NINJA TOOLS
大阪杯のレース展望、ブラストワンピースのマイナス点を公開 - 調教、ラップ、上り3Fからの高配当狙い
FC2ブログ
 INDEX    RSS    ADMIN

大阪杯のレース展望、ブラストワンピースのマイナス点を公開

今年の開催12週で土日で高配当の的中なしは僅かに1週だけです
自信の人気薄◎の精度の高さ、回収率の高さが数字に表れています


3/17 阪神9R山陽特別で3連複507630円
3連単2042430円の超々特大万馬券を的中

3連複2800円が507630円で+504830円
3連単16800円が2042430円で+2025630円


自信の人気薄が◎だからこのような高配当が獲れるのです

普通では絶対に獲れない高配当を獲ってみませんか?

3連複的中票数は184票、3連単は58票ですが
的中された約3割が当会の会員様です

3/17 阪神9R 山陽特別
◎ロイヤルメジャー(9人気) 3連複507630円 的中


一部の会員様から了解を得た貴重な的中画像です
会員様が買い目をアレンジされたのもあります

201903171.png  201903172.png  201903173.png  201903174.png

3連単2042430円を的中された某会員様の画像は
会員様のご希望で諸事情により掲載していません
誰もがあれかと思われる諸事情なのでご理解お願いします



競馬最強の法則BTS-CUP2018年~19年第7回大会
当会はぶっちぎりで2位に大差をつけ収支、回収率454%は1位で優勝


高配当、万馬券は人気馬を軸◎にして人気薄を何頭も紐に入れる
事故狙いではなく人気薄を軸◎にして獲るものです


2018年は万馬券を31本含めて高配当を79本的中

18年は◎がハナ、首差の負け、相手が僅差の4着、買い方ミスで
10万、7万、6万、4万など高配当を50本以上も外したのに
人気薄◎の精度が高いので運、ツキに見放されても勝ちなのです

半年、1年、1年半、2年でも【大穴狙い】の成績がほぼ同じが
本物の勝ち組である証明です


2019年の【大穴狙い】成績 3月24日現在 回収率201.7%

1点300円購入 純利益+1012470円
1点500円購入 純利益+1687450円

【大穴狙い】は1点100円で純利益+337490円

2019年の◎を3連単1頭マルチ均等買い
1点100円購入 純利益+1045060円

2017年6月~2019年3月の特大万馬券の的中本数は68本で
高配当の的中は150本


2017年6月から2019年3月まで【大穴狙い】を均等金額買い
1点300円購入 純利益+1978110円
1点500円購入 純利益+3296850円

【大穴狙い】は1点100円で純利益+659370円

2017年6月から2019年2月まで◎を3連単1頭マルチ均等買い
1点100円購入 純利益+4926210円

2018年の超特大万馬券を的中した一部の会員様の貴重な画像です

8/5 新潟11R レパードステークス
◎ビッグスモーキー(9人気) 3連複102870円

7/21 函館9R
◎リンシャンカイホウ(9人気) 3連複113340円
馬単2着流しの8人気コーラルリーフが1着

3連複の的中票数は約480票だが約3割が当会の会員様の的中です

201808052.png 201808055.jpg 201808051.png 201808053.png 201808054.png

201807213.png 2018072151.png 201807211.jpg 201807212.png 201807214.png

4/15 福島10R 医王寺特別
◎ジェスロ(11人気) 3連複423290円
ジェスロは前日からランキングに掲載しました

3連複の的中票数は僅かに155票だが約3割が当会の会員様の的中です

某会員様は当会の買い目通りに購入して14000円購入が
払戻し2116450円で1鞍で210万円プラス

某会員様は3連単◎軸1頭マルチで16800円購入が
払戻し3600900円で1鞍で358万円プラス

201804153.png  201804152.png  20180416.jpg 201804162.png

近年のJRA3連複の平均配当は23000円前後だが
これは超特大万馬券が平均値を上げているだけで
中央値の配当は5500円前後なのです
中央値って何だと思っている方は検索して下さい

2018年の的中時の平均配当は18876円、
2017年は16178円でこの数字の高さの意味が分からない方は
一生勝つのは無理でしょう


2018年は万馬券を31本含めて高配当を79本的中

2018年【大穴狙い】的中総本数79本 回収率112.7%
馬単、3連複万馬券的中本数 31本
万馬券未満の的中本数 48本
79本の的中時の平均配当 18876円
◎1頭軸流し3連単 回収率134.4% +2428180円

2017年は万馬券を41本含めて高配当を84本的中

2017年【大穴狙い】的中総本数84本 回収率118.2%
馬単、3連複万馬券的中本数 41本
万馬券未満の的中本数 43本
84本の的中時の平均配当 16178円
◎1頭軸流し3連単 回収率120.2% +1452970円

