NINJA TOOLS
天皇賞春のレース展望、ラップ分析からエタリオウのマイナス点を公開 - 調教、ラップ、上り3Fからの高配当狙い
FC2ブログ
 INDEX    RSS    ADMIN

天皇賞春のレース展望、ラップ分析からエタリオウのマイナス点を公開

今週の4月27日からの3日連続の開催は全て配信します
月曜日の29日の配信は回数消化が無しの無料になります


ドル箱の競馬場、得意な季節で勝つことが勝ち組になるセオリー、鉄則です

3月、4月は超々特大万馬券が獲りやすい絶好の期間なのです

今年の3月~4月21日現在の【大穴狙い】の成績
回収率281.3% 1点100円購入 純利益+381360円

2018年の3月~4月の2ヶ月の【大穴狙い】の成績
回収率248.9% 1点100円購入 純利益+353680円


申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします

2年連続で3月~4月でここまでの成績を出している所がありますか?

3連複28点で2年連続で3連複40万以上を獲る所が他にありますか?

普通では絶対に獲れない高配当を獲ってみませんか?

自信の人気薄が◎だからこのような高配当が獲れるのです

嘘、偽りの的中がある場合は開設当時から
全額返金しているので正真正銘の成績です


今年、去年の3連複10万~50万の超特大万馬券を的中した
一部の会員様の貴重な的中画像です

201903171.png  201903172.png  201903173.png  201903174.png

201808052.png 201808055.jpg 201808051.png 201808053.png 201808054.png

201807213.png 2018072151.png 201807211.jpg 201807212.png 201807214.png

201804153.png  201804152.png  20180416.jpg 201804162.png

申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします

競馬最強の法則BTS-CUP2018年~19年第7回大会
当会はぶっちぎりで2位に大差をつけ収支、回収率454%は1位で優勝

高配当、万馬券は人気馬を軸◎にして人気薄を何頭も紐に入れる
事故狙いではなく人気薄を軸◎にして獲るものです


半年、1年、1年半、2年でも【大穴狙い】の成績がほぼ同じが
本物の勝ち組である証明です


2019年【大穴狙い】の成績 4月21日現在 回収率167.8%

1点300円購入 純利益+880920円
1点500円購入 純利益+1468200円

【大穴狙い】は1点100円で純利益+293640円

2019年の◎を3連単1頭マルチ均等買い
1点100円購入 純利益+754860円

2019年の【大穴狙い】の月別の成績

04月【大穴狙い】3連複41890円を含めて万馬券2本的中
03月【大穴狙い】3連複507630円を含め高配当を4本的中
02月【大穴狙い】万馬券2本を含めて高配当を7本的中
01月【大穴狙い】愛知杯、万馬券3本を含めて高配当を6本的中


2017年6月~2019年4月の特大万馬券の的中本数は70本で
高配当の的中は152本


2017年6月から2019年4月まで【大穴狙い】を均等金額買い
1点300円購入 純利益+1846560円
1点500円購入 純利益+3077600円

【大穴狙い】は1点100円で純利益+615520円

2017年6月から2019年4月まで◎を3連単1頭マルチ均等買い
1点100円購入 純利益+4636070円

近年のJRA3連複の平均配当は23000円前後だが
これは超特大万馬券が平均値を上げているだけで
中央値の配当は5500円前後なのです
中央値って何だと思っている方は検索して下さい

2018年の的中時の平均配当は18876円、
2017年は16178円でこの数字の高さの意味が分からない方は
一生勝つのは無理でしょう


2018年は万馬券を31本含めて高配当を79本的中

2018年【大穴狙い】的中総本数79本 回収率112.7%
馬単、3連複万馬券的中本数 31本
万馬券未満の的中本数 48本
79本の的中時の平均配当 18876円
◎1頭軸流し3連単 回収率134.4% +2428180円

2017年は万馬券を41本含めて高配当を84本的中

2017年【大穴狙い】的中総本数84本 回収率118.2%
馬単、3連複万馬券的中本数 41本
万馬券未満の的中本数 43本
84本の的中時の平均配当 16178円
◎1頭軸流し3連単 回収率120.2% +1452970円

