戻し3600900円で1鞍で358万円プラス

多くの会員様から頂いた的中画像の一部です

201804153.png  201804152.png  20180416.jpg 201804162.png

近年のJRA3連複の平均配当は23000円前後だが
これは超特大万馬券が平均値を上げているだけで
中央値の配当は5500円前後なのです
中央値って何だと思っている方は検索して下さい

ちなみに当会の去年の的中時の平均配当は16178円です
この数字の高さの意味が分からない方は勝つのは難しいでしょう

2017年は万馬券を41本含めて高配当を84本的中

2017年【大穴狙い】的中総本数84本
馬単、3連複万馬券的中本数 41本
万馬券未満の的中本数 43本
84本の的中時の平均配当 16178円

高配当が続出する十八番の新潟、秋華賞で
高配当を獲りたい方は下記から申し込みをして下さい。

申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします

入会希望の方は事前に必ず読んで下さい。
当会の買い方は コチラへ 基本ベースは コチラへ


◆直近の高配当的中

10/7 東京8R
◎サンデュランゴ(9人気) 3連複4580円

9/29 中山12R
◎タイキメサイア(5人気) 3連複8910円

9/22 中山12R
◎ショワドゥロワ(8人気) 3連複10740円

9/22 中山11R セプテンバーステークス
アドマイヤナイト(7人気) 馬単4000円 馬単5点

9/17 中山11R セントライト記念
◎グレイル(6人気) 3連複5460円

9/17 阪神7R
ヤマニンペダラーダ(7人気) 馬単3870円 馬単5点

9/16 中山9R 汐留特別
ラレッサングル(8人気) 馬単3120円 馬単5点

9/2  小倉12R
◎ニッポンテイオー(6人気) 3連複3560円

9/1  札幌11R 札幌2歳ステークス
◎ニシノデイジー(6人気) 3連複6320円

9/1  新潟10R 弥彦特別
◎ウインシトリン(8人気) 3連複16290円

8/26 札幌8R
◎シルヴァーメテオ(7人気) 3連複6560円

8/25 札幌10R ワールドオールスターJ第1戦
◎サラデコラシオン(7人気) 3連複13370円
馬単2着流しのアイファープリティが1着で穴馬がワンツー

2002年の開設から偽りの成績を掲載した場合は全額返金しています。
買い目にないのに的中というような不正行為は当会は一切していません。
全て真実なので競馬最強の法則の取材を受けて8回も雑誌に掲載されるのです。



◆当会の基本

15年以上も穴党の某予想家が最も予想で重視しているファクターが調教分析で

調教以外にも同じく重視しているラップ、上り3Fの分析を加えて

人気馬のマイナス点を見つけ出し人気薄を◎にして高配当、万馬券を狙い撃ちします。

当会の買い方は コチラへ 基本ベースは コチラへ

高配当が続出する十八番の新潟、秋華賞で
高配当を獲りたい方は下記から申し込みをして下さい。

申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします 
返信は info@ooana.sub.jp からになるので携帯からの方は
ooana.sub.jp のドメインを受信できるよう設定して下さい。


◆秋華賞の有力馬の調教診断、人気馬のマイナス点

★アーモンドアイ 評価 A
坂路 49.7 37.0 24.7 12.5 馬ナリ

500万クラスのミッキークロスとの併せ馬でした。
時計が出やすい馬場の6、7分所を走っていたのを
差し引いても4F49.7秒は破格で自己ベストで
10日の坂路の1番時計です。

終いが12.2-12.5秒と加速できなかったが
手綱が動かない余力十分で終い1Fが12.5秒だったので
A評価にしました。

ただ、10日の馬場が軽くて坂路で全く動かない
500万クラスの4歳のトワイライトライフが2番時計の
49.8秒を出して4F51秒台を出したのが8頭もいるので
アーモンドアイの49.7秒を鵜呑みにするのは危険です。