波乱必至のダービー卿チャレンジトロフィー、大阪杯で
高配当を獲りたい方は下記から申し込みをして下さい。

申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします

入会希望の方は事前に必ず読んで下さい。
当会の買い方は コチラへ 基本ベースは コチラへ

◆直近の高配当的中

3/23  中京12R 熊野特別
アグネスリバティ(10人気) 馬単15360円

3/17  阪神9R 山陽特別
◎ロイヤルメジャー(9人気) 3連複507630円

3/10  中京9R
マサノアッレーグラ(7人気) 馬単3290円

3/3   小倉10R 萌黄賞
ラブリロンスロンス(7人気) 馬単7830円

2/23  小倉10R くすのき賞
◎グトルフォス(4人気) 3連複7340円

2/17  東京11R フェブラリーステークス
◎ユラノト(8人気) 3連複2310円

2/17  小倉10R 日田特別
◎アスタービーナス(6人気) 3連複2090円

2/11  東京9R テレビ山梨杯
◎アモーレミオ(8人気) 3連複16830円

2/3   東京12R
◎メモリーコロネット(6人気) 3連複2630円

2/2   中京12R 西尾特別
◎ウインルチル(6人気) 3連複16220円

2/2   中京9R
◎カクテルドレス(7人気) 3連複5280円
カクテルドレスは前日からランキングに掲載した自信の◎

1/27  中京12R 蒲郡特別
◎キスミーワンス(5人気) 3連複4320円

2002年の開設から偽りの成績を掲載した場合は全額返金しています。
買い目にないのに的中というような不正行為は当会は一切していません。
全て真実なので競馬最強の法則の取材を受けて8回も雑誌に掲載されるのです。



◆当会の基本

15年以上も穴党の某予想家が最も予想で重視しているファクターが調教分析で

調教以外にも同じく重視しているラップ、上り3Fの分析を加えて

人気馬のマイナス点を見つけ出し人気薄を◎にして高配当、万馬券を狙い撃ちします。

当会の買い方は コチラへ 基本ベースは コチラへ

波乱必至のダービー卿チャレンジトロフィー、大阪杯で
高配当を獲りたい方は下記から申し込みをして下さい。

申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします 
返信は info@ooana.sub.jp からになるので携帯からの方は
ooana.sub.jp のドメインを受信できるよう設定して下さい。


◆今週の高配当が狙えるアザレア賞の人気薄◎予定

前日にランキングで完全公開した人気薄◎が激走しています。
穴党の方はぜひご覧になって下さい。


18年8月以降に前日にランキングに完全公開して激走した穴馬

8/4  新潟 9Rの09人気ヒシヴィクトリー
8/11 新潟11Rの07人気アドマイヤリアル
8/25 小倉12Rの11人気サンライズカナロア
10/13新潟 8Rの03人気コウエイダリア
10/20京都 9Rの09人気ニシノキントウン
10/27東京 9Rの09人気エスターテ
11/17福島11Rの07人気ゴールドフラッグ
11/24京都 8Rの08人気ウォーターパルフェ
12/28阪神 9Rの06人気ミエノウインウイン
1/27 中京11Rの08人気ジャストコーズ
2/2  中京 9Rの07人気カクテルドレス
2/16 小倉10Rの03人気グッドレイズ
右のバナークリックから飛んでご覧下さい 

但し、当週の調教後に変更する場合があります。


◆大阪杯のレース展望、ブラストワンピースのマイナス点を公開

大阪杯は2017年からG1に昇格して今年で3年目になります。

17年は4歳が3頭しかいなくて4歳のG1馬はマカヒキだけで
強い4歳が少なかったので1~3着は5歳、6歳が独占したが
去年は4歳が7頭いて7頭中でG1馬は2頭だけだったが
G1で3着内が4頭いてレベルが高く1~3着は4歳が独占しました。

今年の4歳の登録は5頭だがステイフーリッシュを除く4頭が
G1馬なので復活した4歳ダノンプレミアムの回避が残念だが
去年と同等くらいレベルが高いメンバー構成になりました。

G2だった時を含めて近5年の3着内の15頭の年齢は
4歳が7頭、5歳が5頭、6歳が2頭、7歳が1頭です。

3着内率は4歳の36.8%がトップで以降は5歳の33.3%、
6歳、7歳の12.5%で4歳、5歳が80%も占めていて
4歳、5歳と6歳、7歳に大きな壁があります。

当会の予想の基本である自身の前後半3Fの合算時計と
レースの合算時計の差を検証します。

この予想方法は競馬最強の法則DIGITAL+POG vol.6に
1ページ丸々掲載されています。


2018年 レースの前後半3Fの合算時計70.6秒
72.2秒(+1.6) 71.2秒(+0.6) 71.1秒(+0.5)

2017年 レースの前後半3Fの合算時計70.8秒
70.6秒(-0.2) 70.7秒(-0.1) 70.7秒(-0.1)

2016年 レースの前後半3Fの合算時計70.4秒
70.4秒(±0) 70.4秒(±0) 70.7秒(+0.3)