得意な新潟、青葉賞、新潟大賞典、天皇賞春で
高配当を獲りたい方は下記から申し込みをして下さい。

申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします

入会希望の方は事前に必ず読んで下さい。
当会の買い方は コチラへ 基本ベースは コチラへ

◆直近の高配当的中

4/20  福島12R 花見山特別
シュプリームゾーン(8人気) 馬単15760円

4/7   福島10R 燧ケ岳特別
◎マサハヤニース(9人気) 3連複41890円
マサハヤニースは前日からランキングに掲載した自信の◎

3/23  中京12R 熊野特別
アグネスリバティ(10人気) 馬単15360円

3/17  阪神9R 山陽特別
◎ロイヤルメジャー(9人気) 3連複507630円

3/10  中京9R
マサノアッレーグラ(7人気) 馬単3290円

3/3   小倉10R 萌黄賞
ラブリロンスロンス(7人気) 馬単7830円

2/23  小倉10R くすのき賞
◎グトルフォス(4人気) 3連複7340円

2/17  東京11R フェブラリーステークス
◎ユラノト(8人気) 3連複2310円

2/17  小倉10R 日田特別
◎アスタービーナス(6人気) 3連複2090円

2/11  東京9R テレビ山梨杯
◎アモーレミオ(8人気) 3連複16830円

2/3   東京12R
◎メモリーコロネット(6人気) 3連複2630円

2002年の開設から偽りの成績を掲載した場合は全額返金しています。
買い目にないのに的中というような不正行為は当会は一切していません。
全て真実なので競馬最強の法則の取材を受けて8回も雑誌に掲載されるのです。



◆当会の基本

15年以上も穴党の某予想家が最も予想で重視しているファクターが調教分析で

調教以外にも同じく重視しているラップ、上り3Fの分析を加えて

人気馬のマイナス点を見つけ出し人気薄を◎にして高配当、万馬券を狙い撃ちします。

当会の買い方は コチラへ 基本ベースは コチラへ

得意な新潟、青葉賞、新潟大賞典、天皇賞春で
高配当を獲りたい方は下記から申し込みをして下さい。

申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします 
返信は info@ooana.sub.jp からになるので携帯からの方は
ooana.sub.jp のドメインを受信できるよう設定して下さい。


◆今週の高配当が狙える火打山特別の人気薄◎予定

前日にランキングで完全公開した人気薄◎が激走しています。
穴党の方はぜひご覧になって下さい。


18年10月以降に前日にランキングに完全公開して激走した穴馬

10/13新潟 8Rの03人気コウエイダリア
10/20京都 9Rの09人気ニシノキントウン
10/27東京 9Rの09人気エスターテ
11/17福島11Rの07人気ゴールドフラッグ
11/24京都 8Rの08人気ウォーターパルフェ
12/28阪神 9Rの06人気ミエノウインウイン
1/27 中京11Rの08人気ジャストコーズ
2/2  中京 9Rの07人気カクテルドレス
2/16 小倉10Rの03人気グッドレイズ
4/7  福島10Rの09人気マサハヤニース
右のバナークリックから飛んでご覧下さい 

但し、当週の調教後に変更する場合があります。


◆天皇賞春のレース展望、ラップ分析からエタリオウのマイナス点を公開

今週末の4月27日からの3日連続の開催は全て配信します。
月曜日の29日の会員様の配信は回数消化が無しの無料になります。

近年の天皇賞春はキタサンブラックの独壇場だったが
引退してから長距離で絶対的な強さがある人気馬がいなくなり
去年もそうだが今年もそういう存在がいません。

2016年が3着で17年と去年が2着のシュヴァルグランが
ドバイに出走したので回避してAJCC、阪神大賞典を連勝して
タイガーウッズのような劇的な復活をしたシャケトラが
1週前の調教中に骨折して予後不良になる悲劇が起こってしまい
今年も難解なメンバー構成になりました。

去年の菊花賞で1着のフィエールマン、2着のエタリオウ、
3着のユーキャンスマイル、5着のグローリーヴェイズ、
日経賞を勝ったメイショウテッコンの5頭の4歳が人気になるが
近年のキタサンブラック、シュヴァルグランのような強さはありません。

近5年の1人気は【1.1.0.3】、2人気は【3.0.1.1】、
3人気は【0.1.1.3】で人気馬の中で2人気は来ているが
1、3人気はイマイチです。

近2年は1、2人気の2頭が一緒に3着内に来ているが
近10年で荒れなかったのは近2年だけなので今年も堅く決まると
決めつけるのは危険です。

メジロマックイーンが結果を出していた時は芝が剥げて
ダートのような馬場だったのでスタミナ、パワーがあれば
上位に来れていたが近年は馬場が良好で走破時計が速くなり
マイルでも走れるスピードがないと勝ち負けできません。

近年はスピード重視なのでテン、中、終いの3拍子が重要で
自身の前半3F、後半3Fが速くなければ良い結果が出せません。

当会の予想の基本である自身の前後半3Fの合算時計と
レースの合算時計の差を検証します。

この予想方法は競馬最強の法則DIGITAL+POG vol.6に
1ページ丸々掲載されています。


2018年 レースの前後半3Fの合算時計71.5秒
73.7秒(+2.2) 71.9秒(+0.4) 72.6秒(+1.1)

2017年 レースの前後半3Fの合算時計71.1秒
71.8秒(+0.7) 71.9秒(+0.8) 72.2秒(+1.1)