前走終了後は放牧に出されて9月12日に美浦に帰厩しました。
8日後の20日から乗り込みを開始して
当週を含めて6本時計を出しています。

同じ休養明けだったシンザン記念、桜花賞の本数が6本で
今回も6本なので本数は同じだがシンザン記念、桜花賞は
コースだけの6本で今回はコース1本、坂路5本なので
内容がまったく違います。

気になるのが初時計の遅さで9月12日に帰厩して
普通ならば週末の9月15日か16日に時計を出すはずなのに
時計を出さず8日後の9月20日の坂路が初時計なのです。

オークスは桜花賞から短期放牧明けで初時計は帰厩の3日後で
桜花賞も放牧明けで帰厩の3日後に初時計を出していたが
今回は8日後なのでなぜ遅れたのか分からないのです。


それに当週の坂路は初めてで春と違いコースでなく
坂路を中心に攻めをやりパターンを変えてきたことも
気になる材料だが先週、当週の動きだけならば何も問題なく
ほぼ完璧です。

昨日のレース展望で秋華賞のラップ分析をしました。

良馬場だと2016年、12年が前後半3F差がマイナスの
スローペースでもしこの2年のようなスローペースになれば
アーモンドアイの3着内はほぼ確実です。

アーモンドアイが飛ぶ可能性があるのは2015年、14年、
13年のように前後半3F差がプラスのハイペースになった時です。

2015年、14年、13年のハイペースの3年の3着内の9頭の
自身の前半3Fとレース3Fとの差の平均が+2.24秒で
逃げ馬から10馬身以上とかなり後方の位置取りなのです。

アーモンドアイの近3走の自身の前半3Fとレース3Fとの差は
+1.4秒、+1.6秒、+1.2秒で後方からの差しだが
逃げ馬とは6~8馬身ほどの位置で+2秒以上は未経験なのです。

アーモンドアイが飛ぶパターンはハイペースなのに
グリグリ人気なのでルメールが位置を取りにいって
早めに仕掛けた時だと考えています。


それに近10年でオークスからの直行は【0.0.0.10】で
3着内がいないというデータがあります。


01年のテイエムオーシャン、06年のカワカミプリンセンスが
オークスからの直行で1着だったが第1回の秋華賞の1996年は
直行で単勝170円のエアグルーヴが10着に大敗しました。

その1996年は現地の京都競馬場で観戦していて
NHKマイルカップから直行だったが当週の攻めが絶品で
距離延長は絶対にプラスなのでファビラスラフィンが
自信の◎で馬連15500円を厚めで的中させました。

当時は3連複がなかったが3着のロゼカラーも買っていたので
3連複があれば3万以上はついていたでしょう。

その秋華賞から22年が経つが当会にはオークスから直行で
グリグリ人気で飛んだエアグルーヴのことが鮮明に残っていて
アーモンドアイが強いことは重々承知しているが小回りで
平坦の2000mはピッタリの舞台ではないので全幅の信頼が
どうしても置けないのです。

★カンタービレ 評価 B
CW 83.9 67.2 51.6 37.5 12.2 馬ナリ

OP馬トーセンビクトリーとの併せ馬でした。
ゴール前でトーセンビクトリーに差し返されてしまい
併入だったが終いまで手応えは優勢で終い最速の
12.2秒が余力十分で出たのでB評価にしました。

前走終了後は10日後の26日から乗り込みを開始して
当週を含めて4本時計を出しています。

中3週でコース、坂路併用で4本なので攻めの量は多く
先週はコースで馬ナリだったが3頭の併せ馬で
牡馬の準OPのグローブシアターが一杯で追っているのに
馬ナリで圧倒して終い最速の11.6秒を出して先着して
当週はコースで2頭の併せ馬で馬ナリで全体時計は遅かったが
格上のトーセンビクトリーを最後まで圧倒して終い12.2秒を
余力十分で出したので大きな上積みはなさそうだが
前走くらいの良い状態をキープしています。