2015年 レースの前後半3Fの合算時計73.7秒
74.8秒(+1.1) 75.3秒(+1.6) 75.5秒(+1.8)

2014年 レースの前後半3Fの合算時計72.9秒
72.8秒(-0.1) 73.2秒(+0.3) 72.8秒(-0.1)

上記は1~3着の自身の前後半3Fの合算時計とレースとの差です。

15年は田んぼのような不良馬場なので参考外にすると
近4年の自身の前後半3Fの合算時計の平均は71.4秒で
レースとの差の平均は+0.225秒になります。


去年は前半5F61.1秒、後半5F57.1秒で
前後半5F差が-4.0秒の超スローペースだったが
スワーヴリチャードが向正面から強引なマクリをしたので
3着内の3頭すべてレースとの合算時計の差がプラスになる
異例のラップになりました。

今年はキセキが逃げるはジャパンカップの前半5Fは59.9秒、
天皇賞秋は前半5F59.4秒で驚くような速さではありません。

去年のように何かが動いて出入りが激しくなる可能性があるが
それを考えてしまうとラップ分析はできないので良馬場が前提で
自身の前後半3Fの合算時計が71秒以下でレースの合算時計より
+0.4秒以下が勝ち負けできるラップと推測できます。

ブラストワンピースの自身の前後半3Fの合算時計とレースとの誤差

有馬記念は最初の0.5Fのレースラップを省いています。

有馬記念  73.2秒 +1.0秒
菊花賞   72.0秒 +0.6秒
新潟大賞典 70.5秒 +0.3秒
ダービー  71.2秒 +0.6秒

ご覧の通りで自身の前半後半3Fの合算時計が71秒以下で
レースとの誤差が+0.4秒以下は新潟大賞典しかなく
有馬記念、菊花賞、ダービーのようなラップだとスピード不足で
勝ち負けできません。

ただ、新潟大賞典も微妙で上り3Fのラップが合わないのです。


近3年の大阪杯の上り3Fのラップ

2018年 11.1-11.4-11.6

2017年 11.7-11.6-12.0

2016年 11.3-10.9-11.4

ご覧の通りで大阪杯はゴール前に急坂があるが終い1Fが
大きくラップが落ちないで失速しても+0.5秒以内なのです。

新潟大賞典 11.7-10.7-12.2

新潟大賞典は平坦なのに終い1Fが1.5秒も失速する
特殊なラップだったので直線で大外に出しても勝てたのです。

有馬記念は終い1Fの失速が0.7秒、菊花賞が0.6秒、
ダービーが1.0秒だったので近走で終い1Fの失速が
0.5秒以内が一度もないのです。

以上のことからブラストワンピースは現状だと馬場が緩んだ
有馬記念のような時計がかかる馬場や新潟大賞典のように
終い1Fが大きく失速する特殊なラップにならないと
勝ち負けできず良馬場ではスピード不足なのです。


明日の調教診断の中で他の人気馬のマイナス点を掲載するので
見逃さずにご覧になって下さい。

狙っている人気薄がいるので当週の攻めに問題がなければ
その人気薄を◎にして高配当を狙いにいきます。

大阪杯は必ず配信するので会員様は大いに期待して下さい。


大阪杯の有力馬の調教診断は
3月27日のブログ、メルマガで公開します。

ダービー卿チャレンジトロフィーの有力馬の調教診断、
レース展望は3月28日のブログ、メルマガで公開します。

波乱必至のダービー卿チャレンジトロフィー、大阪杯で
高配当を獲りたい方は下記から申し込みをして下さい。

申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします

入会希望の方は事前に必ず読んで下さい。
当会の買い方は コチラへ 基本ベースは コチラへ


◆穴予想で重要している5項目

1.調教分析 2.上がり3F分析 3.前後半3Fの合算時計

4.トラックバイアス 5.騎手データ

最重要項目は調教分析です。

人気薄が穴を空ける要因は様々ありますが

状態が良くなければ激走できないというのが当会の考えです。

2つ目は上がり3F分析です。

近走の成績は悪いが速い上がりを使い見せ場を作っている馬や

速い上がりが使えるのに最近は状態が悪かったので使えなかった馬などを狙います。

3つ目は前後半3Fの合算ラップです。

近代の競馬は馬場が改良され走破時計が年々速くなり

スピードがなければ勝ち負けになりません。

テン、中、終いの3拍子が揃っていないと勝負にならないので

自身の前半3F通過ラップ、上り3Fの通過ラップを合算した時計を重視しています。

例えば自身の前半3Fが36.0秒、上り3Fが34.5秒だと合算が70.5秒になり

この時計が出走するレースで勝ち負けできるタイムなのかを検証するのです。


4つ目はトラックバイアス、5つ目は騎手データですが

主力は調教分析、上り3F分析、前後半3Fの合算時計の3つになります。
スポンサーサイト