2016年 レースの前後半3Fの合算時計72.5秒
72.5秒(±0)   72.6秒(+0.1) 73.0秒(+0.5)

2015年 レースの前後半3Fの合算時計71.4秒
74.9秒(+3.5) 72.1秒(+0.7) 72.2秒(+0.8)

2014年 レースの前後半3Fの合算時計71.7秒
72.3秒(+0.6) 72.4秒(+0.7) 72.1秒(+0.4)

左から1~3着の自身の前後半3Fの合算時計とレースとの差です。

去年の1着のレインボーライン、15年の1着のゴールドシップは
出遅れてしまいロングスパートをしたので合算時計が73秒、74秒で
レースとの差が大きくても勝てることができました。

近5年でレインボーライン、ゴールドシップの2頭だけ異例なので
この2頭を省く13頭の自身の合算時計の平均は72.27秒で
レースとの差の平均は+0.607秒になります。

下記は人気になるエタリオウの近走の合算時計とレースの差です。
日経賞は最初の0.5Fをカットしています。


日経賞 74.0秒(+2.0) 菊花賞 72.7秒(+1.3)

神戸新聞杯 73.4秒(+2.1) ダービー 71.4秒(+0.8) 

上記に掲載したが近5年でレインボーライン、ゴールドシップを除く
3着内の13頭の自身の合算時計の平均は72.27秒でレースとの差の
平均は+0.607秒です。

エタリオウは日経賞、菊花賞でマクリ気味に早めに動いたが
合算時計、レースとの差は勝ち負けできる時計ではないのです。


ダービーが71.4秒で差がプラス0.8秒なのでこの時計ならば
多少はチャンスがあるが休養明けの神戸新聞杯が物足らない時計で
近2走でも足らないので現状のエタリオウはスピード不足なのです。

レインボーライン、ゴールドシップのように合算時計が遅くても
来ている馬がいるのでエタリオウは絶対にないとは言い切れないが
先週の京都は例年より馬場が良好で時計が速いので何かが大逃げしたり
出入りが激しい乱ペースにならない限り厳しいレースになるでしょう。


他の人気馬のマイナス点は明日の調教診断の中に掲載するので
見逃さずにご覧になって下さい。

2015年 京都11R 天皇賞春
◎カレンミロティック(10人気) 3連複57160円


去年は自信の◎だった9人気◎ミッキーロケットが
僅差の首差の4着で惜しくも高配当を獲り損ねました。

しかし、15年は自信の◎だった10人気◎カレンミロティックが
激走して3連複57160円を的中させる会心の結果になりました。

09年は10人気◎サンライズマックスが惜しい4着で
08年は10人気◎アドマイヤフジが僅差の5着で外したが
06年はディープインパクトがいたが8人気◎ストラタジェムと
ディープインパクトを3連複2頭軸にして3連複2840円を
大本線で的中させました。

05年が超悔しく13人気◎スズカマンボが1着に激走したが
相手が抜けてしまい超特大万馬券を獲り損ねてしまいました。

天皇賞春は相性が良いので今年も人気薄を◎にして
高配当、万馬券を狙いにいくので会員様は期待して下さい。


天皇賞春の有力馬の調教診断は
4月24日のブログ、メルマガで公開します。

青葉賞の有力馬の調教診断、レース展望は
4月25日のブログ、メルマガで公開します。

得意な新潟、青葉賞、新潟大賞典、天皇賞春で
高配当を獲りたい方は下記から申し込みをして下さい。

申し込み、問い合わせは 申し込みフォーム からお願いします

入会希望の方は事前に必ず読んで下さい。
当会の買い方は コチラへ 基本ベースは コチラへ


◆穴予想で重要している5項目

1.調教分析 2.上がり3F分析 3.前後半3Fの合算時計

4.トラックバイアス 5.騎手データ

最重要項目は調教分析です。

人気薄が穴を空ける要因は様々ありますが

状態が良くなければ激走できないというのが当会の考えです。

2つ目は上がり3F分析です。

近走の成績は悪いが速い上がりを使い見せ場を作っている馬や

速い上がりが使えるのに最近は状態が悪かったので使えなかった馬などを狙います。

3つ目は前後半3Fの合算ラップです。

近代の競馬は馬場が改良され走破時計が年々速くなり

スピードがなければ勝ち負けになりません。

テン、中、終いの3拍子が揃っていないと勝負にならないので

自身の前半3F通過ラップ、上り3Fの通過ラップを合算した時計を重視しています。

例えば自身の前半3Fが36.0秒、上り3Fが34.5秒だと合算が70.5秒になり

この時計が出走するレースで勝ち負けできるタイムなのかを検証するのです。


4つ目はトラックバイアス、5つ目は騎手データですが

主力は調教分析、上り3F分析、前後半3Fの合算時計の3つになります。
スポンサーサイト