カンタービレの近走の自身の前半3Fとレース3Fとの差

ローズS 35.4秒(+0.2秒) 1着
オークス 36.7秒(+1.0秒) 13着
フラワー 36.8秒(+0.8秒) 1着

ハイペースで前傾ラップだった2013年~15年の
3着内の9頭の自身の前半3Fの平均は36.47秒で
レース3Fとの差の平均は+2.24秒です。

ご覧の通りで結果を出したローズステークス、フラワーカップは
レース3Fとの差が+0.2秒、+0.8秒で幅が小さいのです。

ローズステークスのレースの前後半3F差が-1.2秒で
フラワーカップが前後半3F差が-1.3秒で2走とも
後傾ラップのスローペースでした。


オークスがレース3Fとの差が+1.0秒だったが
13着に大敗しているのでスローペースでレース3Fとの差が
+0.8秒以内で先行した時にしか結果が出せていないのです。

2016年のようにレースの前後半3F差が-1.4秒のような
スローペースになればチャンスは出てくるが平均ペース、
ハイペースになれば好走例がないのでどこにもいないでしょう。


状態が良さそうでローズステークス組は強いので
切り捨てることはできないがラップ分析からカンタービレに
プラス点はないので厚い印を打つことはできません。

★サラキア 評価 A
CW 82.8 67.5 52.1 37.8 11.5 強め

6F、5Fの時計は速くないがラチ沿いの大外を
余力十分で走って3F37.8秒で終い11.5秒は
速いのでA評価にしました。

前走終了後は10日後の26日から乗り込みを開始して
当週を含めて4本時計を出しています。

中3週でコース、坂路併用で4本なので攻めの量は多く
先週はコースで馬ナリだったが併せ馬をやり
相手が一杯でやっているのを馬ナリで交わして終い最速の
11.8秒を出して先着して当週はコースで単走の強めで
余力十分で終い最速の11.5秒を出したので
攻めの質も良く状態面に問題はありません。

サラキアの近走の自身の前半3Fとレースとの差

ローズS 36.2秒(+1.0秒) 2着
青島特別 37.6秒(+3.1秒) 1着
白百合S 36.4秒(+1.8秒) 2着
フローラ 38.2秒(+1.3秒) 4着

青島特別は1700mなので最初の100mは省いています。

ハイペースで前傾ラップだった13年~15年の
3着内の9頭の自身の前半3Fの平均は36.47秒で
レース3Fとの差の平均は+2.24秒です。

ご覧の通りで青島特別、フローラステークスの2走は
自身の前半3Fの時計が遅く高評価できないが
白百合ステークスは勝ち負けできるラップで走っています。


その白百合ステークスは2着で1着から0.5秒も遅れたが
勝ったのが菊花賞でも有力なメイショウテッコンで距離は違うが
同じ京都で高評価できる内容で走っているのでチャンスはあります。

ただ、サラキアには大きなマイナス点があり
それは芝1800m以上で勝ち鞍がないことです。

近5年の3着内の15頭すべて芝1800m以上で勝っていて
過去10年まで広げて3着内の30頭中で28頭が勝っていて
例外はキョウワジャンヌ、プロヴィナージュの2頭しかいません。


キョウワジャンヌは初めての芝1800mのローズステークスで
3着で秋華賞の権利を取りサラキアも初の1800mの出走だった
ローズステークスで2着で酷似しているが過去10年まで広げても
芝1800m以上で勝ちがないのが2頭しかいないのはマイナスです。

秋華賞で勝ち負けできるラップで好走した経験があり
状態も良さそうなのでチャンスは大いにあるが芝1800m以上で
勝ちがないことがマイナスなので全幅の信頼を置くことはできません。


◆秋華賞の危険馬

評価 C
右のバナークリックから飛んでご覧下さい 

前走終了後は放牧に出されて8月末に帰厩する予定だったが
放牧先で球節を痛めてしまい予定が変更され栗東に帰厩したのは
9月13日になってしまいました。

帰厩してからも完治していないのか時計を出すのが遅れて
初めて時計を出したのは6日後の9月19日でコースで
軽くやっただけで翌日の20日にもコースで馬ナリで
軽く時計を出して脚元を観察しました。

本格的に時計を出したのは9月26日の坂路からで
負荷をかけてやったのは10月3日でコースで一杯でやり
相手に0.7秒も先着して終い11.9秒が出たが
ゴール前は余力がなくいつもの反応の良さがありませんでした。

当週はコースで併せ馬で馬ナリで6F82.2秒を出して
一杯で追っている相手に0.3秒先着しました。
先週と違い当週は余力十分で終い11.9秒を出して
反応は先週より良くなっています。

ただ、近2走と当週の6F、5Fの時計が大きく違います。

オークスの当週は6F86.0秒、5F69.2秒で、
桜花賞の当週は6F84.6秒、5F67.1秒で
テンをゆっくりやって終いだけ伸ばしていました。

今回は6F82.3秒、5F65.7秒で近2走と違い
速い時計を出したが負荷をかけての攻めが先週の1本しかなく
状態が良くないので近2走と違い当週に速い時計を出したのが
当会の見解です。

近走の自身の前半3Fとレース3Fとの差


36.9秒(+1.2秒) 34.9秒(+0.4秒)
36.3秒(+0.9秒) 36.2秒(+0.9秒)

3走前、4走前はほぼ同じ時計で前半3Fを先行して
レース3Fとの差は全く同じ+0.9秒で1着でした。

2走前はレース3Fとの差が+0.4秒で前に行きすぎて
2着に負けてしまったので前走は初めてレース3Fとの差が
+1秒以上の+1.2秒に控えて競馬をしたが伸びを欠いて
3着止まりだったが近走と違う競馬をして馬券対象に残ったので
能力の高さは証明しました。

ただ、秋華賞は前傾ラップのハイペースだと自身の前半3Fと
レース3Fとの差が+2秒以上でないと勝ち負けできないのです。


未経験のペースだった前走で3着に残っているので
克服する能力の高さを持ち合わせているので
切り捨てることはできないが今までに経験したことがない
ハイペースのラップが濃厚で今の状態ならば
どこにもいない可能性が高いので厚い印は打てません。

高配当が続出する十八番の新潟、秋華賞で
高配当を獲りたい方は下記から申し込みをして下さい。

申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします 
返信は info@ooana.sub.jp からになるので携帯からの方は
ooana.sub.jp のドメインを受信できるよう設定して下さい。

入会希望の方は事前に必ず読んで下さい。
当会の買い方は コチラへ 基本ベースは コチラへ


◆穴予想で重要している5項目

1.調教分析 2.上がり3F分析 3.前後半3Fの合算時計

4.トラックバイアス 5.騎手データ

最重要項目は調教分析です。

人気薄が穴を空ける要因は様々ありますが

状態が良くなければ激走できないというのが当会の考えです。

2つ目は上がり3F分析です。

近走の成績は悪いが速い上がりを使い見せ場を作っている馬や

速い上がりが使えるのに最近は状態が悪かったので使えなかった馬などを狙います。

3つ目は前後半3Fの合算ラップです。

近代の競馬は馬場が改良され走破時計が年々速くなり

スピードがなければ勝ち負けになりません。

テン、中、終いの3拍子が揃っていないと勝負にならないので

自身の前半3F通過ラップ、上り3Fの通過ラップを合算した時計を重視しています。

例えば自身の前半3Fが36.0秒、上り3Fが34.5秒だと合算が70.5秒になり

この時計が出走するレースで勝ち負けできるタイムなのかを検証するのです。


4つ目はトラックバイアス、5つ目は騎手データですが

主力は調教分析、上り3F分析、前後半3Fの合算時計の3つになります。
スポンサーサイト